2017年06月26日(月) 更新

自己PRで人間性を効果的に伝えるためのポイント|参考にしたい例文3つと企業の意図もご紹介

就活生が考える「人間性」とは?

就活生の回答

キャリアパーク会員の就活生を対象に「あなたはどのような人間性だと思いますか?それをどのようにして伝えますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

  • 協調性がある。体験したエピソードを軸に伝える。
  • 慎重で臆病な人間/コツコツと仕事をする人
  • 努力家だと思う。過去のエピソードを伝える。
  • 友好的な人間関係を築き個人の意識を高められる人。アルバイトの経験をふまえて伝える。
  • 地道にコツコツと取り組むこと。資格の取得を目指して勉強したことを伝える。

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月8日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「あなたはどのような人間性だと思いますか?それをどのようにして伝えますか?」

就活生は、自分の人間性についてある程度理解しており、過去の経験やエピソードに触れながら伝えるという人が多いようです。学生時代に一生懸命取り組んだことを振り返れば、人間性が現れているエピソードが見つかるかもしれません。この記事では、自己PRで人間性をうまく伝えるポイントや自己PRの例文をご紹介します。

企業は「人間性」で何を見ている?

企業はどんな価値観を持った人なのか探っている

人間性は、目で見えるものではありません。そのため、企業側は就活生に対し、「この人はどんな人で、どのような価値観を持っているのだろう」という疑問を持つのです。企業側は、業務内容や企業の色と合っているか、どういう人間性でどのような人生を歩んできたのかなどを知りたがっています。企業が求めている人材も踏まえて、人間性をアピールできる自己PRを作成すると良いでしょう。

人間性とは「一生懸命取り組める」「周りと協力できる」など

例えば、「何事にも一生懸命取り組める人間性」「周りと協力できること」などが人間性に挙げられます。自分の過去の経験を振り返りながら、「私は、コツコツと努力できる人間性だから、検定合格のために勉強を続けていることを自己PRで伝えよう」など具体的に考えられるとよいでしょう。

自己prであなたの人間性を知ってもらおう

具体的なエピソードは人間性を伝えるのに効果的

困難な状況に陥った際のエピソードは人間性も現れやすく、自己PRでもおすすめできる方法のひとつです。どういった状況に陥り、どのような行動をしたのかといった具体的なエピソードで、自分の人間性を表現できます。失敗した経験から何を得たのかといった話でも、あなたの人間性はよく伝わるでしょう。

自己PRはユーモアも交えるとなお良い

一回は面接官を笑わせるぐらいのユーモアがあると人間性がより出るため、効果的な自己PRに繋がることがあります。例えば、意外な趣味を言うのもおすすめです。その際にもできるだけ具体的に自分の経験談を交えると、自分らしさや人間性が伝わりやすいでしょう。

自己紹介と自己PRは違うと知っておこう

自己PRは自慢ではない

自己PRで、「これだけのイベントを成功しました」「コンテストで優勝しました」というような自慢話で終わってしまう人も少なくありません。自己PRが自慢話だけになってしまうと、しっかりアピールできなくなります。企業が求める人材に合うような体験談や、資質、人間性をアピールできると良いでしょう。

自己PRで失敗するのはオリジナリティーがない人

最近は、自己PRに関して対策本が多く出ています。しかし、対策本を使いすぎていると、型にはまった自己PRの練習しかできなくなるでしょう。対策本に依存してしまうほど人間性のオリジナリティーを失ってしまいます。自己PRは対策本を参考にしつつも、独自の人間性があるものでないと面接官にも響きません。自己PRの人間性に関する内容が聞いていてつまらないようでは、良くないでしょう。

人間性を伝えるメリットは?

自己PRでは、就活生自身の人間性が問われています。どういった人間なのかを自己PRによって企業側に知ってもらいましょう。学歴がそれほどなくても、人間性を評価して採用してもらえるケースはあります。人間性に注視して、自己PRの方法を変えればピンチがチャンスになるのです。

自己PRで人間性をアピールできる例文3つ

例文①:何事にも一生懸命取り組むことをアピール

部活動での経験

私は、何事も一生懸命取り組みます。学生時代は、ワープロ部に所属し部長をしました。部活動では、自分から積極的に部員とコミュニケーションをとることや、分からない問題は先輩後輩関係なく教え合うことで、よりよい部活動にすることを心がけました。また、ワープロ部は文化系の部活動ということもあり、周りから「おとなしそう」とも言われますが運動することも得意です。私は趣味で、9年間陸上をしていました。はじめたきっかけは、少しでも体力向上をしたいと思ったためです。短距離を中心に、継続して走るうちに足も速くなり、走ることが好きになりました。体育祭ではチーム対抗リレーを任されました。運動部に負けたくないという気持ちもあり、部活動が終わってから体育祭に向けて走り込みました。これからも何事にも一生懸命取り組み、貴社に貢献したいと考えています。

例文②:周りと協力して取り組めることをアピール

学校での取り組み

私は学生時代、課題研究でイチゴの商品販売をおこないました。私の通っていた学校には農学科もあり、その学科では食品製造や野菜や果物を常に育てています。私たちの班では、農学科が育てているイチゴを多くの人に味わってもらいたいという思いから、イチゴのブランド化を目標に活動しました。班や農学科の人たちと話し合いながら、ブランド名やキャラクターを1から考えたり、ポスター作成係やスライド作成係など役割分担して、協力しながら取り組めました。学校内での発表では、試食会をおこない、新聞社から2社、地元のテレビ局にも取材にきていただくことで、メディアによるPRも一緒に出来ました。班員と協力しながら、イチゴのブランド化に携わることができたことは、貴重な経験です。

例文③:コミュニケーションを取るのが好き

アルバイトでの経験

私は学生時代、神社で販売のアルバイトをしていました。神社は、外国人の観光客も多く、英語で話しかけられることがあります。私は片言でしたが、ジェスチャーも交えながら話した結果、相手にも話が通じました。その感動が忘れられず、いろんな人とコミュニケーションを取るのが好きになりました。販売のアルバイトで、多くのお客様と接することで培ったコミュニケーションスキルを活かして、貴社でも業務に取り組みたいと考えています。

自己PRで人間性を伝えるならオリジナリティー溢れるエピソードを交えよう

いかがでしたか。自己PRでは、つまらない内容やオリジナリティーに欠けてしまっては、企業側には響きません。また、人間性を伝える自己PRは自慢話ではないことにも注意しておきましょう。失敗した経験や、困難な状況に陥った際のエピソードは、人間性が現れやすく自己PRに効果的です。効果的に人間性をアピールして、内定に向けて取り組みましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【デベロッパー主催】京都の文化財でインターン!

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時: 2019/08/08