2019年11月27日(水) 更新

関西電力の選考情報で知っておくべき学歴と採用人数

関西電力の選考情報①:選考の内容と流れ

関西電力の採用する学生の学歴は決して高学歴にはこだわりません。また採用人数は毎年約100人から150人の採用人数です。関西電力の採用選考の内容と流れは以下の通りです。
エントリーシートを提出してリクルーターによる会社説明会、ウェブテストなどを実施します。ウェブテストの内容は数学、国語、漢字、性格テストとなっています。その後、グループディスカッションを実施します。グループディスカッションはかなり難易度が高く、課題を与えられグループでディスカッションします。
その後個人面接へと進みます。この面接では志望動機や電力業界に対してどれくらいの認識があるのかをみる質問があります。その後最終面接です。関西電力の強みと弱み、時事問題などの質問があります。会社側に媚びることなく自分の意見を正直に述べるようにしましょう。

関西電力の選考情報②:学歴にこだわりはない

関西電力の採用する学生の学歴は決して高学歴にこだわりません。関西電力では学歴や偏差値ではなく、柔軟な発想による創造力、卓越した論理的な思考力が問われます。そのため筆記試験よりも面接やグループディスカッションを重視した採用選考となっています。
関西電力に在籍している社員の出身大学を見てみると、北海道大学、東北大学、新潟大学、筑波大学、東京大学、東京工業大学、慶應義塾大学、電気通信大学、大阪工業大学、大阪電気通信大学、上智大学、金沢大学、京都大学、京都工芸繊維大学、京都産業大学、鳥取大学、広島大学、山口大学、徳島大学、龍谷大学、京都女子大学、九州大学などがあります。

関西電力の選考情報③:採用人数は例年100~150人程度

関西電力の採用選考は学歴重視ではなく人物重視であることなど、学歴や採用の流れなどに触れてきましたが、最後に採用人数と配属についてです。関西電力の採用人数は毎年約100人から150人の採用人数です。
配属先は、営業部署、マーケティング部署、企画部署、燃料部署、購買部署、新規事業部署、広報部署、経理・財務部署、法務部署、人事部署などの他、技術系:発電部署、送変電部署、系統運用部署、配電部署、情報通信部署、土木部署、建築部署、新規事業部署などがあり、勤務先は、九条営業所、扇町営業所、池田営業所、北摂営業所、高槻営業所、守口営業所、枚方営業所、難波営業所、東住吉営業所、羽曳野営業所、東大阪営業所、南大阪営業所、岸和田営業所などとなっています。

もっと詳しく業界研究をする

インフラの中でも電力、ガス、石油といったエネルギー業界で働きたいという就活生は、エネルギー業界の仕組みや各企業について把握することが大切です。業績推移や各社の強みを知っておくことで、「この企業でなければならない」という入社意欲を志望動機に反映させることができるでしょう。そこでおすすめなのが「エネルギー業界大研究Book」です。今後の課題や展望についても把握しておきましょう。無料でダウンロードできるため、効率的に業界・企業研究を進めたい就活生におすすめです。

関西電力の選考情報として学歴にこだわりはなく採用人数は例年100~150人程度であると把握しておこう

関西電力の選考情報!就活生が知っておくべき学歴や採用人数など関西電力をめざして就職活動中の学生さんのためにシンプルにわかりやすく解説してみました。関西電力は半世紀以上にわたって関西地域に電気を安全安定供給してきた企業です。学歴はそれほど問われませんが、採用人数などは年によって変動するので、あらかじめ調べておくようにしてください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント