2020年06月23日(火) 更新

大和ハウス工業の採用・選考情報で知っておくべき学歴(大学)と採用人数

大和ハウス工業の選考情報①:内容と流れについて

はじめに、選考情報として大まかな流れとそれぞれのステップについて説明しておきましょう。大和ハウス工業の2015年の選考の流れは次のようになっています。

【採用の流れ】

◆就職サイトよりエントリー  ※ エントリーシートの提出はありません。

◆大和ハウス工業エントリー者専用サイト『MY PAGE』の
ID・パスワードを取得

◆採用ホームページを参考に企業研究

◆会社説明会等の日程を『MY PAGE』にて確認

◆会社説明会等参加

◆選考(面接・適性検査)

◆内々定

大和ハウス工業の場合は、就職サイトからエントリーして、専用のマイページから選考状況を確認できるシステムになります。基本的には会社説明会に参加してから選考が開始される流れとなります。

大和ハウス工業では履歴書のみ用意する

大和ハウス工業のエントリーシートはなく、履歴書のみ必要になります。ですので、自分の性格や、志望動機など、自己分析をしっかり反映させた履歴書の作成が求められます。また大和ハウス工業では会社説明会後に1次面接、2次面接、最終面接と選考が進みます。面接は基本的に3回実施されますが、志望動機や他社選考情報をしっかり伝える必要があります。また大和ハウス工業の選考の特徴として、家づくりを楽しめる人というところがあるので、しっかりと自分をアピールできる内容を考えていきましょう。

面接では自分の思いの丈をぶつけることが大事

大和ハウス工業の選考における面接は基本的には1~3回です。しっかりと自分をアピールしましょう。やや圧迫ムードがあるようなので、人物重視の採用に対して、思いの丈をしっかりとぶつけることが大事です。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

大和ハウス工業の選考情報②:学歴(大学)については不問

選考情報の1つとして学歴も挙げられますが、大和ハウス工業で求められるのはどのようなものでしょうか。大和ハウス工業の募集要項には、学歴や学部についてこれといった特記事項はありません。営業の募集対象は学部・院生不問、文理不問ですし、募集学部・学科についても全学部・全学科と書かれています。技術系は、建築学部学科の学生が対象になります。額面通り情報を受け取れば、どんな大学のどんな勉強をしてきた人でも大和ハウス工業では「優秀ならば採用する」という意味です。

大和ハウス工業には高学歴な社員が多いのは事実

大和ハウス工業の採用実績を見てみると全国の国公私立大学など、ハイレベルな大学ももちろん実績があります。もちろんこれらだけではないので、「偏差値が高くないとダメ」というわけではありません。しかし大和ハウス工業には学力的に優秀な人たちが集まっているという点は、内定が決まってから思い出すといいかもしれません。

実際の面接評価シートで確認する

面接をする際、面接官は面接評価シートを元に就活生を評価しています。面接評価シートには、マナーや身だしなみ、質問に対する受け答えなどの内容をチェックする項目があります。

企業や職種によって設定されている項目は異なりますが、参考にすることで、面接官視点を把握することができます。「面接評価シート」を無料で手に入れて、面接前に最終調整をしたり、就活生同士の練習で活用したりしましょう。

大和ハウス工業の選考情報③:採用人数と配属について

選考情報として気になる大和ハウス工業の採用人数ですが、直近の3年間の採用実績は以下のようになっています。

2013年4月実績
総合職(営業系)386名 総合職(技術系)195名
事務職 51名

2014年4月実績
総合職(営業系)403名 総合職(技術系)363名
事務職 56名

2015年4月見込
総合職(営業系)324名 総合職(技術系)316名
事務職 45名

大和ハウス工業の従業員が14,380名なので、この採用人数は比較的多いと言えます。しかし2015年(2016年度)の採用予定人数は「総合職(営業系) 400名」「総合職(技術系) 350名」とされており、実際のところどれだけ採用されるかは人事の担当者次第ということになります。また前述したように学歴の高い人が集まる傾向にあるため、自分の学歴に自信のない場合、準備はしっかりとしておく必要があるでしょう。

採用後は総合職から適性をみて配属される仕組み

採用後の配属ですが、職種は希望するものに基本的には配属されます。職種は営業系(住宅営業、不動産賃貸、リフォーム)と技術系(設計、施工管理、設備、生産)そして、事務職にそれぞれ応募することになります。それぞれ役割が異なりますが、家づくりにはどの職種も必要となります。

大和ハウス工業の採用での選考情報として大学や学歴不問であり採用人数は750名程度

大和ハウス工業の採用や、選考情報で知るべき学歴(大学)と採用人数についてご紹介いたしました。就職活動をするにあたって、自分の志望する企業の選考情報や、企業に集まる就活生の学歴は気になるものです。それと同じくらい「いったい大和ハウス工業の採用の椅子はどれだけ用意されているのか」という採用人数も気になるものです。確かに学歴も採用人数も、受ける企業の選考情報として知っておいてもいいでしょう。 しかし就職活動は「競争」ではありません。自分が最も行きたい企業、自分が最も合っている企業、企業が欲しい人材や合っている人材、両者がぴったり出会った時にこそ、幸せな就職・採用活動が成立するのです。したがってあくまで採用実績は「大和ハウス工業の難易度はこれくらい」と見当をつける材料として捉えておきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント