2019年11月06日(水) 更新

留年した理系学生が気になる就職への影響

試験やレポートの出来が反映される理系の留年率は高い

留年と聞くと大事に思えるかもしれませんが、実際のところは、それ程珍しいものではありません。特に理系学生の留年率は他と比べると高い方でしょう。というのも理系には、1つの試験やレポートの出来が、そのまま留年に影響するシビアさがあるからです。理系には留年をする人が、意外と多くいます。

不安になったら理系の留年は珍しくないと考えることが大切

留年をしてしまうと、就職を含めて、多くの不安を抱えるはずです。しかしながら、理系では特に留年する人が少なくないと知っていれば、必要以上に不安になる事はないでしょう。もちろん、留年しないにこした事はありません。ただ、場合によっては試験1つでも簡単に留年してしまう理系においては、そこからどう前に進むかが大切なのです。

理系の留年の有無はそこまで就職に影響しない

これは理系に限らずですが、留年の有無は、そこまで就職に影響しません。そもそも浪人をして入ってくる人も多いのが大学ですから、そこに留年まで考慮するとなると、大変ですよね。それよりは、その人物が優秀であるかどうか、という部分に視点をおく企業が多いでしょう。もちろん、能力が同程度の学生2人に絞られた時などは、留年の有無が影響する可能性は高いです。しかし、そうではない状況下では、そこまで気にする必要はありません。

就職活動中に理由を聞かれた際の回答を準備しておく

理系にせよなんにせよ、留年をした後の就職活動では、その理由を聞かれる可能性が高いです。ですから、その際にはしっかりと答えられるように、回答を準備しておきましょう。理系だと比較的そのシステムの厳しさから、多くの学生が留年をします。ですので、素直に単位を落としてしまったことを話して、問題ないはずです。ただ、そこからどう自分が頑張ったのかなど、プラスのエピソードを簡潔に答えてアピールできるようにしておくのも、大切となります。

あなたの面接力はどのくらい?

人間関係構築力をアピールする際、身だしなみやマナーも意識する必要があります。また、自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、面接で高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?

それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。

留年した理系の多くは「就職留年」か「博士課程か」で迷う

就職がうまくいかなかった時に、理系の学生が悩みやすいのが、「就職留年」か「博士課程」か、です。就職留年はイメージがあまり良くないので、博士課程に進んだ方が、経歴的に就職もうまくいくのではないか、と考える理系学生は多くいます。そこで、実際にはどちらの方が良いのか、解説をします。

就職留年は理由さえ答えられれば大きく不利とならない

最初に知っておいていただきたいのが、就職留年はそこまで悪くない点です。新卒のまま就職活動を続けられますし、留年の理由は聞かれるでしょうが、そこでしっかりと答えられれば、大きく不利にはなりません。それよりも、就職を先延ばしにする目的で博士課程に進む方が問題です。そもそも博士課程はかなりハードですから、就職がうまくいかないからと、進んでこなせるものでもありません。また、そこから就職活動をするにしても、なぜ博士課程に進んだのか、得たものは何かなどの質問に上手に答えられず、うまくいかないケースもあります。

理系は留年率が高いので理由さえしっかりしていればあまり就職に影響しない

基本的に留年をしてしまったからといって、就職に大きな悪影響は出ません。特に理系学生であれば、尚更です。理系学生はそもそも留年が多く、企業側もそこまで気にしないものでしょう。また、就職留年をするか博士課程に進むか悩む理系学生も多いですが、就職がうまくいかないからと博士課程に進むのは、良い方法ではありません。就職留年でも、上手にやれば問題なく就職できます。ですので、甘い気持ちでハードな博士課程に進むのは、避けましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント