2016年11月29日(火) 更新

三井住友海上火災保険の選考情報で知っておくべき学歴と採用人数

三井住友海上火災保険の選考情報①:選考の内容と流れ

三井住友海上火災保険の選考情報としてまずはエントリーの流れについて把握しましょう。三井住友海上火災保険の選考方法について説明していきます。まず、三井住友海上火災保険が求める学歴をチェックし、学歴に問題がなければその後エントリーをします。説明会やWebセミナーへ参加してエントリーシートを提出します。その際にWebテストなども行われます。これにクリアすると面接を3回ほど行い、クリアすれば三井住友海上火災保険の採用人数枠内に入ることが出来ます。

エントリー→Webテスト→3回ほどの面接

三井住友海上火災保険のメリットとして、この面接などの返答がかなりスピーディで、面接をした翌日にまた面接をするというパターンもあるくらいです。そのため他の企業をエントリーしていても、合格したためその企業にお断りの連絡を入れるということもあります。三井住友海上火災保険は迅速に採用者や採用人数を決めてくれる気持ちのいい企業です。次では学歴の選考情報について見ていきます。

三井住友海上火災保険の選考情報②:求める学歴

選考情報として学歴についても把握しておきましょう。三井住友海上火災保険の求める学歴について説明します。三井住友海上火災保険を受けるには、専門学校・短大・大学・大学院のいずれかを卒業している(もしくは見込み)の必要があります。そのため、高卒は求める学歴には入りません。高卒の方で三井住友海上火災保険を希望している方は一番早く卒業出来る、専門学校か短大に入学する必要があります。

学歴は専門学校・短大・大学・大学院のいずれかを卒業または見込み者が対象

また、選考情報として学歴以外にも条件があります。卒業後、入社予定日までの期間が3年以内で職歴のない方(アルバイトは職歴から除く)や社員に2親等以内の親族がいないことも条件に加わるため注意が必要です。ここまでは学歴の選考情報について紹介しました。次は採用人数の選考情報について説明していきたいと思います。採用人数も大手企業らしい人数構成になっています。

三井住友海上火災保険の選考情報③:気になる採用人数と配属

選考情報として採用人数についても確認しておきましょう。気になる三井住友海上火災保険の採用人数は職種によって変わってきます。全域社員の採用人数が例年100名前後、地域社員という地域(地方)に派遣される正社員が300名前後となります。合わせて400人前後の専門卒以上の学歴を持つ人たちが同期として勤めることとなりますので、心強いですね。

採用人数は全域・地域社員の合計で400人前後

配属ですが、基本的には自分の希望になる傾向にありますが、人材を見た上で最終的には違う職種になる場合もあります。この選定に学歴は関係ありませんので安心してください。とにかく大手企業の三井住友海上火災保険がかける募集人数は多く、更に職種にも悩んでしまいそうですが、ここはビシッと決めて後悔のないようにしていきましょう。

三井住友海上火災保険の選考情報では学歴は専門学校・短大卒見込み以上で採用人数は全体で400人前後

三井住友海上火災保険の学歴や採用人数などの選考情報について紹介しました。採用人数はとても多いですが、その企業の大きさの分だけ社会に貢献しているとも捉えられます。選考情報にもあるように、三井住友海上火災保険の学歴も大学卒以上と限定するのではなく、ハードルが低めな専門卒レベルまで可というのはありがたいですよね。以上の選考情報を活用して三井住友海上火災保険への就活に役立てて下さい。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント