2019年12月09日(月) 更新

就職活動における既卒者ならではのアプローチ方法

既卒者のネックとなる「ブランク」をうまく埋める

既卒者の場合、卒業から就職活動までのブランクをどう過ごしていたかについても履歴書や面接の際に大きな影響を与えるものとなります。闇雲に応募したり、面接に行ったりを続ける就職活動だけを行っていては、既卒者としての時間は過ぎるばかりで、自分自身の焦りも募っていくことでしょう。応募をして不採用になったのなら、なぜうまく行かなかったのかをよく検討し、改善をしていきます。それと同時に、就職活動とは別に役に立つと思える過ごし方を探して行う時間を作るといいでしょう。

就職先に関連したアルバイト経験があれば即戦力となる

既卒者の就職を支援する人材紹介会社や求人サイト、ハローワークなどに登録して就職活動を有利に進める方法もあります。ビジネスマナーを学ぶ講座や、キャリア構築の手助けとなるセミナーなどの情報が入れば参加してみるのもいい方法でしょう。希望する業界や企業をはっきりさせておけば、ブランクの間に関連するアルバイトをしておくのもいいでしょう。応募の際にひとつの経験として見てもらえるばかりでなく、就職してから既卒者にとっても、企業にとってもメリットとなります。

就職したい業界や企業の研究を怠らない

就職先のことをホームページや業界情報などで詳しく研究しておくことも、就職に繋がる大事な方法です。そうすることで実際の就職試験の際に、企業の求める人材をよく理解し、履歴書に書く内容を加えたり、余分なものを省く作業ができます。業務内容を良く把握することも重要で、職種によって異なる知識が必要となります。例えば、ExcelやWordなど有効となりそうなパソコン操作を習得しておくことも1つの有用な方法です。

就職先への提案やアイデアは歓迎される

就職先の業界や事業の研究をしていくと、「こんな方法がある」「こうしたらどうだろう」といった自分なりのアイデアを思いつくかもしれません。企業はそういった素人の方法や発想を大歓迎するものです。既卒者で未経験のあなたからの提案は、業界に慣れた人では発想しきれない貴重なものとなります。あなたの関心の深さと意欲を示す方法にも繋がるでしょう。

時間があるという既卒者のメリットを使う

就職が決まると、そこから先しばらくは、仕事を覚え、慣れていくことで精一杯の毎日になるでしょう。自由な時間が使えるうちに、友人に会ったり、恩師を訪ねたりして過ごすことも有効な方法です。親しい人たちとの時間はいいリフレッシュや気分転換になるだけでなく、自分のことを客観的に見つめ、自己分析を促すことにも繋がるのです。既卒者だからと焦って就職のための活動に明け暮れるより、たまには意識的に作るべき時間です。

就職していないことが既卒者のメリットにもなる

就職をしていない既卒者は、内定が決まった後、比較的短期間のうちに仕事が開始できます。採用に急を要している企業に対してはいい条件になります。このような企業を探してみるのも、就職をするのにいい方法だといえます。内定が決まったらサッと対応できるように、必要な書類や服装などはひと通り準備しておくようにしましょう。また社会経験のない既卒者ですが、社会人として扱われるので、言葉遣いやメールの書き方について練習しておきましょう。

学生時代に力を入れたことを正しくアピールしよう

学生時代に力を入れたことは、就活の中でも大切なアピール要素です。学生時代に力を入れたことを正しくアピールして、学生時代の経験やそれによって得た能力を伝えましょう。学生時代に力を入れたことを考えるときに活用したいのが『人気企業内定者の「ガクチカ」まとめ』です。作り方や例文18選を収録しています。無料でダウンロード出来るので、面接対策中の就活生にもおすすめです。

既卒者ならではのブランクをうまく使う方法で就職をつかみとろう!

就職したいと思う企業の希望の職種に採用されるためにできる方法はたくさんあります。既卒者には学生と違い時間がたくさんあります。これを活かさない方法はもったいないです。常に業界のことや職種のことについてアンテナを張って、行動をしていきましょう。それらの一つ一つが既卒者の有効な時間の使い方となり、経験として履歴書にも書けますし、面接でも自信を持って堂々と答えることができるでしょう。意欲はきっと面接官に伝わり、たとえ既卒者でも採用の可能性は高まるはずです。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

いきなり社長面接ルートあり!内定率96%のプレミアム面談で最短即日内定

    ▶東京(立川)会場へのお申込みはこちら ※エントリー後「03-5745-0202」より日程調整のお電話を致します。