2020年07月07日(火) 更新

ブリヂストンの選考情報で知っておくべき学歴と採用人数

ブリヂストンの選考情報①:選考の内容と流れ

ブリヂストンの選考情報によると、ブリヂストンの選考情報の内容と流れは以下のようになっています。
エントリーシートの提出の後、会社説明会、リクルーター、ウェブテストの実施されます。その後、グループディスカッションと面接(合計3回)がおこなわれるのです。ブリヂストンの特徴として、エントリーシートの内容に重点を置く傾向があります。1次と2次面接は特にその傾向が顕著です。また、最終面接はこれまでの面接と同じ質問をより深く掘り下げた内容で問われる傾向があるのです。

自分はタイヤ業界に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、タイヤ業界の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。
My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分がタイヤ業界に向いているタイプか、診断してみましょう。

ブリヂストンの選考情報②:求める学歴

ブリヂストンの採用する学生の学歴は、部署にもよりますが決して高学歴にはこだわりません。しかし、在籍している社員の主な出身大学を見てみると、研究開発の分野では東京大学や京都大学といった一流の国立大学出身者と早稲田大学などの一流私立大学の出身者が多く占めています。

研究開発分野では一流大学出身者が多い

一般職に目を向けると文系の大学出身者も多く、経済学部や国際政治学部の出身者もみられます。採用選考では学歴などは伏せて行われますが、筆記試験でどうしても偏差値の高い学生が採用される傾向は否めません。また大きな特徴は、入社後ブリヂストンにとって必要な人材を育てる教育プログラムが充実していることです。大学での勉強や研究を基礎に、入社後もさまざまなスキルを身に付ける機会に恵まれています。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るには、自己分析による自己理解が必須です。自己分析を疎かにしていると、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツール「My analytics」です。

My analyticsを使えば、質問に答えるだけであなたの強み・弱み・適職を見える化できます。
ぜひ活用して、就活を有利に進めましょう。

ブリヂストンの選考情報③:採用人数は例年50人から100人ほど

学歴や採用の流れなどに触れてきましたが、最後に採用人数と配属について紹介します。ブリヂストンの選考情報によると、採用人数は50人から100人となっており、配属先は、事務系では営業部、海外営業部、マーケティング部などが主な配属先となっています。

配属先は世界26カ国

技術系ではタイヤ、科学工業製品の構造設計部、新規材料開発部、タイヤの基礎研究室、ITネットワーク開発、知的財産などとなっています。また勤務先は国内の事業所の他、ブリヂストンは米州、欧州、中近東・アフリカ・ロシア、アジア・大洋州など世界26カ国、180以上の生産・開発拠点があります。それぞれのスキルにあわせて適材適所に配属されるのです。

ブリヂストンの選考情報では部署によって高学歴が多く例年50~100名の採用人数

ブリヂストンは創業以来一貫してゴムと取り組んできたユニークな特徴を持つ日本を代表する企業です。またタイヤを基幹に据えてさまざまな事業を展開しています。学歴などの選考は部署によって異なり、採用人数などは年によって多少変動するようです。ブリヂストンの選考情報を就活生が知っておくべき学歴や採用人数などを就活に利用してみましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント