2016年11月29日(火) 更新

京阪電気鉄道の選考情報として学歴と採用人数

京阪電気鉄道の選考情報①:選考の内容と流れ

京阪電気鉄道の選考情報として対象となる学歴と採用人数をご紹介していきたいと思います。
京阪電気鉄道の採用選考の内容と流れはこのようになっています。
選考情報として会社説明会の後、ウェブでエントリーします。エントリーしたらメールやマイページ上で情報発信をしていきます。IDとパスワードは、忘れないようにしましょう。

書類選考→ウェブテスト→1次・2次面接

エントリー後、書類選考を経てウェブテストを実施します。選考情報としてはウェブテストをパスした人には面接の通知がきます。面接は1次面接と2次面接があります。ほとんどは2回の面接となっていますが、たまに例外があります。1次面接ではエントリーシートに沿った質問などがあります。また2次面接では少し掘り下げた質問があります。

京阪電気鉄道の選考情報②:求める学歴

選考情報として、京阪電気鉄道に在籍している社員の出身大学を見てみると、京都大学、大阪大学、同志社大学、京都産業大学、龍谷大学、京都女子大学、立命館大学、大阪商科大学、大阪工業大学、和歌山大学、桃山学院大学、早稲田大学、慶應義塾大学、広島大学、岡山大学、愛媛大学、金沢大学、福井工業大学などがあります。

学歴や偏差値よりは人物重視

上記で京阪電気鉄道に在籍している社員の出身大学を紹介しましたが、京阪電気鉄道では先住民へのサービス拡充などを目的としており、学歴や偏差値よりは人物重視の採用選考を行っています。そのため選考情報では面接重視の採用選考となっています。筆記試験はウェブテストのみとなっています。次に採用人数についての選考情報を紹介します。

京阪電気鉄道の選考情報③:気になる採用人数と配属

京阪電気鉄道の採用選考は学歴重視ではなく人物重視であることなど、学歴や採用の流れなどに触れてきましたが、最後に採用人数と配属の選考情報ついてです。京阪電気鉄道の選考情報では毎年約10人から20人ほどの採用人数となっています。

採用人数は毎年約10人から20人ほど

採用人数の選考情報として毎年約10人から20人ほどの枠となっていますが配属先はどうなっているのでしょうか?
配属先は、京阪電気鉄道を含む京阪グループ全体の経営企画部署、CRE部署、総務部署、人事部署、経理部署、宣伝部署などをはじめ、 運輸(鉄道)部署、不動産部署、流通部署、レジャー事業部(京阪グループ会社)における企画部署、運営部署、営業部署、管理部署などがあります。また総合職では、運輸(鉄道)部署、不動産部署、流通事業部署など(京阪グループ会社)における技術部門の設計部署、企画部署、管理部署などがあります。また勤務先は、大阪本社の他、大阪、京都、滋賀、東京などの事務所や鉄道、バス、不動産、建設、流通、レストラン、ホテル、レジャー施設などとなっています。

京阪電気鉄道の選考情報として学歴や偏差値よりは人物重視で採用人数は毎年約10人から20人ほど

京阪電気鉄道の選考情報として就活生が知っておくべき学歴や採用人数など京阪電気鉄道をめざして就職活動中の学生さんのためにシンプルにわかりやすく解説してみました。
選考情報をまとめてみると、学歴や偏差値よりは人物重視の選考で、採用人数は毎年約10人から20人ほどとなっています。
京阪電気鉄道は、京阪沿線住民の足として機能しているだけでなく、運輸、不動産、流通、レジャー・サービス業の4つのコア事業を中心に幅広い事業を展開しています。学歴はそれほど問われませんが、採用人数などは年によって変動するので、あらかじめ調べておくようにしてください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント