2019年12月18日(水) 更新

アクセンチュアの選考情報で知るべき学歴(大学)の必要性と採用人数

アクセンチュアの選考情報①:選考の内容と流れ

アクセンチュアの選考はエントリーシートの提出から始まります。エントリーシートに通過すると、WEBテスト、グループディスカッション、面接といった手順で進んでいきます。アクセンチュアへの就活はエントリーシートがスタート地点ですので、しっかりと自分を簡潔に伝えられるようなシート作成を実施しましょう。また、採用人数や学歴によって部署が異なりますので、事前にチェックをし、条件に満たしている募集へ応募をおこなってください。選考情報として面接は集団と個人があり、集団から始まって個人へと移ります。

ES→WEBテスト→グループディスカッション→面接

アクセンチュアの選考は、個人面接までいくことができれば最終選考となります。面接対策もしっかりとおこなうようにしましょう。事前の対策は間近で行うのではなく、準備期間を設けて取り組むと、リラックスした状態で面接に挑むことができます。気になる学歴や採用人数については、以下でご紹介していきます。

面接において第一印象が与える影響は大きい

自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。

アクセンチュアの選考情報②:求める学歴

アクセンチュアに応募する際、学歴などにに制限はありません。どんな学歴の人でも応募をすることができます。ただし、アクセンチュアは海外にも拠点を持って事業をおこなっていますので、英語能力があると歓迎されます。海外留学の経験者やTOEICなどで評価されている方には、十分なアピールポイントとなりますので、将来的にアクセンチュアへ就職をしようと考えているなら外国語の習得をおこないましょう。

学歴の制限はなく英語能力があることは強みになる

エンジニア職へ就きたい場合には、プログラミング能力を身につけておくと採用へ一歩近づきます。専門的な知識はすぐに活用することができるので、即戦力となるでしょう。採用人数が比較的多いとはいえ、有利な就職活動がしたい時にはこういった能力や知識を身につけておくと、アピールポイントとして利用できます。続いて、気になる採用人数についても見ていきましょう。

アクセンチュアの選考情報③:気になる採用人数と配属

アクセンチュアでは毎年多くの採用人数が確保されています。配属は、戦略コンサルタント、テクノロジーコンサルタント、ビジネスコンサルタント、エンジニアの4種類で、配属場所によって採用人数が異なってきます。いくつかのコンサルタントに分かれていますが、それぞれ特徴がありますので、自分の能力が活かせる募集に応募をすることが大切です。コンサルティング業務は全て同じだと思って応募をしてしまうと、思っていた業務内容と違っていたりしますので、事前に調査をして応募をしましょう。

4種類ある配属先によって採用人数は変わる

アクセンチュアへの就職を実現するために、多い少ない関係なく積極的に活動をおこない、採用されるように頑張りましょう。アクセンチュアはIT業界の中でもトップクラスといっても過言ではない企業です。応募してくる学生の多くは優れた学歴を保有している方も多いです。しかし、実力主義的な面もあるため、採用されるように積極的に努力をしていきましょう。

アクセンチュアの選考情報として学歴に制限はなく採用人数は4種類ある配属先によって変わる

アクセンチュアへ就職活動をしようと思ったときには、選考情報を事前に調べておいてください。学歴や採用人数に関する選考情報はもちろんのこと、企業情報や社風も一緒にチェックしておきましょう。アクセンチュアは学歴を問わない実力主義の企業ですので、採用人数が多い少ない関係なく積極的な活動をすることで採用へのチャンスを掴むことができます。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

電気代を賢く節約!今よりもお得に使える電気会社をご提案<全国申込可能>

    エントリー後【0120-426-647】から詳細のお電話を差し上げます。