2018年10月11日(木) 更新

自己分析をする意味と自分の適職を探す方法

自己分析をすると自分に適した仕事を見つけられるのが大きな意味を持つ

自己分析をする意味としてまず最初に言えるのは、自分に適した仕事を見つけるためという意味です。自己分析をしていくと、自分が得意なことや苦手としていること、さらには自分がやってみたいこと、昔から避けてきたことなどが見えてきます。それが分かれば、就活の際の膨大な仕事のジャンルの中から、自分に適した仕事を見つけることができます。それが自己分析の大きな意味なのです。

自己分析をして仕事に当てはめると自分に合うか合わないかが分かる

自己分析をしていくと、意外な発見があるものです。あまり得意だと思っていなかったことが実は自分が得意としていることだったとわかったり、意外な自分の能力に気がついたりします。そういうことは、じっくり自分と向き合わないとわからないものですから、その発見は大きな意味を持ちます。だからこそ、自己分析が必要だと言われるのです。その発見を逃してしまうということは、自ら最適な選択をする可能背を低くしていると言えます。また新たに見つけた自分自身を仕事に当てはめて考えることで、自分にその仕事が向いているのかが分かります。就活において最良の選択をするためにもまずは自己分析をしてみましょう。下記の自己分析シートは36個の質問に答えるだけで、強みと適職を診断できるようになっています。手軽に利用できるので試してみると良いでしょう。

自己分析をすると面接の質問にも高レベルで返答できる

自己分析の意味として、面接に強くなるということが言えます。頭で付け焼刃で考えたことよりも、しっかりと自己分析をして過去の経験から導き出した長所や短所、志望動機の方が、明らかに面接で突っ込まれた時の返しのレベルが違ってきます。自己分析をしないとまず高いレベルの返しはできないでしょう。こういう意味も、自己分析の意味としてはすごく大きい意味です。

自己分析の結果に沿う形でエピソードを準備すると説得力が生まれる

自己分析をしていくと、エピソードなどの準備もできていきます。そういう意味でも、自己分析は面接に役立つのです。自己分析ではエピソードから長所や短所を見ていくでしょうから、いちいち後付けでエピソードを用意しなくてもいいエピソードが用意できるのです。そしてそんないいエピソードは、面接ではすごく大きな意味を持ちます。

就活の場では自己分析をしっかりとしていること自体が大きなアピールとなる

自己分析の意味としてもう一つ言えるのが、自己分析をすること自体が熱意の証明になり、それ自体が就活でアピールになるということです。自己分析をしてじっくりどんな企業が良いか考えた方と、自己分析せずになんとなく企業を決めた方では、どちらの方が熱意が高く見えるでしょうか?明らかに前者です。自己分析をする意味として、そんな意味もあります。

自己分析は嘘をつくとすぐばれるので注意

そういう意味での自己分析なら、自己分析しなくても、「きちんと自己分析して志望した」と嘘をつけばカバーできるのではないか?と思う方もいるかもしれませんが、そういう嘘でごまかしても、色々なツッコミの中で自己分析をきちんとしているか、していないかは、ばれるものです。だから、自己分析はしないとならないのです。

自己分析は自分の能力を見極める就活で大きな意味を持ちそれに当てはめて適職も探せる

以上、自己分析をする意味の紹介でした。自己分析をする意味はたくさんあります。そしてそれこそが、自己分析をする意味ともいえるのです。メリットがたくさんあるのですから、自己分析をしない意味がないですよね。確かに時間はかかりますが、それが自分の武器になるのですから、自己分析はした方が良いでしょう。時間をかけて、武器を磨いていきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント