2019年01月24日(木) 更新

【キーエンスの選考情報】気になる学歴と採用人数を教えちゃいます。

キーエンスの選考情報①:選考の内容と流れ

キーエンスの選考情報の内容と流れは次のようになっています。選考情報では、まず事務職では、エントリー受付から会社説明会があり、1次面接を受けます。その後適性検査を受け、2次面接、3次面接と進み、内々定を貰えるという流れです。
技術職は、エントリー受付から会社説明会があり、次に適性検査を受け、1~3回の面接を行い、これに合格すれば内々定を貰えるといった流れになっています。なお、エントリーする際のエントリーシートは不要のようです。

面接では本当の自分を出す

キーエンスでは求める人物像や選考情報の基準を公開していません。その理由として、面接などでその点ばかりを意識してしまう人が出てくることを懸念しているからです。キーエンスの面接では自分を飾らずに自然体で臨むことが大切です。応募内容によって学歴条件や採用人数が異なっているので事前に確認をしましょう。学歴及び採用人数の選考情報をチェックしてから就職活動を開始するといいでしょう。

キーエンスを受ける就活生が必ず知るべき社風・会社概要

キーエンスの選考情報②:求める学歴は大学卒以上

キーエンスの求める学歴は、大学、大学院卒業見込みのある方を募集しています。学科は全学部全学科から募集しています。募集している職種としては事務、営業、技術、IT、専門系で、特に機械、数学、電気・電子、情報工学、物理、生物、化学、地球環境系の専攻は技術系で生かせることができます。さらに全国の国公私立大学から採用人数の実績があります。

公平な採用を行われている

選考情報から見て、文系と理系ではやはり、技術系である理系の方が有利にも見えますが、会社説明会では理系の方向けと文系の方向けの説明会が行われているため、文系の方もぜひエントリーしてみましょう。キーエンスでは採用を公平に行うため、学歴が良くてもキーエンスの役員・社員と3親等以内の方は応募できない事になっています。いくら採用人数が多くても避けましょう。

キーエンスを受ける就活生が必ず知るべき福利厚生・教育制度

キーエンスの選考情報③:マッチング重視のため採用人数は特にきまっていない

キーエンスの採用人数や学歴は未定となっています。しかし、選考活動において会社や人とのマッチングを重視している企業なので、学歴、採用人数は特に決まっていないようです。入社後の配属先として、事務系は営業、海外、マーケティング、生産管理、人事、経理、総務などへ、技術系は商品、ソフトウェア開発、生産技術、コンサルティングエンジニアなどへ配属されます。

入社前に通信講座で勉強もできる

キーエンスでは、入社までに電気回路やソフトウェアなどの基礎を通信講座で勉強できる機会もあり、専門知識がなくてもしっかりとしたバックアップがされています。国内拠点の他にアメリカ、ドイツ、イギリスなどの海外にも拠点を置いているためグローバルに働く事も可能です。そのための語学研修やキャリアアップに繋がる研修なども行われています。

キーエンスの評判は?気になる事業内容と業績

キーエンスの選考情報として学歴は大卒以上でマッチング重視のため採用人数も決まっていないことを把握しておこう

キーエンスの求める学歴や採用人数の選考情報はいかがだったでしょうか。学歴は大学、大学院卒業見込みの方を募集していますが、全国の国公私立大学の全学部学科から募集しています。採用人数は未定ですが、キーエンスとのマッチングを重視しているため採用人数を決めていないようです。キーエンスでは学歴や採用人数にあまりこだわらず、専門知識がなくても職種別採用も導入しているため、様々な分野で活躍できる人材を求めています。上記の選考情報をもとに、気軽にエントリーしてみましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【理系限定】関東・関西就職を実現!特別選考枠でスピード内定が狙えるサービス

    【関東・関西以外の地方にお住まいの方】エントリーはこちら