2016年11月29日(火) 更新

初任給の男女別平均と将来的な手取り額

初任給の額を手取りで比較すると

就職活動中に気になる初任給が平均額。調べようにも手取りや年収など表記もまちまちで、慣れないとそれぞれを換算するのも大変です。今回は気になる初任給を手取りで比較してみました。

学歴で比較すると高卒よりも大卒の方が手取りが多い

まず、学歴別で比較してみます。やはり、高卒、短大卒、大卒、大学院卒ではそれなりに違うものですね。特に高卒と大卒では大きな差があります。
学費を考えると、短期的には高卒でも稼げる初任給の手取り額の平均は、高卒で16万円前後、短大や専門卒で18万円、大卒で20万円、大学院卒は22万円です。例えば、高卒と大卒では月に4万円、年間で48万円近い金額の差があります。とはいえ、大学に通うためには学費が必要で年間48万円以上はしますので、最初の4~5年だけで見たら高卒の方が稼げることになります。

平均初任給は男性よりも女性の方が1万円少ない

それでは男女間の初任給の差はどれくらいあるのでしょうか?大卒の平均手取りで比較すると女性の方が1万円ほど少なくなります。また、就職した人の平均で比較するとこのようなデータにはなりますが、実際には就活での苦労などの面で差があることもあります。

性別を問わずに活躍できる社会へ

男女を給料だけで評価し判断するべきではありません。女性には出産があり、会社側にとっては途中で退職されるリスクが伴いますが、近年は産休・育休の取得が可能な会社が増えており、男女問わずに働ける社会の実現が進んでいます。

平均初任給の額は毎年上がっている

円高不況からのアベノミクスなど、何かと経済の話も話題に登ります。手取りの初任給の平均という身近な指標で比べた時、景気はよくなっているのでしょうか?話を分かりやすくするために、大卒の初任給で比較すると、1990年で17万円、2000年で20万円、2010年で21万円程度という平均が出ています。不況と言われてきた昨今ですが、初任給で比較するとずっと右肩上がりです。

平均的な手取り額は年々下がっている

しかし、初任給が高いからといって、安心してはいけません。なんと、全世代の手取りの平均で見ると年々下がってきているのです。手取り額が下がる理由は、初任給からの昇給が少ないということを意味します。就職の時にはまずは初任給に目がいってしまうものですが、それだけにとらわれずに先を見据えた判断が必要になります。

初任給は年々上がっているが手取り額の平均は下がり続けている

就活などをしていると、初任給の平均ってどれくらいなのか気になるものです。手取りの平均で比較すると、高卒で16万円程度、大卒で20万円程度です。大学は学費もかかりますので短期的には高卒の方が得ですが、ずっと働き続けることを考えると大学が有利です。手取りの初任給は年々上がってきてはいますが、その分昇給は減っているので注意です。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント