2019年01月25日(金) 更新

就活女子の好印象なブラウス・Yシャツの選び方【色・形】~スキッパーシャツ・レギュラーブラウス~

就活のシャツはスキッパーとボタン付きどちらがいいのか

この悩みを解決するために知っておきたいのは、こうしたブラウス・ワイシャツを選択する上で基準となる考え方です。ボタン付きのシャツとそうでないスキッパーのそれぞれの長所と短所、目指す企業や自分を演出するのにふさわしいカラー・柄選びなどを、ここでは徹底的に解説していきます。

就活女子のブラウス・ワイシャツで失敗しないためには?

今回は、就活女子のブラウスやワイシャツの色で失敗しない選び方について、みていきます。

■調査方法:メールを配信して学生にアンケート
■調査実施日:2017/1/18
■投票数:1,678

就活生を対象に1,678名から集計したアンケートによると、「就活で好印象なブラウス・Yシャツの選び方を知りたい?」という質問に対して、81.8%の人がYes、18.2%の人がNoと答えました。(2017年1月時点、キャリアパーク調べ)およそ8割以上の就活生がブラウス・Yシャツ選びに関心があるのです。

就活女子の中で、リクルートスーツの服装は万全だけど、ブラウスやワイシャツの服装チェックが甘くなっている人が多くいます。まずはじめに、就活女子の服装選びで失敗しないためにはどうしたらいいのでしょうか?

オシャレより第一印象をよくする就活生らしさを意識

就活では、面接官にいい印象をもってもらう必要があります。そのためには、第一印象をよくしなければなりません。リクルートスーツやワイシャツなどの色や形はもちろんデザイン、そして組み合わせが重要になってきます。
人の第一印象は、30秒で決まるといいます。その30秒間で印象決める際に、服装は重要視されます。

シャツやブラウスのデザインではなくはシルエットが重要

就活の服装で大事な綺麗な身だしなみを作るにあたって、シャツがしっかりと自分にあっているかどうかで、シルエットが全く異なってきます。特に男性はネクタイがありますが、女性には無いため、シャツやブラウスが非常に目立ちます。しっかりとマナーをおさえたレディーススーツに合った、シャツの着こなしをマスターしていきましょう。

身だしなみをはじめとした就活マナーを押さえよう

面接では、きちんとしたマナーを身に付けていないとマイナスの印象を与えてしまいかねません。マナーは身だしなみ以外にも、到着時間や荷物の取り扱いなど細かいところでも求められます。

他の就活生がマナーを守る中、振る舞い方を知らないでいると慌てることになります。そこでおすすめなのが「就活マナーマニュアル」です。こちらでは、就活で必須のマナーを詳しく紹介しています。無料でダウンロードできるため、マナーに自信がない就活生は手に入れておきましょう。

就活女性にオススメのブラウス・シャツ①スキッパーシャツ

就活で使用する女性用ブラウスは、大きく分けて2種類あり、どちらを着用しても選考に影響することはありません。ですが、それぞれのシャツの特徴とポイントは覚えておいた方が良いでしょう。どちらのシャツを着るかで、面接官に与える印象も変わってきますし、志望する業界によっても変わってくるのです。

スキッパーシャツは活発的な女性の印象を与えられる

最近の就活では、どちらかというとレギュラーブラウスよりスキッパーシャツを選ぶ就活女子の方が多いとも言われています。スキッパーシャツは、襟を全て外に出して着るタイプのシャツで、レギュラータイプのシャツに比べて活発的な女性である印象を与えられる服装になります。スキッパーシャツを着る際は、襟の幅があまり大きくならないように注意しましょう。

襟の大きさや汚れにはとくに注意

スキッパーシャツは活発的な女性である印象を与えられます。
ただし、スキッパーシャツの襟が大きすぎると、少しだらしないといった印象を与えてしまいます。スキッパーシャツは、とくに襟が目立ちますので、しわや汚れがついていないか、念入りに確認しましょう。

首回りが楽になり動きやすい

ボタン付きのワイシャツと比べて、スキッパーシャツの大きな特徴と言えるのが広く開いた襟元です。この特徴は、そのままスキッパーシャツの大きな利点とも言える機能を備えています。学生である多くの就活女子にとって、スーツとは普段着慣れない服装です。特にレディーススーツはタイトな仕立てなので、息苦しい思いをしている就活生も少なくありません。

その上、首元のしまったシャツをスーツの中に着込んで窮屈さを感じていたのなら、思い通りのパフォーマンスが発揮できない事もあるでしょう。そんな懸念を払拭したいなら、スキッパーシャツが最適です。スキッパーシャツは首元をしめつけないので、ボタン付きのシャツよりも開放感があります。着慣れないスーツで就活のパフォーマンスを落としたくないなら、スキッパーシャツを選ぶとよいでしょう。

就活女性にオススメのブラウス・シャツ②レギュラーブラウス

就活女性にオススメのブラウス・シャツのひとつ目は、スキッパーシャツでした。次に、スキッパーシャツと並んでオススメなのはレギュラーブラウスです。レギュラーブラウスではスキッパーシャツとどのような点が違うのでしょうか。

では、レギュラーブラウスの特徴と注意点をみてきましょう。

レギュラーブラウスは清楚な女性の印象を与える

スキッパーシャツに比べると、レギュラーブラウスは、清楚な女性である印象を相手に与えられる服装です。レギュラーブラウスを着る際の注意点は、サイズが合っているかどうかです。とくに、首周りのサイズが合ってないとだらしなく見えてしまいます。お店で購入するときに、きちんと測ってもらいましょう。
レギュラーブラウスは基本的にはボタンは一番上まで全て閉めるので、苦しくないサイズのシャツを選ぶ必要があります。

ブラウスとスーツのVゾーンとのバランスが重要になる

ワイシャツとリクルートスーツのVゾーンとのバランスが重要になってきますので、できればリクルートスーツとシャツは一緒のお店で選んだ方が良いでしょう。選び方は、リクルートスーツやシャツのプロフェッショナルである、店員さんと相談した上で選ぶのがオススメです。スーツとシャツのバランスが悪いと、あまり良い印象を与えられなくなってしまいます。

ボタンを閉めることで気も引き締まる

学生である就活生にとって難しいことに、気持ちの切り替えがあります。就活では、希望企業に自分をアピールするという、学生にとって日常的ではない行動が求められます。そのために自分を日常から切り離す必要が生じますが、こればかりは自発的に意識を変えるしかありません。そんな気持ちの切り替えの際に大いに役立つのが、服装です。

スーツという、学生にとって非日常的な服装は意識を変えるのに十分効果的なアイテムですが、さらにボタン付きのブラウスを着ることで相乗効果が高まります。ボタンをしっかりしめれば、就活への気持ちがより引き締まる。レギュラーブラウスにこうした意識変化のルーチンを取り入れることができれば、気持ちに緩みのない就活を送ることができるでしょう。

就活女子が着るワイシャツの色は白

白のシャツは就活に有利な清楚なイメージを与える

就活の服装で女性が着るシャツの色は、白がオススメです。
むしろ、就活生の90%以上は白のシャツです。私服などを推奨された場合はもちろん違った色でも良いですが、ビジネスなどの場でもやはりシャツは白が基本です。白のワイシャツは就活に有利な清楚なイメージを与えます。

企業によっては色つきブラウスやワイシャツでもOK!

就活時のブラウス・ワイシャツは基本的には白ですが、最近ではうっすらと模様のあるものや、薄いピンクや薄いブルーといった少し色が入っているシャツでも企業によっては大丈夫なようです。

清潔感を保ちつつ個性も少し出したいという時は、色つきのシャツでも良いですね。ピンクは女性らしさ、ブルーは知的な印象を与えます。業界や企業によって好ましい色のシャツやブラウスがオススメです。

ストライプの入ったワイシャツはNG!

就活に有利な清楚なイメージを白のワイシャツは与えます。
リクルートスーツと同様に、ワイシャツ・ブラウスは白もできるだけ無地のシャツで、就活ではストライプの入ったワイシャツなども避けた方が良いでしょう。オシャレでアクティブな個性を服装で出すのは、内定が出てからにしましょう。

就活女子がそのほかに気をつけるべきポイント〜内定者からのオススメ

就活の際に着るブラウス・ワイシャツの選び方は理解していただけましたでしょうか。
就活の期間は、面接の場合も会社説明会の場合も服装はリクルートスーツとシャツです。シャツを着るときには、注意しなければならない点がたくさんあります。襟の形や色は上記でご紹介した通りですが、その他に服装で注意しておくべきポイントをまとめてみました。

ワイシャツはアイロンの手間も省ける形状記憶のシャツを

就活で着るワイシャツやブラウスの色や形も重要ですが、選ぶ際に注意していただきたい点が、まだまだあります。
就活で着る、ワイシャツやブラウスの価格は安いもので十分ですが、「形状記憶」のものを選びましょう。形状記憶シャツであれば、洗濯後のアイロンの手間も省けますし、リクルートスーツを着た時のしわもよりにくいです。

ホワイトシャツはこまめにクリーニング

ホワイトシャツは、袖や首まわりの汚れ、しわが目立ちやすいです。繰り返しになりますが、就活で大事なのは清潔な印象です。つまり、汚れがあると清潔感を与えられません。面接官は就活生の細かいところまでくまなくチェックしています。
こまめに、クリーニングに出すのがオススメです。

ワイシャツは着まわせるように4着ほど用意しておく

ホワイトシャツはこまめにクリーニングといいましたが、就活面接が連日行い場合も考えられます。
ワイシャツやカッターシャツを着まわせるように4着ほど用意しておくと、着替えられるのでシャツを清潔に保てます。ブラウスやワイシャツの印象で面接が、決まるといっても過言ではありませんので、万端の準備をしましょう。

短いシャツの裾丈は立ち上がる時に注意

リクルートスーツがパンツスタイルのとき、座った状態から立ち上がるとシャツが外に出てきてしまいます。
シャツの裾が長ければ全部出てきてしまうことはないですし、ある程度までは気にしないで済みます。面接の最後の最後で、印象が悪くしないためにもリクルートスーツとシャツの組み合わせには注意しましょう。

業界によってリクルートスーツとシャツの組み合わせは変わる

業界によってリクルートスーツとシャツの組み合わせは変わります。
女性は、就活でシャツの他の服装としてカットソーも選択肢としてあります。カットソーは襟がないので、より清潔感を演出できるアイテムです。ですが、航空会社やアパレル業界向きなので、他の職種を目指して就活している就活女子は注意しましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

いきなり社長面接ルートあり!内定率96%のプレミアム面談で最短即日内定

    ▶東京(池袋)会場へのお申込みはこちら ※エントリー後「03-5745-0202」より日程調整のお電話を致します。