2020年06月30日(火) 更新

豊島の選考情報で知るべき学歴(大学)の必要性と採用人数

豊島の選考情報①:選考の内容と流れ

豊島の求める学歴や採用人数に関する選考情報を見る前に、選考の流れについて見ていきます。豊島では総合職と業務職の募集を行っていますが、採用プロセスに違いはありません。豊島の採用プロセスはエントリー→職種選択・適性テスト→会社説明会・面接→内定という流れになっています。

面接対策だけでなくグループディスカッション対策が必要不可欠

適性テストを通過できれば、会社説明会に参加、1次面接が行われます。豊島はこの段階で採用人数を考えているようです。1次面接はグループディスカッションがあるので、面接対策だけでなく、グループディスカッション対策もしなければなりません。2次面接と最終面接で、採用人数を確定することになります。採用することが決まった場合、内定を通知してきます。内定を承諾した場合は、後日内定式に参加することになります。次は豊島の求める学歴に関する選考情報です。

面接において第一印象が与える影響は大きい

自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。

豊島の選考情報②:求める学歴は大卒以上

豊島の求める学歴に関する選考情報を見ていきます。豊島の求める学歴は、大学卒、大学院卒です。特に高学歴にこだわっているわけではなく、人物重視の選考を行っています。全学部学科からの応募を受け付けています。採用実績校から、女子大出身者が多い傾向があります。男女別の採用人数の内訳は公表されていません。学歴別の採用人数も公表されていません。豊島は全国の大学から採用をしています。次は、採用人数に関する選考情報を見ていきます。

豊島の選考情報③:採用人数は例年40名程度

豊島の採用人数に関する選考情報です。豊島の採用人数は、総合職が例年20名程度です。業務職の採用人数も例年20名程度となっており、2つの職種を合わせて40名程度の採用人数となります。採用人数が小規模のため、総合職と業務職ともに選考は厳しいものになることが予想できます。次は配属先に関する選考情報を見ていきましょう。

豊島の選考情報④:配属先は総合職が国内外の各拠点・業務職が名古屋または東京

最後に豊島の配属先に関する選考情報です。配属先は、総合職は国内外の各拠点で転居を伴う転勤もあります。他企業と比較すると、異動や転勤は少ない方です。ジョブローテーションもなく、本人の意思を無視した異動や転勤はないと思ってよいでしょう。
業務職は名古屋本社か東京本社のどちらかに配属されます。業務職の場合、入社後の転勤はありません。

豊島の選考情報として求める学歴は大卒以上で採用人数は総合職と業務職合わせて40名程度であることを知っておこう

豊島の選考情報で知っておくべき学歴と採用人数について見てきました。豊島では、総合職と業務職の募集をしています。採用プロセスに大きな違いはありません。採用人数も同じ程度です。豊島が求める学歴は大学卒が大学院卒です。女子大出身が多い傾向があります。採用人数は総合職と業務職、それぞれ例年20名程度です。学歴別、採用実績校別の採用人数の内訳は公表されていません。
豊島は、学歴よりも人物重視の選考を行っています。選考では、自身をいかにアピールするかが合否を左右します。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント