2016年11月29日(火) 更新

職業選択は不安?高校生の就職事情

高校生の職業選択は先生や家族が主に相談に乗る

高校卒業と同時に就職する事が決まっている人は、就職に対して学校では学年ごとに就職ガイダンスがあり基礎的なところを指導してくれますが、その指導を受けて考えるのは自分です。学校だけにまかせているのではなく、なりたい職業は先生や家族のアドバイスがあっても最終的には自分が決めるんだという強い気持ちが大切です。高校生を採用する会社はそのような強い意思を持った生徒が就職してくれるのを待っています。

高校生が就職をする際にはなりたい職業の求人票を集めて比較する

高校生が就職してもすぐ辞めてしまうという事がよくいわれています。そうならないように就職するには、なりたい職業の求人票を集め、会社の勤務内容や採用条件などを比較しながらしっかり検討し応募する会社を決める必要があります。そのためには自分の好きなことや特異な事、また性格やスキルなどを理解し、自分に合った仕事を考えなければなりません。会社名だけではなく自分がやりたい仕事の内容なのかなどしっかり確認しながら決めることが大事です。

会社に就職した先輩の受験記録や入社後の感想などを参考にする

高校生が、職業についてヒントとして利用できるものに、学校が作成した就職の手引きのような資料やハローワークが作成した資料などがあります。さらに進路室には過去の求人票や進路関係業者が作成した資料、またその会社に就職して先輩の受験記録や入社後の感想などがあり、職業について検討する時大事なヒントを与えてくれます。会社名が分かれば会社のパンフレットやホームページなどから更に詳しい内容を調べることができます。

高校生の就職活動の解禁日である9月16日までに職業選択を終える

高校生の就職活動の解禁日が全国的に9月16日からと決められており、学校でもそれに合わせたいろいろなスケジュールを設定します。応募書類も本人が直接会社に提出するのではなく学校を通して提出する事が決められており、それに間に合うように職業などを決めておかなければなりません。就職試験のための小論文や志望理由書の書き方練習、また面接の練習など受験までに準備することがたくさんあるので3年生の4~5月頃までに、職業を決めておいた方が良いです。

高校生の内は気になった職業に対してすぐに調べる

高校生になってから、職業を探すには子供の頃から抱いていた企業や、学校での講話などを参考に興味を持った企業やいろいろな資料などから情報を集めることが必要になります。自分が応募したいと考えている企業を求人票だけでなく、もっと具体的に理解するために企業研究をすることが大切になります。難しく考えることでなく合同企業説明会で直接話を聞いたり、会社案内やホームページを見て企業全体の仕組みや主な取引先などもっと詳しく調べることで自分がどんな業務を担当することになるのか等が、より具体的に理解することができます。

自分で情報収集をして企業を選んでも最終的に家族の理解を得る

職業は人に決めてもらうのではなく、高校生である自分が情報収集し企業研究などしながら選んだ理由など十分に説明できるよう整理しておく必要があります。その上で家族に自分の希望と受験したい強い意志で話し合う事が大切です。職業や勤務地に対する考え等で多少の意見の違いがあっても、説得できるくらいの仕事に対する強い意志がなければなりませんが家族のアドバイスにも冷静に耳を傾け、最終的には家族の理解を得ることが大事です。

高校生は先生と相談して職業を選択して家族の理解を得てから就職しよう

高校生の高い離職率やその理由などが各種データで示されています。離職の原因は企業側にある事よりも、これまで高校生という、守られていた環境から社会に出たとたん急な変化についていけず、また我慢や辛抱する気持ちも少なく簡単に離職する事が多くなっています。そうならないようにするためにも社会に出る高校生として就職先を簡単に決めず、本当にやりたい職業をしっかり考え企業研究をし、自分の責任で受験したい会社を選ぶことが大事になります。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント