2019年12月11日(水) 更新

証明写真を履歴書用に撮る際の注意点と綺麗に微笑むコツ

履歴書における証明写真の重要性とは

履歴書における証明写真の重要性をまずは理解しおさえましょう。就活において、とにかく好印象を与えるポイントとなる履歴書の証明写真もまた1つ、大きなウエイトを占めている重要ポイントです。

履歴書の証明写真が第一印象になる

第一印象は重要です。そしてその第一印象を決定づけるのが履歴書の証明写真です。履歴書の証明写真は、面接官は勿論、部署の上司等、面接官以外も見ます。一緒に働きたいかどうかはその証明写真にかかっている場合もあります。それだけ履歴書の証明写真が微笑む表情でいるのは重要なのです。

証明写真の表情がアピールポイントに

就活ではまず先に履歴書の証明写真が見られます。履歴書に貼る証明写真は真顔よりも微笑む表情の方が通過率が高いというデータがあります。履歴書の内容は同じででも、証明写真の表情1つで評価が変わるということです。

履歴書の証明写真を撮る際の注意点

履歴書に貼る証明写真を撮る際の注意点を説明します。証明写真は撮影できればなんでもいい、というわけではありません。上述した通り、第一印象を左右しますから、できる限り綺麗に撮るべきなのです。

スピード写真ではなく写真屋で撮影しよう

スピード写真は仕上がりも速く、安価でできるでしょう。しかし、これほどに履歴書の証明写真が重要なポイントになるのに、それでよいのでしょうか。自分の印象を左右する写真です。企業によっては履歴書の証明写真をスピード写真で撮ると悪い印象になる場合があります。少し費用がかさんでも、写真館で撮影するのをおすすめします。

履歴書のルールも見直そう

証明写真を貼る前に履歴書の内容を見直しましょう。履歴書には細かいルールや書き方が存在するため、きちんと守られているか郵送前にチェックすることが大切です。そこでぜひ活用したいのが「履歴書作成マニュアル」です。無料でダウンロードできるので、履歴書の書き方に自信がないという就活生におすすめです。実際に履歴書を作成する際のお手本としても、持っておいて損はありません。

履歴書の証明写真で綺麗に微笑む4つのコツ

最後に、履歴書に貼る証明写真を撮る際に、綺麗に微笑むコツを紹介します。真面目な顔じゃないといけない、証明写真でなんて表情を崩せない、と思っている方も多いのではないでしょうか。

実際、就活の証明写真は無表情じゃない方が、良い印象を与えられるのです。口角を上げて、少し微笑むほうが、担当者の目にも留まりやすく、好印象を与えやすいです。重要なポイントですので覚えておきましょう。

証明写真で微笑むコツ①:目は三日月形を意識する

履歴書の証明写真を撮る際に微笑む表情になるコツは、目を三日月の欠けている部分を下にしたような状態にすることです。微笑む表情を作るには目の形も重要です。

証明写真で微笑むコツ②:口角を上げて頬を持ち上げる

頬がくっきりと鼻の横に上がってると、印象のいい微笑む表情が作れます。証明写真を撮る際は、口角を上げることを意識するのが重要です。

証明写真で微笑むコツ③:前歯を少し見せるように口を開く

履歴書の証明写真で微笑む表情を作るには、あえて前歯を少し見せる感じに口を開きましょう。証明写真を撮る際に重要なのは、口が真一文字にならないようにすることです。

証明写真を微笑むコツ④:左右対称になっている

履歴書を見たときに担当者へ印象よく見せるには、証明写真の微笑む表情が、左右対称になっているかどうかが重要です。目が片方だけ笑っている表情や頬が片方だけ上がっている表情にならないようにしましょう。

履歴書の証明写真は口角と頬を上げ自然に微笑むようにするのがコツ

履歴書の証明写真を撮る際は、紹介した4つのコツをしっかりとおさえ自然に微笑むようにしましょう。また履歴書の証明写真は、採用・不採用を大きく左右するといっても過言ではない重要なものです。ですから、できれば証明写真をスピード写真ですませるのではなく、しっかりとした写真館で撮影するのをおすすめします。

あわせて読みたい!

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

確実に1社内定へ 独自エントリー枠

    08/20 (16:00~17:00) 【※電話/WEB面談※】