2019年12月18日(水) 更新

関西アーバン銀行の選考情報で知っておくべき学歴と採用人数

関西アーバン銀行の選考情報①:選考の内容と流れ

関西アーバン銀行の採用する学生の学歴は決して高学歴にはこだわりません。関西アーバン銀行の採用選考の内容と流れを確認しましょう。

エントリーシートの提出後、書類選考がおこなわれ、パスしたらウェブテストを実施します。ウェブテストの内容は数学、国語、漢字、適性テストとなるでしょう。その後1次面接があります。内容はグループディスカッションとなっています。2次面接では個人面接で、主にエントリーシートに沿った質問内容が多いようです。3次面接は集団面接で、どうして地方銀行なのか?どうして関西アーバン銀行ですか?といった質問があります。4次面接ではさらに深く掘り下げた質問があります。関西アーバン銀行に入ったらどんな仕事がしたいのか、意気込みなどの質問があります。4次面接の終了後に控室で意志確認、その場で内々定の通知があります。

あなたの面接力はどのくらい?

面接を受ける際、身だしなみやマナーも意識する必要があります。また、自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、面接で高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?

それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。

関西アーバン銀行の選考情報②:学歴より人柄重視

関西アーバン銀行は京都府や滋賀県、大阪府などを中心に近畿2府4県に事業を展開している地域に密着した地方銀行です。採用選考は学歴や偏差値ではなく、人物重視の採用選考を行っています。そのためウェブテストや筆記試験よりも面接を重視する傾向がみられるでしょう。関西アーバン銀行に在籍している社員の出身大学を見てみると、早稲田大学、東京大学、京都大学、大阪大学、名古屋大学、立命館大学、同志社大学、滋賀県立大学、関西学院大学などがみられますが、実力主義的な側面が強いのでチャンスは多いでしょう

関西アーバン銀行の選考情報③:採用人数は例年100~200人程度

関西アーバン銀行の採用人数と配属について紹介します。関西アーバン銀行は毎年約100人から200人の採用人数です。配属先は、営業部、融資部、本店や各支店における企画・立案・判断業務部署、支店窓口業務、本店や各支店におけるサポート業務などがあります。また勤務地は関西の2府4県にまたがっている点にも留意しましょう。大阪本店(大阪市)と大阪府内の各支店をはじめ、京都府の京都支店・北野支店・藤森支店・京都八幡支店・福知山支店など各支店、滋賀県ではびわこ営業部・瀬田支店・瀬田駅前支店・皇子山支店・堅田支店・膳所支店などの支店その他、兵庫・奈良・和歌山・愛知・東京の各支店となっています。

関西アーバン銀行の選考情報として求めるのは学歴より人柄の良さで採用人数は例年100~200人程度であると把握しよう

就活生が知っておきたい関西アーバン銀行の学歴や採用人数などを解説しました。関西アーバン銀行は京都府や滋賀県、大阪府などを中心に近畿2府4県に事業を展開している地域に密着した地方銀行です。学歴はそれほど問われませんが、採用人数などは年によって変動するので、あらかじめ調べておくようにしてください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【WEB・電話面談】1,000社から厳選!好待遇なホワイト企業に内定できる!

    【0120-082-118より日程調整のためご連絡差し上げます。】