2016年11月29日(火) 更新

インターンシップとして4週間海外に滞在する際の注意点

インターンシップ前に情報収集を必ずする

海外のインターンシップに参加するのは良いですが、日本という領域の外に出るので、4週間という短期でもかなり不安です。その不安を払拭するため、インターンシップ先、つまり現地の情報を得るところから始めなければなりません。4週間でも、安心はできません。現地に関する得たい情報は、治安です。身の安全のため、治安が悪い国でインターンシップに参加するのは控えましょう。G7なら治安は良い方ですが、国の情勢によっては悪化します。インターンシップの4週間で、自分の身をどれだけ守れるかが重要になってきます。

4週間とはいえ語学力も必要になるので習得しておく

基本的には、日本と同じG7に名を連ねる、先進国の国々にインターンシップするのが無難でしょう。英語力が求められるので、日本で英語をそれなりに修得してから、海外インターンシップに参加するのがおすすめです。4週間と言っても、語学力は必要です。

4週間の海外インターンシップで得た経験は就活にも役立つ

4週間という短い期間で海外インターンシップに参加した人は、必ずとは言いませんが、就活で優位に立てると言っても過言ではありません。海外インターンの経験者はある意味、貴重な存在でもあります。特に、国際的な取引を希望する企業であるなら、その英語力を持って通訳することが可能です。就活では大変有利になるでしょう。

4週間で何を経験したかが重要

企業によっては、全く活かせないところもあるでしょう。企業の中に英語ではなく、スペイン語、フランス語、ロシア語、そしてアラビア語などを話せる人材を求めている場合があります。海外インターンシップは、4週間とはいえ経験したことに変わりありません。自分は4週間の海外インターンシップでこれだけの学びがあった、とアピールするのが大事です。

海外インターンシップではその国の文化や会社の仕組みを理解できる

海外インターンシップとは、海外の企業に入って研修に参加することを意味しております。その利点は、その国独自の言葉や文化などが触れられる点です。それだけでなく、現地の人との会社の内情や仕組みなどが知れるのも、利点の1つです。また、海外インターンシップでは語学力は別にして、コミュニケーション能力は非常に大事です。4週間という短い期間で、どれだけフレンドリーになれるかは自分次第です。

治安によってインターンシップに影響がある場合も多い

海外のインターンシップに参加するのは良いことで、貴重な体験ができるというのがメリットですが、逆にデメリットもあります。その1つが、その国の情勢です。情勢が変化すれば、政治、経済、治安も悪影響を及ぼします。特に、治安に関して注意しなければなりません。治安が悪くなりそうな兆しが見えたら、身の安全を守るため、例え4週間の期間中でもすぐに帰国しましょう。

4週間でも海外にインターンシップをする場合は就活に活かすために準備を万全にしておき治安には注意する

4週間という短い期間でも、インターンシップで海外に出る以上、色々と準備が必要です。G7に名を貫く先進国であればまだ良いのですが、発展途上国や最貧国などに行く場合、注意が必要です。海外のインターンシップの参加はリスクが大きいですが、その分、得られる物が大きいです。将来、就職にあたって、その経験が大きなプラスになるのは間違いありません。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

9899017fe3c2a1fa

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント