2019年11月29日(金) 更新

銀行に既卒として就職するための5つのポイント

既卒の就職活動には特別な行動が必要

既卒での就職活動は、新卒と比べるとどうしても不利になる場合があります。そのため、同じような志望理由を列挙するだけでは弱く、銀行でなければならない理由が必要です。そのためにもインターンシップに参加して強い武器を身に付け、他の就活生と差を作るが重要だと言えます。他の人との明確な差をつけ、既卒としての銀行への就職活動を成功させましょう。

銀行に既卒として就職するためポイント①:実績のアピール

まず、既卒で就職活動を行う上で重要なポイントは、過去の実績をアピールです。学生の誰もができそうなものではなく、その業界を目指す上で行ってきた実績を作れば、内定獲得へと大きく前進します。銀行への就職を目指すのであれば、会計や金融に関する知識や資格を取得してきたなどを存分にアピールするのが有効でしょう。

銀行に既卒として就職するためポイント②:インターンシップの経験

就職活動において既卒では不利と負い目を感じがちですが、後にいくらでも挽回は可能です。銀行が主催するインターンシップに参加して、誰よりも高い実績を作るという目標のもとで行動すれば、面接時でもこの上ないアピール材料となります。インターンシップでの結果が目に見えてわかりやすい実績へと変わるため、積極的な参加が望ましいです。

銀行に既卒として就職するためポイント③:同じ目標を目指す仲間を作る

既卒での就職活動では、コミュニティを作り上げるのも一手です。同じ銀行を目指す就活生がいれば積極的に声を掛けて、どのように対策を練っているのか、業界の傾向などを確認すれば、自身へとフィードバックできます。そうして自身にはない部分や他の就活生の行動の傾向を探ることによって、面接やエントリーシートなどで明確な差を作れるのです。

銀行に既卒として就職するためポイント④:自分の演出

既卒での就職活動といえば、他の新卒の就活生と比べて負い目を感じてしまうのは多々あるかもしれません。銀行の面接でも「なぜ既卒なのか」という質問が投げられる場面が想定されますが、そういった状況でもネガティブすぎる内容を正直に言うよりも、自信を持って嘘でも理由を作る必要があります。嘘も方便ではなく、話し方や姿勢から正して確固たる自分を演出するのが大切なのです。そうすると、見た目的にもブレていない人間を演出でき、自信を持っている人だとアピールができるでしょう。

銀行に既卒として就職するためポイント⑤:第一印象を良くする

銀行における就職活動でも言えますが、既卒の就職活動はとにかく第一印象での勝負を重要視するといいでしょう。相手に印象を残せば、後の選考へと進めるでしょう。面接官は主には話し方や外見で判断していきます。話す内容も重要ではありますが、印象が無ければ内容も薄れてしまうため、インパクトを与えるのを主眼に置いた就職活動も有効でしょう。そのためにはやはり、自信をもって発言するのが望まれます。

あなたのマナー力はどのくらい?

今の時点で、あなたのマナー力はどのくらいでしょうか?それを知るために活用したいのが「マナー力診断」です。「身だしなみ」「電話・メール」「エントリーシート・履歴書」などのマナーがどの程度身についているのかを試してみましょう。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。無料でダウンロードできるので、力試しとしてもおすすめです

既卒で銀行へ就職するためには実績・インターンシップ・仲間づくり・演出・第一印象がポイント

既卒の就職活動を行うにあたって、過去の実績を作り上げることも重要ですが、本番における印象操作も大切な要素と言えます。印象を残せなければ話す内容も乏しく聞こえてしまうため、まずは自身を持った会話ができるように改善、身に付けていく必要があります。実績は二の次ですが、とはいえアピールできる内容が無ければ銀行への就職も難しいものであるため、資格取得のための勉強やインターンシップへ参加しながら、自身を磨いていくよう努力することが理想となります。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント