2016年11月29日(火) 更新

証明写真に適した服装と注意点【男女別】

履歴書の証明写真に最も大切な要素は「清潔感」

証明写真を撮る際にまず意識するのが、採用担当者の立場に立ち自分を客観視する点です。証明写真を見た採用担当者が「この人に会ってみたい」と思うのはどのような人物なのだろうといった視点を持ち、それを作り上げるのが大切でしょう。特に採用担当者が証明写真において感じるのは「清潔感」です。清潔感は服装に気を付けることによって表現できるので、工夫して取り組みましょう。

最も清潔感があるのはスーツの着用

良い第一印象を与える要素として大切なのが「清潔感」であるとはわかりましたが、証明写真に適した「清潔感のある服装」とはどのようなものでしょうか。清潔感があるからといってカジュアルな服装はタブーです。就職活動のための証明写真であるのを忘れてはいけません。証明写真はあなたの代わりに面接を受けている分身だと想定すれば、何を着れば良いかお分かりいただけると思います。ビジネスの場面におけるフォーマルな服装は「スーツ」です。証明写真の服装は「スーツ」を選びましょう。

同じスーツでも男女別で服装のポイントが異なる

証明写真に適した服装がビジネスの場面においてスーツの着用がふさわしいとわかりました。しかし、スーツといっても男性と女性では着こなしや演出するべきイメージが異なります。では、服装のポイントはどこを押さえればきれいに映るのでしょうか。

証明写真に適した服装のポイント【男性編】

まずは男性がスーツを着る際の服装のポイントを見てみましょう。

・スーツの色は黒、濃紺、ダークグレー
・Yシャツは白。ボタンダウン等は避ける
・ネクタイは派手にならないように(爽やかな印象のストライプ等が無難)
・Yシャツのボタンはしっかり留める
・ネクタイはしっかりと締める
・肩等にホコリや糸くずが付いていないか確認

証明写真に適した服装のポイント【女性編】

続いて女性がスーツを着る際の服装のポイントです。

・スーツかジャケットを着用(黒か落ち着いた色合いのものを選ぶ)
・インナーは白のYシャツか地味な色味の鎖骨が見える程度の空き具合のカットソー
・レースやフリル、またラメ入りや透ける素材のものは避ける
・アクセサリーは基本つけない
・シワやシミ、汚れ等が付いていないか確認

服装以外にも髪型や表情などに気をつける

服装で気をつけるポイントを見てみましたが、証明写真を撮る際は、服装以外の要素にも気をつけなければなりません。いくつかポイントを見てみましょう。

・髪型
男性は黒髪の短髪が好ましいです。女性は髪が長い場合は結んで1つにまとめましょう。結ばない場合は襟元に髪の毛がかからないように注意してください。また、前髪は眉毛にかかっていると暗い印象を与えてしまいます。横に流すなどしておでこを出しましょう。

・表情
歯を出して笑う必要はありませんが、口角をキュッと上げ軽く微笑む感じにしてください。明るく前向きな印象を与えましょう。また顎は軽く引き目は大きく開きましょう。

・姿勢
背筋をピンと伸ばし胸を張りまましょう。猫背では性格の暗さを感じ、やる気のない印象を与えかねません。

写真館での撮影や名前の記入も気をつけるべき点

証明写真に関する服装や身だしなみ以外にも気をつけるべき点はあります。

・証明写真は写真館で撮影する
就職活動の証明写真はできれば写真館でプロに撮影してもらいましょう。最近では撮影した写真のデータをもらえるお店もあります。どうしても時間や金銭的な余裕がない場合はスピード写真でも構いません。しかしその場合は少しでもきれいに撮れるよう機能のいいモードにするなど、細心の注意を払いましょう。

・写真の裏には必ず名前を記入する
履歴書に写真を添付する前に、必ず裏面にボールペンか油性のペンを使用しフルネームで名前を記入しましょう。万が一写真が取れてしまった場合でも誰の写真なのかが採用担当者にひと目でわかります。

清潔感が大事な証明写真は汚れやしわのない服装にして髪型や表情に気をつけながら撮影しよう

証明写真に適した服装や身だしなみについて説明しました。証明写真は冒頭でも触れたように、第一印象を左右する重要なものです。また就職活動の最初の段階であなたの代表として会社に行ってくれる大切な身代わりでもあります。採用担当者に「会ってみたい」と思わせることが何よりも大切です。面接に行くのと同じ意気込みで上記のポイントに注意して証明写真を撮りましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント