2017年07月07日(金) 更新

社員登用の制度とは?会社に応募する際の注意

社員登用の制度とは

社員登用の制度がある場合、最初はたとえアルバイトやパートだったとしてもいずれ正社員になれる可能性があるので、将来が変わってきます。最初は、契約社員やアルバイト、パートなどの正職員ではないような雇用形態でも、働きによって、また試験などによって正社員や正職員へと転換できる制度なので是非活用してみるとよいでしょう。

数年の勤務で資格を認められ社員として登用される制度

社員登用の制度がある会社では、たとえば数年勤務してから会社や上司に働きを認められたり、試験などを受けて合格したら晴れて社員になれるというようなこともあります。社員になれば、アルバイトなどよりもやりがいのある仕事をさせてもらえたり、場合によっては給与が上がったり、今まではなかった賞与がでるようになったりする場合もありますので大変有利な制度ですのであるにこしたことはありません。

正社員登用の制度で必ず正社員になれるのか

社員登用の制度がある会社で正社員以外の雇用形態で一生懸命働いた場合には、必ず社員登用制度で正社員になれるのでしょうか。一般にこの正社員登用の制度というものは、各企業が独自に定めているもので、国が定めているようなものではありません。ですから、その制度の対象になる詳しい条件などは各会社によって変わってきますので要注意です。

社員登用は必ず保証されているものでない

このように、たとえ社員登用の制度があったとしても、正社員登用は必ず保証されているものでないということを念頭にいれておきましょう。アルバイトや契約社員のころから人一倍働く努力が求められます。もしどのくらいの割合で正社員になれるのか気になる場合には人事担当者にそのむねを聞いて、実績などを確認しておくとよいでしょう。

会社の社員登用の制度で注意すること

会社の社員登用の制度がある会社を探して入社するにあたって、まずなぜあなたがそこの会社で正社員になりたいのかをじっくりと考えておきましょう。その企業であなたが正職員として働くイメージができるかどうかも大切です。また、自分の経験が活かせるなどその企業でなくてはならないような理由がちゃんとあるのかどうかも考えてみましょう。

社員になれなかったときのことを考えて志望しよう

社員登用の制度があったとしても、場合によっては正社員になれない場合もあります。実力がなかったり、会社の上司に認められなかったり、試験に受からなかったりということもあることでしょう。たとえそのようなことになったとしても、あなたが後悔しないような魅力のある会社であるかどうかが一番のチェックポイントだといえそうです。

会社の社員登用の制度は必ず正社員になれる訳ではないので社員になれなかったときのことを考えて志望する

このように、たとえ会社に社員登用の制度があったとしても、場合によっては正社員になれない場合もあることを念頭に置き、正社員登用の制度があるかないかだけで企業を判断しないということも大切です。逆に社員登用の制度ありと書いていなくてもある場合もあります。会社の正社員登用のハードルは高いことが多いですが、チャレンジのし甲斐はあります。頑張ってみましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【内定獲得率5.4倍】特別推薦枠にエントリー

    10/27 (14:00~15:00) 【※オンライン開催※】

面接フィードバック✕就活相談ができる1次選考会! 多業種展開している企業の店舗運営に携われる

    エントリー後のメール内にあるフォームから日程を選択してください。