2020年06月30日(火) 更新

スターツの採用・選考情報で知っておくべき学歴(大学)と採用人数

スターツの選考情報①:内容と流れについて

スターツの選考情報として、まずは内定までの流れを把握しておきましょう。どんな内容があるのかを事前に理解する事で、準備の仕方や注力するポイントも異なってきます。
スターツの選考の流れは以下の通りです。

【スターツの選考の流れ】

エントリー

説明会参加

1次面接

SPI試験

2次面接

3次面接

役員面接

内定

上記がスターツの選考フローになります。選考フローについては、変更の可能性も十分ありますので、選考を受ける前には就活サイトで常に選考情報の確認を怠らないようにすることが重要です。

スターツは基本的にグループ採用をおこなっています。スターツグループは各分野に分かれて企業展開しているので、興味関心がある人は、各社の選考情報も集めておきましょう。

スターツの面接は4回実施

スターツでは面接情報が計4回実施されます。内訳としては、1次、2次、3次、役員といった形です。1次面接はグループ面接となりますが、2次面接以降は全て個人面談です。人事の方は大変丁寧で、じっくり話を聞いてもらえるような面接となるでしょう。基本的に志望動機といった質問が毎回、おこなわれます。当然ながら面接が進むにあたって志望動機の深堀は必須です。しっかりと自分の中に落とし込むように自己分析や企業研究を怠らないようにしましょう。

スターツの選考情報②:学歴(大学)については不問

選考情報の1つとして学歴も挙げられますが、スターツでは学歴よりも人間性を採用において重視する傾向があります。採用について求める人物像も当たり前のことが当たり前にできる人となっているので、学歴に多少自信が無かったとしても、事前に自分ができる事をきちんと取り組み事が内定への近道と言えるでしょう。ただし、技術系の職種を希望する人は学部学科が限定されるので注意しておきましょう。

スターツの採用大学は国公立から有名私大まで幅広い

スターツの選考情報のなかで、採用実績を見てみると、上述したとおり学歴関係なく、大学の幅は広いと言えます。有名な国公立から、有名私大、一般的な大学まで幅広い大学名が連なっているのです。なので、学歴を気にすることなく自分が入社したいという想いを積極的にぶつけていきましょう。

スターツの選考情報③:採用人数と配属

選考情報として気になるスターツの採用人数はどのくらいでしょうか?三井不動産の採用実績については、特に明記ないのですが300名程度の採用が見込めるでしょう。もちろん、こうした採用人数は上振れする傾向が強いので、募集人数が少ないからと言って躊躇する必要はありません。積極的に応募していきましょう。

配属は本社および全国営業所

スターツは、東京都の中央区に本社をかまえています。また事業所も全国各地にあり、東京、神奈川、千葉、埼玉、北海道、宮城、群馬、大阪、愛知、広島、香川、福岡、沖縄にあります。ですので、勤務地としては東京の本社あるいは、全国の営業所に配属される形になります。また、海外に世界21か国33拠点あるので、海外配属の可能性も考えておきましょう。

あなたのマナー力はどのくらい?

今の時点で、あなたのマナー力はどのくらいでしょうか?それを知るために活用したいのが「マナー力診断」です。「身だしなみ」「電話・メール」「エントリーシート・履歴書」などのマナーがどの程度身についているのかを試してみましょう。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。無料でダウンロードできるので、力試しとしてもおすすめです

スターツの選考情報として大学は不問で採用人数は300名程度

スターツの採用や、選考情報で知るべき学歴(大学)と採用人数についてご紹介いたしました。

スターツの選考は面接が4回と比較的多いので、粘り強く選考に臨む必要があるでしょう。しかし、採用官は就活生の人間性を重視し、その人の特徴や性格、考え方を聞き出すように、質問がなされます。志望動機は毎回質問されますので、細部まで深堀されてもきちんと答えられるように準備が必要です。

また、大学や学歴は不問ではありますが、技術系は学部が限定されるので注意しておきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント