2020年06月30日(火) 更新

リクルート住まいカンパニーの選考で知っておくべき学歴と採用人数

リクルート住まいカンパニーの選考情報①:選考の内容と流れ

まず、選考情報の内容と流れを見ていきます。リクルート住まいカンパニーのエントリー受付はリクナビから行います。エントリー後、適性検査が実施され、次にエントリーシート提出や面接といった選考が行われるというのが大まなか流れです。エントリー受付期間中には平行して説明会も開催されます。説明会ではリクルート住まいカンパニーという企業の雰囲気を直に知ることができますし、採用人数などの選考情報は非公開ですが、現役社員から選考情報の詳しい話を聞くことができるかもしれません。

最も重視されるのはやる気や人柄といった資質

選考情報としては、学歴もさることながら、最も重視されるのが、やる気や人柄といった資質です。そのため選考の内容は面接が中心となり、自己分析シートの提出を求められることもあります。採用人数は標準とくらべて少ない傾向にあるため、精査するためにも面接を重視しているとも考えられます。
次に求められる学歴についてみていきましょう。

面接において第一印象が与える影響は大きい

自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。

リクルート住まいカンパニーの選考情報②:求める学歴

学歴は就活生の資質を知るための目安ですが、リクルート住まいカンパニーの選考情報としてはひとつの要素に過ぎません。過去の採用状況でも幅広い大学名が確認できます。そのため知名度の高い、あるいは評価が高い大学でなければ採用は難しいと考える必要はなさそうです。大切なのは大学で何を学んだか、学んだことを仕事に生かせるかということです。

理系・文系を問わず女性も積極的に採用

学歴と同時に気になるのは理系、文系ですが、過去の採用状況を見るとどちらの分野も幅広く採用しています。
女性も積極的に採用する傾向が見られます。2014年度のデータを見ると新卒採用人数の割合が男性約43%に対し女性は約56%と男性を上回っています。
次に、リクルート住まいカンパニーの採用人数と入社後の配属先についての選考情報をみていきましょう。

リクルート住まいカンパニーの選考情報③:気になる採用人数と配属先

選考情報によると、リクルート住まいカンパニーの採用人数は45名前後です。前年と比べると採用人数としては減少傾向にあります。リクルートグループであることから、就活生からも注目されている企業であり、高い競争率を覚悟しなければならないと、選考情報から見て取れます。
選考情報を見ての通り、学歴が重視されない分、競争を勝ち抜くには、リクルート住まいカンパニーで、どのような力が発揮できるかを打ち出す必要があります。

各営業所勤務などで営業職からのスタートが前提

採用後の配属先は学歴と本人の資質を総合して判断されますが、おおむね営業職がメインのようです。業務の性格上、営業が基本となるため、最初のステップとして各営業所勤務などからスタートするということでしょう。就活の際は選考情報を見て、あらかじめ営業職から始まることを前提としていたほうが将来のビジョンが立てやすいかもしれません。とはいえ商品企画部門などへの配属もありえます。

リクルート住まいカンパニーの選考情報でわかるのは学歴は問わないが採用人数は45名前後で高い競争率である

リクルート住まいカンパニーの選考情報としては、学歴を最優先せず、本人の資質も問うため、アプロ―チにも工夫が必要です。学歴に偏った判断をしないため、多くの就活生に向けて門が開かれていますが、採用人数が少ないため、競争は激化することが予想されます。アプロ―チの例としては
・徹底的な自己分析で自身の強みを洗い出す。
・その強みをリクルート住まいカンパニーの業務にどのような形で活かすことができるかを検討する。
上記2点を明確に説明することができれば、採用人数が限られた状況で内定を得ることも不可能ではないはずです。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント