2016年11月29日(火) 更新

アピールを面接で行う意味とそのポイント

面接で求められる自己アピールには応募者を厳選する意味がある

就職活動の際に行われている面接の中では、自己アピールを求められることが一般的です。面接で行われる自己アピールは、企業が応募者を厳選するために使われる意味があるので、自己アピールをする意味を把握していないまま面接を受けてしまいますと、自分のことをしっかりと伝えられません。そうすると、就職活動を上手く進められないでしょう。強みを聞かれる質問は、自己アピールをしてほしいという意味が含まれていますので、すぐに相手の意図を理解するのが大切です。

相手を不快にさせない服装も大事

応募者の内面を把握するために行われている面接では、面接官が出す質問の意味を理解し、相手に不快な気持ちをさせないようにしなければいけません。どんなに素晴らしい自己アピールであっても、服装がだらしなかったり、清潔感が感じられない見た目だったりする人は、アピールが相手に届かないだけではなく、面接官に悪い印象を持たせてしまう危険性があります。相手に伝わる自己アピールばかり考えて、見た目を疎かにしてしまいますと相手に不快な気持ちをさせたまま面接を進めてしまう可能性がありますので、注意が必要です。

自分の話に興味を抱かせるアピールが大切

面接官の質問には様々な意味合いがあるのですが、自己アピールを求められた時は大きなチャンスとして考えるのが大切です。自分の魅力を相手に知らせるチャンスである自己アピールの時間ですが、与えられた時間は短いので、短時間でいかに相手を引き込むかが重要だと言えます。相手に興味を抱かせるような会話テクニックを駆使しながら、自己アピールをしっかり行わなければいけません。そのためにも、相手の質問や求めるものの意味を理解するのが大事です。

質問の時間は自分の魅力を伝えるチャンスでもある

面接の最後には、必ずと言っていいほど質問があるかどうか問われます。最後の質問では、自分が面接官に聞きたいことを尋ねられるので、最後にアピールできるチャンスを意味しているのです。会話スキルがある人の場合、質問の時間を自分のアピールタイムできるため、効率良く自分を相手に伝えられるのを意味しています。休日や基本給など、質問したいことは多いでしょうが、質問したい気持ちを堪えて上手に自分の魅力を伝えられたら、面接官にたくさんアピールできるでしょう。最後の質問ありますかの意味を理解しておくと、アピールチャンスに変えられます。

質問の意味を理解しながら責任感をアピールするのが重要

社会人として働く人は、学生時代には無い大きな責任を求められます。そのため、企業は仕事を任せても大丈夫な責任感の強い人材を求めているのです。面接では、相手の質問の意味を把握するだけではなく、自分は責任を持って仕事に取り組める人材であることをアピールしなければいけません。どんなにスキルがある人でも、責任感が無い人に仕事は任せたくないと企業は考えています。相手の質問の意味を理解し、自分の熱意をしっかりと伝えながら、責任感の高さをアピールするのが重要です。

エピソードを加えるとより説得力が増す

責任感の強い人を求めている企業では、面接を行いながらどのくらい責任感がある人材なのかを厳しくチェックしています。面接官に自分の責任感の高さをアピールしたい時は、相手を納得させるエピソードを考えるのが大切です。ただ責任感があることだけをアピールしてしまいますと、面接官は自分が嘘をついているのではないかと疑いの気持ちを持ってしまいますので、必ずエピソードを話して相手に自分の言葉を信じてもらわなければいけません。

面接では質問の意味を考え相手に興味を抱かせるような自己アピールをするのが大事

就職活動をする人が受けなければいけない面接ですが、面接を受ける時は、面接官が自分に出す質問の意味を理解し、適切な受け答えをしながら自分のことをきちんとアピールしなければいけません。責任感をアピールするためにエピソードを入れたり、自分の印象を良くする服装や清潔感に注意したりするなど、工夫しながら効率良くアピールを成功させるのが大切です。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

F0236d146680c72d

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント