2017年07月06日(木) 更新

就活生がインターンシップに参加する必要性とは|申し込み方法とメリット4つもご紹介

インターンシップに参加する必要性

入社の条件がインターンシップの場合は参加が必要

文系、理系に関係なく、企業によっては新卒の学生を採用する際、インターンシップへの参加が必要となっているケースがあります。なぜかというと、面接だけでは、その人が本当に企業に合っているのか、使える人材なのかを判断するのが難しいためです。実際に学生が働く姿を見たほうが、企業への適合性や能力を判断しやすいことから、インターン参加が必要な条件となっている場合があります。

採用に必要な条件ではないインターンシップも優先採用の可能性がある

インターンシップが採用に必要な条件ではない場合、参加する必要性はあるのでしょうか。実は、インターンシップで優秀だった人を優先的に採用したいという企業もあるようです。とくに、長期インターンでその傾向が強いといわれています。もし、インターンシップが採用に必要な条件でなかったとしても、参加した方が良いといえるでしょう。

インターンシップに参加するまでの流れ

参加したい企業を選ぶ

まず、自分がインターンシップに参加したい業種や企業を選びます。ある程度、参加したい企業が決まったら、インターンシップの日程が他のスケジュールと被っていないか確認しましょう。スケジュールを確認しないまま申し込むと、他の予定と被ってしまい、インターンに参加できない場合があるためです。

締め切り日までに申し込む

行きたいインターンシップ先が決まったら、締め切り日までに申し込みましょう。締め切りに遅れてしまっては、参加することができません。また、申し込む際は、応募条件にも注意しましょう。企業のなかには、応募できる学科の条件を指定している場合があるのです。インターンシップの応募は、学校経由で申し込む場合や、リクナビマイナビのサイトから応募する方法があります。

書類や面接などの選考を受ける

応募したからといって、必ずインターンシップに参加できるとは限りません。なかには、応募選考を実施する企業があるのです。選考方法として、書類選考やグループディスカッション、面接などが挙げられます。インターンシップの選考を受ける場合は、その対策を事前にしておくと良いでしょう。

選考を通過したら再度スケジュール確認をする

選考を通過してインターンシップに参加できる場合、再度スケジュールの確認をします。上記でも述べた通り、他の予定と被ってしまい、インターンシップに参加できない事態を避けるためです。選考通過後にインターンのキャンセルは避けたほうが良いですが、もし他の予定が被っている場合は、早めに企業に連絡しましょう。

インターンシップのメリット4つ

メリット①:働いた経験は就活全般において有利になる

インターンシップへの参加は、就活全般を有利に進められるという利点があります。働いた経験を持つと、仕事に対して自分がどのように貢献できるのかイメージを掴みやすく、面接などで企業側にアピールしやすくなるでしょう。また、インターンシップを通して、社会人としてのマナーも学べます。

メリット②:より良い職場を見つけられる

より良い職場を見つけられる点も、インターンシップに参加するメリットの1つといえるでしょう。実際に働いてみると「自分の思っていた仕事と違う」と思い、インターンに参加した企業以外で働くことに興味が出てくるパターンもあるのです。その結果、より良い就職先を見つけられる可能性が高くなるでしょう。

メリット③:他業種でのインターンシップで必要な経験を積める

例えば、営業職のような文系の仕事と考えられている業種に、理系の学生が挑戦することもインターンシップでは可能です。 就活で飛び込んでみる前に、インターンシップでその業界・業種を経験しておくのは、学生にとって必要な経験のひとつといえるでしょう。

メリット④:インターンシップで就活の情報量を増やせる

インターンシップでは、就活の情報を増やすことができます。例えば、あなたの身近な人たちが多様な業種に就活や就職をしている場合、多くの企業の情報を得られるかもしれません。しかし、身近な人たちが、同じような業種にしか就職していない場合、就活の情報が偏ってしまうことがあります。インターンシップを経験しておくことは、他の業種にも目を向けるきっかけになり、就活の情報量を増やせることに繋がるのです。

インターンシップへ参加するならマナーを知っておく

当日の服装は早めにチェックする

インターンシップに参加する場合、当日の服装は早めに準備しておきましょう。企業が求める服装にも、スーツやオフィスカジュアル、私服があります。服装に規定がある企業も多いため、早めにチェックして余裕を持ってインターンシップの準備を進めましょう。

身だしなみなどのマナーを守って参加すべき

服装や髪型が乱れていたり、言葉遣いが悪かったりすると、企業側に良い印象を与えることが難しいです。不適切な恰好は、マナー違反にも繋がります。インターンシップでは、身だしなみや言葉遣い、態度に気をつけて参加すると良いでしょう。インターンシップに参加する前に、髪型や服装の身だしなみ、態度を確認することがポイントです。

インターンシップの必要性は高く視野が広がるため参加して就活を進めよう

本ページでは、インターンシップの必要性や、参加するまでの流れなどについてご紹介しました。インターンシップは、志望する企業へ就職するための必要条件となっている場合があります。必要条件ではない場合でも、インターンシップに参加することは、自分自身を成長させたり、就活を有利に進めたりできるきっかけになるでしょう。多くのインターンシップに参加すると、視野を広げることが可能です。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

個別面談へご参加ください
  • 23年卒
  • 17年卒
  • 22年卒
  • 19年卒
  • 20年卒
  • 21年卒
  • 18年卒
  • 就活サポートサービス

個別面談へご参加ください

個別面談へご参加ください

18446 view

おすすめの就活イベント

20代で年収1000万 / 年間休日120日以上など 3年生のうちに内定が狙える!

    日程はご自由にお選びいただけます(オンライン開催)

【就活会議エージェント】本当に良い企業だけをご紹介いたします

    日時はご自由にお選びいただけます(オンライン開催)