2016年11月25日(金) 更新

長期インターンシップを行うメリット

長期インターンシップのメリット①入社時に同期より有利になる

まず1つめのメリットとして、長期インターンシップは短期のインターンシップに比べて、就業期間が長くなるので、その経験を入社時に活かせるメリットがあります。短期でのインターンでは、期間に制約がある以上、実際の仕事を経験させるのが難しいのです。その分、長期インターンシップはしっかりと腰を据えられるので、入社時に同期より優れた人材となっている可能性が高いのです。

短期は「体験」長期は「経験」

長期インターンシップでは、実際の仕事と同様の経験を積めるというメリットがあります。対して、短期のインターンはグループワークやディスカッションなど、社内での会議など経験などを通して、仕事を”体験”するというようなイメージで捉えられるレベルなのです。
長期インターンシップの場合は、実務をしながら仕事を覚えていく過程をこない、仕事の”体験”ではなく”経験”を積むイメージでスキルを伸ばせます。
この点で、長期インターンシップは圧倒的にメリットが多く、仕事に多く関われる分、入社維持に経験の差として出るのです。

長期インターンシップのメリット②社会人の基礎スキル取得

長期インターンシップのメリットの2つ目は、社会人としての基礎スキルが取得できる点です。長い期間を会社で過ごすので、図らずともビジネスシーンで役立つスキルや能力はもちろん、ビジネスマナーや基礎知識が確実に身につくのです。

同期より昇進が早くなる

長期インターンシップでは、上記でも説明したように業務や仕事を経験できるので、将来絶対に必要なスキルや能力を伸ばすことができるのです。こういったスキルは本来、新人研修などで時間をかけて教えねばならない項目なので、それを学生時代に身に付けておけるのは、とても貴重なのです。
当然ながら、企業としても最初から基本ができている人材は、早くから現場に投入できるのでメリットを感じます。どんどん社会人として揉まれていけば、同期より遥かに早く昇進できる可能性もあります。

長期インターンシップのメリット③就活で圧倒的に有利

長期インターンシップを通じて得られる3つ目のメリットは、就活で圧倒的に有利になる点です。インターンシップとはいえ、あなたは1人の社会人として見られます。会社の評価にも繋がるので、ほとんどの場合は現役社員から物事を教えてもらえるので、吸収が早まります。
そうしていく中で、一生懸命努力して実績を積めば、企業からの評価は上がり、他の人材よりも欲しいと思ってもらえます。またその経験は、間違いなく大きな武器となるのです。

内定獲得率が大幅アップ

現在の日本の経済状況は、とても良いとはいえません。経営が厳しい企業は多く、また第三次産業から第四次産業にまで拡大しているビジネスのカタチを見てみても、企業間での差別化や競争も激しさをましていますので、企業努力を求めるニーズの水準も非常に高くなります。企業も新卒といえど、即戦力の人材を求めるのです。
そういった時代背景の観点から見ていくと、長期インターンシップを通して得た経験をすぐに企業で活かせるため、このメリットがいかに重要なものか分かるでしょう。実際に、長期インターンシップを通して、企業に認められて内定をもらったという例は、どんどん多くなっている現状なのです。

長期インターンシップのメリットは内定獲得率が大幅アップ!

今回は、長期インターンシップのメリットについて紹介してきましたが、学生時代にインターンで経験積むという流れは、いまの時代はそう珍しいものでは無くなってきていると認識しましょう。
そう考えると、他の就活生と差別化を図れるという意味で、長期インターンシップには大きなメリットがあるのです。社会人としてのマナーが身に付く、同期より有利になるといったメリットもありますが、それらは全て企業に入れてからの話です。長期インターンシップで得られる何よりも大きなメリットは、内定獲得率が大幅アップするという点だと覚えておきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

D770237c86312a68

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント