2016年11月29日(火) 更新

商社に就職するために必要な能力とおさえておくポイント

商社に入社してすぐに即戦力を求められる訳ではない

商社への就職を目指している人にありがちなのが、これまでの経験によって即戦力になれることをアピールすることです。どれだけ学生の頃に様々な経験をして能力を得ていたとしても、商社に入社して即戦力になれることはありません。新卒であれば全員が未経験と同じであり、採用担当者には就職してからどれだけ成長するか潜在能力を見られています。

コミュニケーション能力があることを面接で伝えよう

なぜ、商社に就職したいのか、自分のどういった部分が商社に適正があると思うのかを伝えましょう。商社に就職すれば、多くの関係者と商談をすることになるため、コミュニケーション能力が欠かせません。また、目標の適切な設定や、より多くの関係者との商談の日程調整などが必要になるため、計画を立てる能力を持った人物が好まれる傾向があります。

商社は比較的勤務時間が長いため体力が必要

商社は、日本国内だけではなく海外にも勤務することがあったり、深夜にまで業務を行うことがあります。そのため、商社に就職するためには高い体力や精神力が必要です。これが無ければ、どれだけ計画性を持った人物でも耐えられません。また、積極的に開拓していって、現在の状況に満足せずに事業を計画したり、それを拡大していくための創造する能力が必要です。

スポーツ経験者は商社への就職が有利になる

スポーツ経験者は、体力や精神力が強いというイメージを持たれていることが多いため、商社への就職が有利になることがあります。スポーツを経験していただけでは決定打にはならないので、スポーツを経験していた上で全国大会への出場を果たしたといった特別な経験や能力をアピールしましょう。また、逆にスポーツを経験していなかったとしても、就職に不利になる訳ではありません。

日常のありふれたことを解決する能力が就職に必要

大きなことをして、それを達成させたという経験が無いことは珍しくありません。作り話をして面接で伝えたとしても、その話を掘り下げられることで容易に嘘だと見抜かれてしまいます。大きなことではなく、日常において起こったありふれた問題を解決した経験を伝えましょう。その能力をいかに工夫して伝え、商社の業務内容と絡めるかが重要です。

解決能力のエピソードを商社の採用担当者に噛み砕いて伝えよう

何かを成し遂げた経験を商社の採用担当者に伝えましょう。具体的に何をしている時にどのような壁が立ちはだかり、それをどのようにして突破したのか、その時にどういった能力や経験を得られたのかを伝えましょう。そして、その得られたことを商社に入社してどういった部分に活かしたいのかを伝えます。そうすることで、自分を採用するメリットを採用担当者に認識してもらえます。

商社に就職するためには「コミュニケーション能力」「体力」「解決力」を要領よくアピールする

商社への就職を目指しているのであれば、高い精神力と体力は欠かせません。そのため、スポーツ経験者であれば若干の好印象を与えられるでしょう。しかし、スポーツをしていなかったからと言って評価が悪くなる訳ではありません。また、商社への就職を目指すのであれば大きなことを成し遂げなければならないといった認識は間違っています。日常のありふれたどういった問題をどのようにして解決したのかを伝える能力が大切です。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント