2020年05月22日(金) 更新

厚生労働省の選考情報として知っておくべき学歴と採用人数

厚生労働省の選考情報①:選考の内容と流れ

厚生労働省における選考の流れですが、選考情報として最初に筆記試験があります。これは国家公務員のⅠ種とⅡ種がありますが、Ⅰ種は超難関でありⅡ種もかなりの難関になっています。まずはこの試験を乗り越えることが厚生労働省へ入るための最初の条件になりますので、ここでは学歴や採用人数のことよりもまずは優先して考えることになります。

面接において学歴が影響するということはまずない

厚生労働省のその後の選考情報として、官庁訪問という形で面接になります。採用人数も他の省庁に比べて少なくはないのですが、やはり油断は一切することが出来ないでしょう。また、学歴の選考情報に関しては結果的に高学歴の人間が通過していますが、大抵の場合あまり気にする必要はありません。ですので自分の学歴は気にせずチャレンジしていきましょう。面接の選考情報として学歴が影響するということはまずないと考えて良いでしょう。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

厚生労働省の選考情報②:求める学歴

厚生労働省において求められる学歴の選考情報ですが、選考情報では基本的には特に学歴を求められる、ということはありません。ですがやはりⅠ種の方には東大卒の方の多いため、東大閥であることが厚生労働省で出世をする上で最も重要な要素かもしれません。

学歴:特定の学閥があるわけではなく地域も学部も年々広まっている

選考情報として、採用人数も決して多くはないため狭き門と言えます。採用人数の中に技官が含まれてもいませんので、その意味で特に理系にとって有利というわけでもありません。ただ、選考情報として厚生労働省は特定の学閥があるわけではなく地域も学部も年々広まっているという事をアピールしていますので、各省庁の中では差別要素は弱いのかもしれません。また英語力も必ず必要なわけではありませんが近年グローバル化に対応してきた企業も多く、この流れは国家公務員においても同様の事が言えるため、やはり留学経験があると選考の上で有利になると考えて問題はないでしょう。

厚生労働省の選考情報③:気になる採用人数と配属

厚生労働省における採用人数の選考情報ですが、例年30名前後になりますので、まず多いということは出来ません。一般的な大企業であれば採用人数が200名以上である会社も少なくないので、その点を見ていくとやはり試験を突破したとしても難関であるのは間違いないことかもしれません。

採用人数:例年30名前後・全国各地では働いていく可能性あり

厚生労働省における採用人数の選考情報ですが、例年30名前後です。また配属に関しても本省だけでなく全国各地では働いていく可能性がありますが、やはり花形は東大卒が多い本省での仕事になりますので学歴が影響する可能性はないとは言えません。差は僅かなものですが、この僅かな差が長い年月をかけて大きなものになってくるようですので学歴の差は配属後になって意識する可能性があります。また選考情報として、部署に関しては基本的に面白い部署ほど出来る人間が入っていく風潮がありますので、自分がやりたい仕事があるならば仕事で成果を出していく必要があるようです。一方面白い仕事ほどハードワークになりがちなので、厚生労働省では生活を選ぶか、仕事を選ぶか、という2択を迫られるケースも少なくないようです。

厚生労働省の選考情報として学歴は特定の学閥があるわけではなく地域も学部も年々広まっており採用人数は30名前後

以上が厚生労働省における学歴、採用人数に関する選考情報の紹介になります。まずは試験突破の方に力を注ぎましょう。とはいえ、試験を突破したとところでやはり厚生労働省が採用人数から見ましても難関な事に変わりはないので油断せずしっかりと対策を立てて挑みましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント