2016年11月29日(火) 更新

内定者から学ぶ面接後に実施したい振り返りの方法について

面接後に振り返りを行う意味とは

就職活動中は、何十社もの面接を受けなければなりません。面接続きで疲れてしまい、面接後に振り返りをする余裕はないという就活生が大半ではないでしょうか?
しかし、早々に内定を獲得した就活生は、面接後に必ず振り返りを行っています。面接後に振り返りを行う意味について、まずは説明しましょう。

面接における自分の問題点を把握する

面接後に振り返りを行う意味は、自分の問題点を把握することです。
就活の面接がいつもうまくいかないなら、かならず原因があります。面接の内容を振り返り、改善点を探りましょう。改善点を修正し、次の面接へ。内定が取れるまでこの作業を繰り返し、面接の質を向上させ、内定獲得を目指しましょう。

内定者が行っていた面接後の振り返りの方法とは

面接後に行う振り返りの方法についてご説明しましょう。必ず振り返ってほしい要点について見ていきます。振り返りを行う時に参考にしてください。

振り返りの方法①:質問内容と回答を書き出す

面接官から質問された内容と、質問に対する自分の回答をすべて書き出しましょう。覚えている限り、細かく書き出してください。質問に対して的確かつ効果的な回答ができていたかがわかります。
質問に回答した時の面接官の表情も、思い出せるなら書いてください。表情の良し悪しで、面接官はどのような回答を期待していたのか、つまりその企業がどのような人材を求めていたのかがわかります。

振り返りの方法②:面接でのやりとりを採点する

書き出した質問に対する回答に点数をつけましょう。点数をつけることで、改善点を見つけやすくなります。質問に答えただけなら0点、答えたうえで企業の求める人材であると宣伝できたら1点という感じに採点しましょう。
次の面接では、その総合得点を超えられるように対策をしてください。

振り返りの方法③:良かった点と悪かった点をまとめる

就活の面接でのやり取りを書き出し、採点したことで自分の問題点は把握できます。次の面接までに改善しておきましょう。
面接がうまくいかなかったとしても、問題点ばかりではないはずです。面接で「ここはよくできたな」と思う点を書き出しましょう。
良かった点と悪かった点をそれぞれ書き出すことで、得意なことと不得意なことが明確になります。良かった点は次の面接でも活かせるようにしましょう。

内定者は先輩などにフィードバックをもらっていた!

就活を経験した先輩や実際に内定を獲得した人に、面接内容を説明してフィードバックしてもらいましょう。経験者のアドバイスは役に立ちます。

自分では気づかない長所や改善点がわかる

客観的に面接内容を見てもらうことで、自分では気づかなかった改善点を指摘してもらえることもあります。
改善点だけでなく、見逃していた自分の長所や面接で良かった点も気づいてもらえるかもしれません。長所や良かった点が増えることは、就活や面接においては大切な武器になります。
自分1人だけで振り返りの方法を実践するのではなく、アドバイスをくれる第3者に協力してもらいましょう。

面接後の振り返り方法でもっとも大切なのは質問と回答を見直すこと

内定者から学ぶ面接後に実施したい振り返りの方法をご紹介しました。面接がうまくいかなくて悩んでいる方は、ぜひ実践してみてください。

面接は、最初から上手くはいかないものです。早々に内定を獲得している就活生は、面接後に振り返りを行い、問題点を見つけて改善をすることで早いうちに内定を獲得したのです。振り返りの方法を実践し、内定獲得を目指しましょう。
特に面接の質問と、自分の回答を見直すことがもっとも重要です。「どうしてこんな回答をしてしまったのだろう」と落ち込むかもしれませんが、その失敗を次の面接で活かすことが大切なのです。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

F0236d146680c72d

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント