2019年01月31日(木) 更新

デロイトトーマツコンサルティングの選考情報として知っておくべき学歴と採用人数

デロイトトーマツコンサルティングの選考情報①:選考の内容と流れ

デロイトトーマツコンサルティングの選考は、 ・エントリーシート ・セミナー出席 ・WEBテスト ・面接 の順で行われ、面接は計4回受けることになります。

論理的な思考を選考基準とした面接

デロイトトーマツコンサルティングの選考情報として、出身校や専攻による学歴は選考の基準とはなっていませんが、新卒の場合には結果的に高学歴が有利なようです。
これは選考段階で学歴を考慮したわけではなく、論理的な思考を選考基準とした面接の結果、採用人数のなかで高学歴者が多くなっていると言うことです。
ちなみに、デロイトトーマツコンサルティングは海外のクライアントが多いこともあり、留学生や帰国子女に関しては幅を持った選考基準をもっているようです。

デロイトトーマツコンサルティングの選考情報②:求める学歴

デロイトトーマツコンサルティングの選考情報として、応募は公募式ですので出身大学や専攻などによるデメリットはありません。
ただし、結果として大学院卒やMBAなどの学歴の方が、内定者の中には多いようです。

学歴:出身大学や専攻などによるデメリットはない

採用人数に対する区分はありませんので、あくまでも選考上の基準に達しないと、学歴があっても採用人数枠に入ることはありません。
ただし、デロイトトーマツコンサルティングでは外国語のコミュニケーションが優先されており、留学経験があると有利になります。
なお、デロイトトーマツコンサルティングはエンジニア職やクリエイター職は各3名程度で、学歴は不問となっていますが、即戦力が基準となりますので、希望者にとってはかなり狭き門となるでしょう。

コンサルティング業界の業界・企業研究を進めよう

コンサルティング業界は、戦略系や人事系、IT系など、それぞれ専門分野や扱う範囲に違いがあるため、タイプごとの特徴について知っておくとより理解を深められるでしょう。そこで活用したいのが「コンサル業界大研究Book」です。この資料では、シンクタンク系はもちろん、他のビジネスタイプのビジネスモデルや主要企業について紹介しています。無料でダウンロードできるため、効率的に業界・企業研究を進めたい就活生におすすめです。

デロイトトーマツコンサルティングの選考情報③:気になる採用人数

デロイトトーマツコンサルティングの採用人数と配属はどのようになっているのでしょうか?
コンサルタントとして良いと思われる人材だけを採用していく姿勢は、デロイトトーマツコンサルティングの特性と言えます。

採用人数:募集数が100名・内定者は50名から60名程度

選考情報には、募集数が100名と書いてありますが、その中から実際に内定をもらうのは50名から60名程度でしょう。
学歴が考慮されることはありません。ただし、4大卒よりも院卒やMBA取得者が有利となるのは、あくまでも論理的思考をもつコンサル向きな頭脳の持ち主だからであり、学歴と採用が直結している訳ではありません。
採用後は希望職種である、コンサルを行うために必要な知識と経験を有すると、すぐにクライアントのために仕事をおこなうことになります。ただし、この期間も必要なスキルアップのために教育制度を活用することになるようです。

デロイトトーマツコンサルティングの選考情報は出身大学や専攻による学歴のデメリットはなく採用人数は50~60名程度

デロイトトーマツコンサルティングは学歴による選考は行いません。
原則は、エントリーシートによる選考と試験と面接によるもので、学歴に影響されることはありません。採用人数は募集時が100名で内定が50名ですから、採用人数を割っても求める人材しかデロイトトーマツコンサルティングには合格できないと言うことになるでしょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

5a334849b2c88964

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント