2016年11月29日(火) 更新

自己PRカードの書き方と見本の使い方

新卒で就活をするとなると、大切なことはたくさんあります。その中でも特に大切なものの一つに、自己PRカードというものがあります。見本を見ながらこの自己PRカードの書き方を作っておけば、履歴書であったり面接でかなり役に立つというのは間違いありません。

自己PRカードの見本に基づいた書き方の基盤があれば、企業ごとに少し加えたり引いたりして効率良く自己PRカードの作成をすることができるようになりますし、見本を用意して是非とも良いものを一つ書いておくべきだと言えるでしょう。

自己PRカードの書き方は悩む人が多い

しかし、この自己PRカードの書き方は見本がない状態では最初は悩まれる方もきっと多いのではないでしょうか。また自己PRカードの見本や、人と全く同じようなものだと印象に残らずに意味がありません。ですから、その重要な自己PRカードの書き方と、見本の上手な使い方についてこれから皆さんに紹介をしていきたいと思います。

これから自己PRカードを作成する際には、是非とも見本とともに参考にしてください。

自己PRカードの書き方:見本を参考にするとうまくいく

自己PRカードは就活をする際に重要ではあるものの、初めて自己PRカードを作成する方の場合には、やはり自己PRカードの書き方がわからないという声が多いです。ですので、最初から自力で自己PRカードを作成できないという方は、見本を参考にすると良いでしょう。

このような自己PRカードの見本やサンプルというものは、ネットで検索をすれば無料でたくさん見ることができます。ですので、最初はそのような自己PRカードを作成する際の見本を見て、どういったポイントを盛り込めば良いのか、構成はどのようになっているのか、どういった内容がアピールポイントとしては使えるのか、などそういった情報を見本で確認してみましょう。

書き方は見本通りから始めて大丈夫

見本を確認すれば、初めて自己PRカードを作成するという方でも、迷ったり困ってしまうことなく簡単に自己PRカードを書くのが可能と言えるのではないでしょうか。多くの方にとって、これらのことが参考になればと思います。まずは見本を用意しましょう。

見本の使い方:そのままにならないように注意しよう

自己PRカードの書き方として、最初は見本を参考にするとうまくいくと述べましたが、この際には実は注意点というものもあります。というのも、見本を参考にしているつもりが、そっくりそのまま見本に似たようなものに出来上がってしまうということもかなりあるのです。

そして、そういった定型文的な自己PRというものは、全くもって企業側の心には響かないと言えるでしょう。

見本の内容は参考程度に留める

ですから、これらの見本は書き方の参考程度にとどめて、書き方のポイントとしてきちんと自分なりの自己PRができるように、自分の中で消化をするというのを意識しましょう。

自分なりの言葉で見本の内容とは異なる自己PRカードを書けるような書き方を身につければ、履歴書の通過率もアップするでしょうし、面接でも良いアピールできると言えるのではないでしょうか。多くの方々にとって、見本・参考になればと思います。

自己PRカードの書き方は選考結果を左右するが見本は参考程度に留めておく

自己PRカードの書き方としては、最初は見本を参考にするのをおすすめします。そうすればどういった内容を書けば良いのかがわかってきますし、書きやすくなると言えるでしょう。

ただし自己PRカードの書き方で、見本は参考程度にとどめて、しっかりと自分の言葉などで書かないと意味がありません。ですから、そういった自分なりの自己PRカードの書き方をできるように練習してみてください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント