2019年11月25日(月) 更新

グループ面接の後に送るべきお礼メール|送るタイミング・書き方・例文を紹介

グループ面接後のお礼メールはその日中に送ろう

就活で面接が終わった際はお礼メールを送る人も多いでしょう。お礼メールは必ず送るべきではありませんが、内容やマナーによっては採用される可能性が高くなる可能性があります。内容も重要ですが、まずはお礼メールを送るタイミングについて確認しておきましょう。

お礼メールはグループ面接が終わったその日に送る必要があります。就活のメールは返信だけでなく、お礼の時でも24時間以内に送ることを心がけましょう。その時の熱が冷めない内に感想、アピールしたい内容をまとめて送ることをおすすめします。

お礼メールの内容は簡潔に書くのが大事

グループ面接後のお礼メールは簡潔に書きましょう。お礼メールで感想や熱意をたくさん伝えたいと思うかもしれませんが、採用担当者にあざといと思われるとかえって逆効果です。あくまでグループ面接の時間をとってもらったお礼、そこでどんなことを考え、感じたのかを書くくらいがちょうどいいでしょう。

グループ面接のお礼メールはまず件名で内容がわかるようにし、宛名、自分の名前、挨拶、本題という構成がおすすめです。採用担当者は大量のメールを受け取るため、件名だけでどんな内容のメールかわかる方が親切だといえます。そして特に宛名、本文は誤字のないように送信する際はしっかり確認しましょう。

メールや電話でのマナーを確認する

就活中は、企業にメールを送ることや電話をかける機会が多くあります。これらは、ビジネスマナーをきちんと守ることが大切です。メールや電話のマナーは社会人として必要なスキルでもあるため、就活中から身に付けておくといいでしょう。マナーを身に付けるために目を通しておきたいのが「就活マナーマニュアル」です。就活に必要なマナーが網羅されており、メールや電話のマナーについても詳しく掲載されています。日程調整などのメール例も紹介しているため、確認しておくと役立ちます。 無料でダウンロードして、電話やメールでの失敗をなくしましょう。

グループ面接のお礼メール例文

グループ面接や集団面接のお礼メールを送る際は、全てテンプレで書けばいいというものではありません。テンプレをベースにすることは構いませんが、自分の言葉で感想やちょっとしたアピールをしましょう。ぜひ、例文を参考にしてみてください。

お礼メールの例文


件名:1次選考お礼 〇〇大学 名前

●●株式会社
人事部 採用担当 ○○様

お世話になっております。■■大学の△△と申します。

本日はお忙しい中、グループ面接の機会をいただき誠にありがとうございました。
短い時間ではありましたが、ありのままの自分を伝えられたのではないかと思っております。

最初に私たち学生が緊張しないような話題を提供してくださり、非常に話しやすい雰囲気の中で面接に臨むことができました。
面接中は本音で話すことができ、より貴社で働きたいという思いが強くなりました。

ぜひ次の機会でも、貴社の皆様にお会いできれば幸いです。
引き続きよろしくお願いいたします。

△△大学△△学部△△学科
●●●●(名前)

グループ面接が終わったら例を参考にその日中に簡潔な内容でお礼メールを送ろう

グループ面接後はその中にお礼メールを送るようにしましょう。マナーや意気込みを伝えるチャンスです。しかし、お礼メールで過剰なアピールをしてしまうのはかえって逆効果となるので、簡潔に書くことを心がけましょう。ぜひ、例文を参考にしてみてください。実際はテンプレのまま送るのではなく、テンプレをベースにして自分の言葉で考えることが大切です。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

個別面談へご参加ください
  • 19年卒
  • 20年卒
  • 22年卒
  • 23年卒
  • 21年卒
  • 18年卒
  • 24年卒
  • 就活サポートサービス

個別面談へご参加ください

個別面談へご参加ください

43137 view

おすすめの就活イベント