2020年07月02日(木) 更新

イオンの選考情報で知っておくべき学歴と採用人数

イオンの選考情報①:選考の内容と流れ

選考情報として、まずはエントリーの流れについて把握しておきましょう。イオンには数多くの子会社があり、それぞれの会社に応じては選考方法が異なる場合があります。

しかし基本的にはリクナビやマイナビからプレエントリーを行います。エントリーをすると、イオングループの各会場で説明会が行われます。そして筆記試験や適性検査を行い、その後は複数回の面接を行います。

説明会が行われて筆記試験・適性検査の後に面接

面接の回数は大体2~3回で、必要に応じてそれ以上行われることもあります。採用人数的に見ても入社できる可能性は低いとは言えませんが、希望する会社によっては採用人数が少なく、競争率が激しくなることもあります。

比較的学歴の高い方は企画職を狙い傾向があり、学歴に自信がないという人は事務などの仕事に就く傾向もあります。選考情報を確認して、自身の能力に応じて、そしてやりたいことに応じてどこに配属されたいのかを考えましょう。

自分はスーパー業界に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、スーパー業界の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。
My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分がスーパー業界に向いているタイプか、診断してみましょう。

イオンの選考情報②:求める学歴

選考情報として求める学歴についても知っておきましょう。イオンに就職を希望される方の中には、学歴に不安を抱いている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、イオンの各グループ会社では、全国のさまざまな大学や短大、専門学校の生徒を採用しています。つまり、学歴ばかりが良ければ良いというのではなく、イオンに相応しい人こそが入社できるのです。

採用人数が少ない所は比較的優れた人材を優先して採用する傾向もありますが、採用人数が少なかったとしても選考情報を参考にしてチャレンジする価値はあるでしょう。

学歴は関係ないが語学留学をしていると有利

また、イオンは海外でも事業を拡大させているため、海外で語学留学をしたという経験は就活の場でも活きると考えられます。そのスキルを生かすことができれば、憧れの海外勤務も夢でないかもしれません。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

イオンの選考情報③:気になる採用人数と配属

選考情報として採用人数を把握しておきましょう。イオングループの新卒採用人数の多さは、日本でトップクラスと言われており、日本郵政グループの次に多い企業です。

東洋経済オンラインの調べによると、2015年卒はグループ全体で採用人数はおよそ2300人で、一つの子会社には毎年100人以上が採用されています。

新卒採用者数が多く自身の力を発揮できる配属先を選択できる

イオングループは日本屈指の小売グループで、総合スーパーからスパーマーケット、専門店やドラッグストアなどを経営しています。イオングループは、ディベロッパー事業のほか金融事業やサービス事業など、多くの事業を展開しているのが特徴だといえるでしょう。

そのため、一言にイオングループに就職するといっても、多くの選択肢がみなさんに与えられることとなります。その中から、ご自身が最も力を発揮できるような所に就職をすることが望まれます。さまざまな学歴の方が多いのもポイントで、いわば学歴に左右されることなく就職できる魅力的な企業といえます。

イオンの選考情報として学歴にこだわりはないが語学留学をしていると有利であり新卒者の採用が多いことに注目する

イオンの選考情報についてご紹介しましたが、選考の流れや求める学歴、採用人数などは参考になりましたでしょうか。数の多いイオングループであるため、ご自身に最も合っている企業に就職できるように企業研究は大事になることでしょう。

選考情報を確認して、学歴や採用人数などに振り回され過ぎることなく、ありのままのあなた自身をイオンの方々にアピールしてみてください。

お客様とイオンの事を第一に考える熱意を持った人こそが、本当に求められる人材と言えるからです。選考情報を活用して、積極的にチャレンジしていきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント