2019年12月11日(水) 更新

就活で企業研究をした後のレポートを作成して活かす理由

なぜ、就活で業界・企業研究をしてレポートを作る必要があるのか?

就職活動を行っている方には、様々な状況が考えられると思います。
もしかしたら転職の為に仕事をしながらであったり、あるいは仕事を無くしてからの再就職、そして育児期間を終えてからの仕事復帰の為というのも考えられます。中でも最も比率高く、条件の良い職場へ就職出来る可能性が高い新規卒業生、いわゆる新卒での就職活動と言えるでしょう。

企業研究を行い就職しやすい業界などを把握するためにレポート作成をする

企業としても新規卒業生を多数採用する傾向にあります。その理由は、かつての終身雇用制の名残による、一括採用の為であったり、また将来性を考えての事と言えるでしょう。
学生にとっても、この期間の卒業は大きなチャンスです。就職先が決まらないまま卒業する事は、大きなデメリットになるでしょう。まず、学生は就職活動の中で、企業研究を行い、自身にあった就職しやすい業界などを把握するため、レポートを作る方も少なくありません。

企業研究のレポートを活用して自己PRに繋げるため

新規卒業生とは今年度中に卒業予定の学生であり、これは大学生だけではなく、専門学校生や高校生も含まれます。
しかし新卒によるメリットが、最もあるのは大学生であり、続いて専門学校生や高校生かもしれません。

その理由として、現在においても学歴が重視されていたり、あるいは専門性による一定の即戦力が期待されての事だと思います。学生にとって、この期間での就職は有利であり、大手企業に就職できるチャンスです。
企業研究をおこない、レポートしておくことで、就職を有利に進められます。企業研究のレポートを作ると、就職するにあたり、なにが自分に必要かを把握できて、自己PRなども作りやすくなります。

企業研究レポートを送って自分の熱意をアピールするのも可能

もし就職が決まらないまま卒業をすると既卒となり、学歴があって若くとも、大きく不利になってしまいます。
学生にとっては、勝負の期間であり積極的に就職活動を進めているのです。多くの企業では面接にたどり着くまでに書類進行があります。その際に自身で企業を研究して、そのレポートを送って熱意をアピールする学生もいるのです。それだけ就職戦線の厳しさを表しているとも言えるでしょう。

就活生に人気の高い業界を知る

人気21業界丸わかりMAP」は、就活生に人気の高い21業界200社以上の情報を一気に読むことができます。知らない業界のことでも、少し見聞きしておくだけで、第一志望の業界との関連性が見えてきたり、アイデアが生まれてくる可能性があります。
無料ダウンロードで「業界丸わかりマップ」を読み、就活を有利に進めましょう!

新卒が有利だからこそ企業研究レポートを作成して徹底的に対策するため

新卒時の就職の優位性はご存知とは思いますが、就職が決まる前に卒業をした場合、既卒は就職活動においては大きく不利となります。学歴もあってまだ若いのに、卒業するだけで、その様な状況になるのは納得出来ないかもしれませんが、現在の就職の厳しさを踏まえれば、企業研究のレポート作成は仕方ないかもしれません。

企業研究を行いレポートを作成する努力は最低限すべき

企業研究をしてでも、就職を決めようとしますが、もし就職が決まらない学生の中には、あえて留年をして新卒という優位性を守り続けようとするケースも見られます。企業研究ですべてか決まるわけではないですが、最低限の努力はしたほうがいいでしょう。

企業研究をしてレポート化すると自己アピールにも繋がり熱意も示せる

企業研究のレポートを就職活動で活かす理由などについて説明しました。
新卒と呼ばれる今年度卒業予定の学生にとって、今こそが就職におけるチャンスであり、この期間を逃すことは大きな損失となってしまいます。その為に積極的に就職活動をおこない、また企業研究によって、自身の適性との分析をする事が必要です。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント