2022年10月11日(火) 更新

宛名に付ける「気付」の意味と書き方〜就活にも使える覚えておきたいマナー

宛名に「気付」が書かれていれば相手の勤め先などに送る

「気付」とは、意味的には「連絡」というような感じです。「きづけ」や「きつけ」と読むこともあります。具体的には、それが書かれている郵便物を、相手の現住所ではなく、その人の勤め先や立ち寄っている先に送ることをいいます。宛名の下にこれをつけてそうしてもらうように表す言葉です。個人宅にはあまりくることはありませんが、会社などでこのように書かれた郵便物があっても、慌てないように覚えておきたいものです。

「気付」は個人の家庭などに送る場合は使わない

書き方といっても、「気付」という言葉自体、宛名に書かれているのを今まで見たことがないというかたも中にはいらっしゃると思います。一般的に個人が個人の家庭などに送る場合には使われません。宛名に「気付」という言葉を書くときの書き方としてはまず、どのような場合にこの言葉が使われるかを知っておく必要があります。

宛名に付ける「気付」の書き方:二名以上住んでいる家に送る場合

ここから先は会員のみご利用いただけます

2分無料会員登録!

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【最短即日】20代で年収1000万 / 年間休日130日以上など 好条件企業の内定が狙える!

    エントリー後、主催の株式会社イノース様よりお電話をいたします。