2019年06月11日(火) 更新

【就活はわからないことだらけ?】進め方ややりたいことの探し方

初めての就活はわからないことだらけ

初めての就職活動はわからないことだけです。わからないと、だんだん不安になってきます。しかし、それは当然で自然なことといえるでしょう。初めてのことは、だれしもやり方がわからないものです。初めから「わからない」ということを不安がるのではなく、「わからないのは当然。それなら、今からできる準備をしよう」と考えると、大分楽になるでしょう。やりたいことがわからない就活生は、就活の始め方がわからないのと同じといえます。就活のスタートラインに立ったのはいいものの、右も左もわからない状態で心細くなっているのでしょう。思いつめていてもさらに大きな不安を抱えるだけなので、まずは行動を起こしてみることが大切といえます。

やりたいことがわからないのは自然な悩み

就活が始まると、「自分が何をしたいのかわからない」「やりたいことがないから就職先が決められない」と悩む就活生が多くいます。しかし、社会に出て働いた経験がない就活生にとってそれはごく自然な悩みであり、深く考える必要はありません。誰しもが通る道なので、周りの学生が就活を進めていたとしても「何がしたいかわからないから、自分はダメだ」と思わないようにしてください。

就活の始め方がわからないのと同じ

やりたいことがわからない就活生は、就活の始め方がわからないのと同じといえます。就活のスタートラインに立ったのはいいものの、右も左もわからない状態で心細くなっているのでしょう。思いつめていてもさらに大きな不安を抱えるだけなので、まずは行動を起こしてみることが大切です。

疑問①進め方がわからない

現状:何から始めたら良いのかわからない

就職活動を始めた頃は、「何から始めたら良いのかわからない」ということがあります。就職活動のやり方についての情報を調べると、とにかく無数の情報が錯綜しています。「まずは自己PRをやったほうがいい」「とにかく合同説明会に行ったほうがいい」「業界研究をしたほうがいい」「エントリーシートの添削をすべき」等、さまざまです。また、昨年就職活動をしていた先輩に聞いてみたような場合も、あの先輩はこう言っていたが、こちらの先輩はこう言っていた等と、人によってやり方が全くちがうことも多いでしょう。こうした情報をひとつひとつ鵜呑みにしてしまうと、余計に何から始めたら良いのかを見失ってしまいます。

解決策:スケジュールを立てる

この「何から始めたら良いのかわからない」という事態に対しては、スケジュールを把握するところから始めるのがよいです。まずは、客観的で公平な情報や意見をもらえる場所、つまり就職支援課等で通例の就活スケジュールを聞きましょう。説明会、書類選考、面接、内定等の大まかな時期を教えてもらえます。ただ、このスケジュールは業界や会社毎にかなり違いますので、もしも受けたい企業が決まっているのなら、その企業のスケジュールを把握したほうが良いです。企業のスケジュールは、ホームページや就活用サイトなどに概ねのスケジュールがのっています。また、詳細なものについては説明会に行くのがよいです。スケジュールを把握できれば、それに合わせて準備を始められます。

解決策:選考試験の練習をする

練習をすると、受けたい企業が決まった時に選考内容を見て焦ることはない。
何を始めたらいいのか分からない、ということに対しての対策の二つ目としては、選考試験の練習をすることです。例えば、SPI等の筆記試験については事前準備がしっかりできればできるほど安心して望むことができます。また、面接についても同様です。事前に内容を練り、第三者を相手に面接の練習をしておくことで、過剰な緊張をせずに本番を迎えることができます。逆に、これらの選考については、準備をせずに臨んでしまうと、思っている以上に動揺をします。筆記ならば「時間が足りない」面接ならば「思っているような言葉が出てこない」等です。準備さえしておけば、一定以上のレベルを保てるようになりますので、これらの対策は早めに始めましょう。

疑問②やりたいことがわからない

現状:やりたいことがないorありすぎる

ひとくちに「やりたいことがわからない」といっても、実は2つの場合があります。1つ目は、「やりたいことがない」場合です。学校生活では、授業、テストなど、やるべきことは基本的に誰かから与えられてきました。そのため、いざ就職活動の時期になって「やりたいことはなにか」「やりたいことに合った会社を選べ」と言われてもわからなくなってしまうのです。もう1つは逆にやりたいことがありすぎる場合です。どの業界や会社の話を聞いても興味を持てる、または、「あれもやりたい、これもやりたい」という性格の場合、ものごとの優先順位が分からなくなってしまいます。どちらにも共通しているのは、「何から手を付けるべきなのかが分からない」ということです。

解決策:自己分析をして探す

まず、やりたいことがない場合の解決策です。これについては、「自己分析をして探す」ということが向いています。「やりたいことがない」と言いますが、実際にやりたいことがまったくないということはありません。今までの人生の中で夢中になったもの、好きだったこと、得意だったこと等を思い出しましょう。例えば、昔から車のことだけはやたら詳しかった、語学の習得がとても得意である、人に誰かを紹介してつなぐのがとても好きといいったことです。急に思い出せないという方は、小学校のころからの年表を作り、この頃は何に熱中していた、どんな友達がいてどんな遊びをしていたか、部活をしていたか、何故その部活に入ったのかを振り返るとやりやすくなります。このように自己分析をすると、やりたいことのヒントが見つかります。

解決策:取捨選択をする

もう一つは、やりたいことがありすぎる場合の解決策です。これについては、続けられそうなもの、もしくはこれから技術を伸ばせそうなものを選択するのが有効です。やり方は、実はやりたいことがない場合と似ており、やはり今までの人生で熱中したものや得意だったものを洗い出します。ここでの注意ポイントとしては、その中でも長続きしたもの、もしくは途中で変わったが要素は似ているものを抽出することです。例えば、高校の時に英会話サークルに入り、大学の時に海外ボランティアサークルを始めたような場合、海外との接触、外国の方との交流に関心が高いことは分かります。こうした作業を続けていると、自分が何に対してたらより長く関心を傾けられるのか、向いているのか、ということがだんだんと分かってきます。

解決策:新聞や業界誌を読んで視野を広げる

やりたいことがわからない就活生は、自分の知っている業界・企業の中だけで就職先を見つけようとしている可能性があります。新聞や業界誌を読み視野を広げることで、就職先の選択肢を増やしましょう。新聞を読むと、自分の知らない業界で新しい事業を始めることが書いてあるかもしれません。業界誌には、消費者として表面しか知らなかった業界の仕組みなどが、詳しく書いてあります。蛍光ペンや付箋などを用意して、興味のある部分には線を引くようにすると、読み終わった後に確認することが可能です。

疑問③何をすれば良いのかわからない

現状:何かしないといけないのはわかるが行動できない

「やりたいことが分からない」「やりたいことが多すぎる」の他に、もう一つ行動できないパターンがあります。それは、何かしないといけないのはわかるが行動できないパターンです。行動できない理由には大きく「しないといけないことがわからない場合」と「しないといけないことは分かっているが行動するのが億劫である」場合があります。前者の場合は、前述したようにスケジュールを把握することでやるべきことが見えてくるので行動できます。問題は後者です。後者の場合は、何故億劫なのかを深掘りする必要があります。例えば、「とにかく就職活動というものが面倒くさい、努力したくない」場合と、「失敗をするのが怖くて失敗するくらいなら取り組みたくない」という場合では、とるべき対策は変わってきます。

解決策:必ずやっておくべき行動を知る

「しないといけないことが分からず、行動できない」人の場合は、とにかく必ずやっておくべき行動を知ると、行動に結びつきやすくなります。この必ずやっておくべき行動とは、「自己分析」「職種の選択」「書類の作成方法の勉強」「面接練習」「説明会」です。「自己分析」は書類の作成や面接、職種選択、会社選びに直結するのでまず必要です。ここで自分のやりたいことやできることが見えてきたら、今度はそれを通過するように書類の添削をしてもらい磨く、面接の練習をし正しく魅力的に伝わる練習をする、というふうに繋げていきます。もう一つ忘れてはいけないのが、説明会を予約することです。どんなに練習しても、説明会にいけないと選考に参加できないことがほとんどです。人気企業の場合、募集から数分で満席になってしまうこともありますので、スケジュールを確実にチェックしましょう。

解決策:OBOG訪問をする

「しないといけないことは分かっているが億劫で行動できない」人は、OBOG訪問をして、先輩に聞いて参考にすると行動しやすくなります。このタイプの人の場合、「今行動するメリットや必要性」を実感できていないケースがほとんどです。その時、先輩から直接「今申し込まないと、良い企業は〆切終わってしまうよ」「今の時期から対策しておいたほうが通過率が高くなるよ」等とアドバイスをもらえると、実感をもって危機感をもつことができます。また、OBOG訪問には、その会社の生の情報、実際に働いてみてどうなのか、という説明会や求人票では知ることのできない情報を手に入れることができるのもメリットです。一点注意点としては、その訪問自体が選考を兼ねているケースもあるため、質問する内容は予め用意をし、失礼がないようにしてください。

就活中の企業との連絡方法がわからない

現状:電話やメールのマナーを知らない

就活中の企業とは申込み、キャンセル、予約、OBOG訪問の依頼等様々なやり取りが発生しますが、その時に電話やメールのマナーを知らないため動けない、ということがあります。特にLINEやメッセンジャー等が連絡手段のメインとなった今では、電話を使って連絡をすることには大きくハードルがある人も多いことでしょう。しかし、ビジネスの世界では電話は日常茶飯事ですし、メールもルールを守ってしっかり送る必要があります。就職活動は就職のための活動ですので、そのマナーがあるということを、選考を通して相手に伝えるためにも、電話やメールのマナーを正しく知っておくことは重要です。以下に、電話を使うときはどのような場合なのか、メールを書くときには何に注意すればいいのかをまとめましたので、参考にしてください。

解決策:急ぎの用は電話が良い

電話のマナーの基礎として「急ぎの用は電話が良い」ということを心に留めておくと良いです。電話には、直接話せた=その情報がもう相手に伝わっていることが確認できる、というメリットがあります。そのため、急ぎの連絡の場合は電話が望ましいのです。他にも、電話にしたほうが良いケースがあります。それは、何か企業にとってマイナスの連絡をする場合、つまりこちらが謝罪をするようなケースです。つまり、辞退の連絡等は電話ですることは望ましいです。電話は実際に声で話すので、断る際の申し訳ない気持ちも伝わりますし、相手にも言いたいことがある場合もきちんとそれを受け止めることができます。逆に、そのような大事な場面でメールで済ますような場合、大変なマナー違反となります。

解決策:メールはわかりやすい件名にして送る

緊急でない場合の企業への連絡は基本的にメールでよいです。メールのメリットは、相手が手が空いた時に見ることができる、という点です。とはいえ、相手は企業の担当者で大変忙しく、たくさんの応募者の問い合わせに対応しています。そのため、メールを送る場合は題名を見ただけで大体の内容が分かるようなものにするのが望ましいです。例えば、「お伺いしたいこと」とだけ書いてあると、急いで返信をしたほうがいいことなのか、重要なことなのかそうでないのかも、文章を読まないとわかりません。しかし、「明日の説明会の持ち物について」「面接時間変更のお願いについて」等要件をわかりやすくしておくと、受け取った担当者は題名を見ただけで大体どんな問い合わせなのかを把握することができます。

やりたいことがわからない就活生が考えるべきこと

強みと仕事を結びつける

何がしたいかわからないときは、自分の強みや将来の希望と結びつけてみましょう。志望動機で企業にアピールすべきポイントは、「同業他社の中でその企業である理由」「その企業でこそ発揮できる自分の強み」です。何がしたいかわからないと迷いながら就活を進めている人は、この点を考えてみましょう。

やりたくないことを考える

やりたいことがわからないなら、仕事としてやりたくないことを考えてみるのもアリでしょう。やりたくないことを、紙にすべて書き出してみてください。企業に入社した後に、「こんなはずじゃなかった」「こんな仕事はやりたくない」とミスマッチを起こさないためにも、自分のやりたくないことを具体的に把握しておきましょう。

業界マップを読む

「人気21業界丸わかりMAP」は、就活生に人気の高い21業界200社以上の情報を一気に読むことができます。知らない業界のことでも、少し見聞きしておくだけで、第一志望の業界との関連性が見えてきたり、アイデアが生まれてくる可能性があります。
無料ダウンロードで「業界丸わかりマップ」を読み、就活を有利に進めましょう!

就活で進め方がわからない場合は就職支援課やOBOGを頼ろう

やりたいことがわからない就活生は、会社説明会やOB・OG訪問に参加するなどの行動を起こしましょう。「やりたいことがわからない」と考え込んだままでいると、ネガティブ思考に陥りますます行動を起こせなくなるかもしれません。そういった際には、新聞や業界誌を読み視野を広げることで、選択肢を増やしましょう。自己分析をすると、自分の本質を知ることができます。業界・企業研究や自己分析などの要素を組み合わせて、やりたいことを見つけ出しましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

<東京&大阪&名古屋>【月収30万円】東証一部上場「オープンハウス」の説明選考会【2年目で年収1000万も】
  • 2020年卒
  • 会社説明会

<東京&大阪&名古屋>【月収30万円】東証一部上場「オープンハウス」の説明選考会【2年目で年収1000万も】

  • 開催場所: 大阪府
  • 開催日時: 2019/06/22
  • 大手企業のオープンハウスがエントリーシートなしで、いきなり面接へと繋がる説明選考会を開催いたします。

    134905 view

    <選考直結>東京・神奈川勤務希望の方へ。地域に密着した優良企業の説明会
    • 2020年卒
    • 会社説明会

    <選考直結>東京・神奈川勤務希望の方へ。地域に密着した優良企業の説明会

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時: 2019/07/05
  • 東京・神奈川勤務希望の方へオススメの、地域に密着した優良企業の説明会です。

    5466 view

    \最高の就活スタートを切りたい方へ!/ より深い自己分析ができる<キャリアエスコートセミナー!>
    • 2021年卒
    • インターン説明会

    \最高の就活スタートを切りたい方へ!/ より深い自己分析ができる<キャリアエスコートセミナー!>

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時: 2019/06/29
  • より深い自己分析ができるキャリアセミナーをあの大手企業が開催! 最高の就活スタートを切りたい方、モヤモヤを抱えたまま就活している方へオススメです。

    8488 view

    もっと見る

    おすすめの就活イベント