2019年09月11日(水) 更新

就活で着用する靴下の適切な色とは|面接官への印象を悪くしないカラー選択

就活時の靴下の適切な色はスーツと同じ色

白や派手な色は避け、スーツの色に合わせた、ダークなものにしましょう。基本、就活は黒無地のスーツが多いですので、靴下も黒無地がおすすめです。悩んだときはスーツの色よりワントーン濃い色が良いです。座ったときに見えてしまうものなので注意しましょう。

身だしなみは就活マナーマニュアルでチェック

ネクタイをはじめとして、男女ともにスーツの着こなしに自信のない就活生は多いでしょう。面接は第一印象が大切であり、身だしなみは大きな意味を持ちます。スーツを正しく着こなすためにも、就活マナーマニュアルを事前に確認してチェックしておきましょう。マナーを守った正しい身だしなみの知識があれば、ネクタイ選びやその他の小物選びも間違えないでしょう。少しでも印象をよくするためにも、身だしなみのマナーを把握しておくことが大切です。無料でダウンロードできるため、マナーに自信がない就活生はチェックしておきましょう。

スーツの靴下の不適切な色は白

目に付きそうもないのですが、座ったときに見えてしまうのが靴下です。不適切な色は白でしょう。学ランなどでは、黒の上下に白ソックスが普通でしたが、スーツだと同じようにはいきません。また、赤や青などの原色系やキャラクターものなどは論外です。

選ぶ際の色以外のポイント

靴下の色は白やスーツと同じ色以外は基本的にNGです。そのほかに気をつけるべきこととしては、座ったときに面接官に悪い印象を与えない素材や柄などを選びましょう。また、丈の長さも重要で、スーツと同じ色だからといって、スニーカーソックスを履いてはいけません。どうしても心配な方は、黒無地のミドル丈ソックスを履きましょう。

就活時の靴下の色はスーツと同系色にしよう!ダークトーンにおさえて丈や柄にも注意する

ここまで、就活時の適切な靴下の色について紹介しましたが、いかがでしたか。基本的にはスーツと同じ色にして、統一感を出しましょう。白色や柄物、丈が短すぎる靴下はマナー違反で、面接官への印象もよくありませんので、注意してください。椅子に座った時に裾が上がりますので、その際にバレてしまいますよ。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

就活を一気に進められるサービス!『就職エージェントneo』

    09/27 (16:00~17:30) 【※オンライン開催(九州)※】