2016年12月12日(月) 更新

商社志望の学歴に自信がない就活生が良い評価を受ける方法

学歴が低いだけで説明会にすら参加できない事もある

商社は、学歴に拘っている事が多く、学歴が低いだけで、政党に評価されず説明会にすら参加できない事もあります。インターネットから説明会への参加予約をしても、エラーが出たり満員で参加できない表示が出ますが、一流大学の出身者であれば難なく予約できるといった事もあります。この場合はその商社への就職を諦める事になります。

学歴が低いだけでまともに面接をしてもらえない

面接までは進めても、学歴が低いだけで評価はおろか、まともに面接をしてもらえない事があります。この場合は、余程注目されるような発言をしなければ採用してもらえる可能性は薄いでしょう。面接を受けても、商社がどこまで学歴に拘っているのかは明確にはわかりません。しかし、予めインターネットで企業名を入れて調べると、学歴フィルターの有無がわかる事があります。

インターンシップに参加して学歴の差を埋めよう

就職を希望している商社のインターンシップは、学歴関係なく参加できる可能性があります。インターンシップに参加して、実力を発揮して評価される事で、学歴の差を埋める事ができます。企業が欲しい人材は有名大学の出身の学生ではなく、あくまでも実力や潜在能力が高い学生です。就職を強く希望しているのであれば、必ずインターンシップに参加して、評価な評価を受ける準備をしておきましょう。

低い学歴だからこそ高く評価されやすい

学歴に関して色眼鏡で見られているからこそ、成果を挙げた時に高く評価してもらえます。低学歴なのに高い実力を持っていると判断されれば、平凡な能力しか持っていない一流大学の学生よりも高い評価をしてもらえる可能性があります。低学歴だからといって商社に就職する事を諦めるのではなく、こういったチャンスを活かして内定を貰える確率を高めましょう。

学歴が低くても語学力が高ければチャンスはある

低学歴であっても、一流大学出身の学生よりも高い能力を持っていれば、採用してもらえる可能性があります。例えば、商社は海外メーカーと取引をしたり、海外で事業を展開している事があります。そのため、高い語学力を求められる事があり、低学歴であっても留学経験があり、高い語学力を持っていれば、それだけで選考を有利に進められる可能性があります。

学歴に自信がないからと言って焦らずに面接を受けよう

低学歴だから商社に入社するのが難しいと考えてしまい、必死に自己PRを面接でしてしまうと失敗に繋がります。面接官に聞かれていない事は答えず、あくまでも尋ねられた事だけに対して答える事が大切です。落ち着いて面接を受ける事が、少しでも商社から内定を貰う確率を上げるために重要な事だという事を覚えておきましょう。

学歴に自信が無くても商社を受ける際に「語学力」「意欲」を示せれば良い評価を受けられる

商社は、一流大学出身者にしか内定を出さない事があります。低学歴者であれば面接にすら進めない事もあります。しかし、インターンシップであれば学歴に関係なく参加できる事が多いので、その場で実力を示す事で評価してもらえます。また、商社で低学歴者という色眼鏡で見られているからこそ、高い実力を示した時に高く評価してもらえます。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント