2016年11月29日(火) 更新

新卒と中途採用の違いを経験から理解している会社のポイント

新卒と中途採用の違い①:新卒とは学生の延長

学校と会社は全く違うものですが、本人たちの意識の上では、まださほど変わりがない、学校を卒業したばかりの人が、新卒の人です。それに代わって中途採用の人は、ある程度社会での経験を積んでいます。新卒と中途採用の違いは一番にそれが挙げられます。社会の上では経験を積んでいる中途採用の方が会社における気持ちの持ちようを知っています。しかし新卒の人たちは、新卒と中途採用の違いに当たり前のことなので、悩むこともないです。

学生の意識は捨てること

新卒の人たちは、いつまでも学生気分ではいけません。その切り替えが出来ていないのも、新卒と中途採用の違いと言えるでしょう。中途採用の人はある程度会社での辛さを乗り越えてきています。新卒と中途採用の違いはありますが、その会社にとっては、初心者には変わりません。早く勤めることに決まった会社になじむように努力して、仕事を習得することが大切です。

新卒と中途採用の違い②:仲間がいない

新卒と中途採用の違いでその次に違うのは、仲間がいないことです。新卒の人たちは、同時に同じ時期に学校を卒業した人たちが他に何名かいるわけですから、心強いです。いわゆる同期と言うものです。新卒と中途採用の違いは、同期がいるかいないかという点が挙げられます。新卒は年齢も同じような人が集まって、話もしやすい環境です。

同期が居なくても気にすることはない

中途採用は、その空いた枠に対して必要な人数だけ雇うことが多く、そもそも複数の人数がいません。たまたま同じ時期に入社していても、年齢が全く違うこともあります。しかしながら、会社の同僚は友達とは違うので、気にすることもありません。新卒と中途採用の違いは、同期が居ないことになりますが、仕事には影響が出ることは少ないです。新卒と中途採用の違いはありますが、仲間が最初にないところから作っていくのと、仲間があるところに入っていくことの違いになるでしょう。

新卒と中途採用の違い③:仕事の上での経験

最初に気持ちの切り替えの面での経験を述べましたが、仕事上での経験が、もっとも大きな新卒と中途採用の違いになります。しかも同じ職種につくのなら、経験は大きな物となります。即実践を求められるかもしれないです。仕事をする上は、経験はとても重要です。自分はこれができるとはっきりしておくことも大切です。新卒と中途採用の違いは、より実践に基づいた経験の有無になります。

経験がなくてもよい

しかしながら、新卒というのは学校を卒業してからすぐにその会社に勤めたということを、会社の人はわかって、雇っています。だから、新卒の人は経験がないことを気にしなくて大丈夫です。新卒と中途採用の違いは、最初から求める大きさも違ってくるかもしれません。しかしながら、中途採用でも、新しい人に変わりはないわけですから、あまり今までの経験を誇示しすぎるのも疎まれるかもしれません。新卒と中途採用の違いは、本人の気持ちも、会社のとらえ方も変わってきます。

新卒と中途採用の違いは社会経験があるかないかどうかであるが初心者ということに変わりはない

新卒と中途採用の違いはありますが、それをわかって企業の人たちは雇っています。それぞれ本人たちにも気持ちの違いもありますが、会社にとってはその会社にとって初心者なことには、変わりありません。新卒と中途採用の違いはありますが、そのデメリットの部分ばかりを気にしないで、新しい会社に合わせたステップを踏んでいけばよいです。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント