2020年06月24日(水) 更新

【インターンシップ】エントリーから参加までの流れを完全網羅|企業に提出するエントリーシートの書き方もご紹介~個人情報・学歴・志望動機・自己PR~

インターンシップへ参加するにはエントリーしないといけない

インターンシップに参加したいと思っている就活生は多いでしょう。第一志望の企業なら、なおさらです。そんなインターンシップですが、参加するには、エントリーしなければなりません。ここでは、インターンシップのエントリーから参加までの流れと、エントリーシートの書き方をご紹介します。

インターンシップのエントリー方法は2つ

就活サイトからエントリーする

インターンシップにエントリーするには、2通りの方法があります。1つ目は、マイナビなどの就活サイトからエントリーする方法です。就活サイトには、インターンシップを実施している多くの企業が掲載されているので、参加したい分野の選択肢が広がるでしょう。就活サイトでのエントリーのやり方は、参加したい企業のインターンシップ申込ページで、基本項目を入力するだけです。インターン実施日を比較しながら選べるので、たくさん参加したい就活生におすすめでしょう。

就活サイトのインターン申し込み画面に記載されている基本項目

  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 所属大学・学部
  • 連絡先
  • 卒業年

企業ページからエントリーする

2つ目は、参加したい企業のホームページから直接エントリーする方法です。この方法は「この企業のインターンシップに参加したい」と、あらかじめ決めておくことが求められます。企業ページからエントリーするには、まず参加したい企業のホームページにアクセスし、インターンシップの情報が載っているページを探しましょう。そこで企業側が作成した質問に答えてエントリーするのです。メールでエントリーを申し込む形式をとっている企業もあるので、事前にエントリー方法を確認しておきましょう。

企業サイトのインターン申し込み画面に記載されている質問例

  • 参加希望の日時
  • 参加したいカリキュラム
  • 性格・趣味・特技など個人に関する質問
  • インターンシップ応募の理由
  • 自己PRしたい項目
  • インターンや企業に関する質問

企業ページからメールでエントリーする際の注意点

件名はメールの内容が分かるものに

企業ページからメールでエントリーを申し込む場合、注意点がいくつかあります。1つ目は、メールの件名です。企業の担当者は、毎日膨大な量のメールを受信しています。そこに件名が入っていないメールが来たら、内容を見て何の連絡なのか確認しないといけません。件名だけでどういった内容のメールなのかが分かるようにしましょう。その際、シンプル過ぎる件名はNGです。以下の通り大学名、名前、用件の3要素が書き込んでください。

メールの件名

×「インターンシップ 応募」
○「〇〇大学 〇〇 インターンシップの応募について」

本文は宛名で始まり署名で終わる

2つ目の注意点は、本文の書き方です。友人とメールをするときはあまり意識しませんが、本文の書き方にもマナーがあるのです。それは、「宛名で始まり署名で終わる」ということです。宛名には、メールを送る会社名・部署名・担当者名を書きます。それぞれ正式名称で書きましょう。そのあとに、インターンシップに参加したい理由を書きます。最後の署名には、自分の氏名・電話番号・学校名・学部名・学科名を入力しておきましょう。

エントリーメールを送るタイミングは朝が無難

3つ目の注意点は、メールを送るタイミングです。エントリーのメールを夜送るのは、社会人としてマナー違反です。最低でも、企業の営業時間内に送るようにしましょう。ほとんどの社会人は、朝にメールを確認することが多いので、エントリーのメールは営業が始まる朝に送るのがおすすめです。

通過するエントリーシートを作成する

インターンの選考に通るためのESを作成するために、実際の通過者のESを参考にしましょう。そこで活用したいのが「インターン選考通過者が実際に提出したES集」です。JALや日清製粉、三菱UFJ銀行や大正製薬などの通過者が提出したESを無料でダウンロードできます。設問の内容も確認できるため、事前の対策として持っておきたい資料です。

エントリー後は選考内容を確認する

エントリーした後、多くの企業で選考がおこなわれます。一般的なインターンシップ選考の種類は、webテスト・グループディスカッション・面接の3つです。大手企業や有名企業は応募者が増えるので、二次面接・三次面接と選考の種類が多くなる可能性があります。しっかり対策しておきましょう。また、応募者の関心を測る指標の1つにエントリーシートがあります。エントリーシートは選考に用いられることもあり、重要な役割を担っているのです。

ほとんどの企業がエントリーシートの提出を求めている

エントリー時に提出する

就活生の関心を測る役割があるエントリーシートは、ほとんどの企業が提出を求めています。しかし、エントリーシートを提出するタイミングは、企業によって違うのです。応募人数が多い企業はエントリー時に提出を求めることが多く、それを用いて書類選考をする可能性もあります。志望動機や自己PRを書くのが一般的ですが、内容を指定されるケースもあるので、事前に確認しておきましょう。また、エントリーシートを郵送するときのマナーにも、注意が必要です。

選考を受けるときに直接提出する

エントリーシートの提出方法は郵送だけではありません。面接を受けるときに直接提出することもあります。直接提出する場合も、エントリーシートをもとに人間性を見られるので、自分をアピールできるような内容を書かなければいけません。続いての項目で、インターンシップ参加のカギを握るエントリーシートの基本的な書き方を、ご紹介します。

インターンシップに提出するエントリーシートの項目別書き方

①個人情報・日付・証明写真

個人情報や日付を書くスペースでは、指定されたものを丁寧に書きましょう。注意すべき点は、日付とふりがなです。日付は履歴書を書いた日ではなく、提出日を書いてください。ふりがなは、エントリーシートに書いてある、「ふりがな」の表記が「カタカナ・ひらがな」どちらかを確認したうえで記入してください。
証明写真の裏には、油性ボールペンやサインペンで自分の名前と学校名を書きます。そうすることで、証明写真が剥がれ落ちた時に、誰の写真なのか判別できるようになります。証明写真を貼り付けるタイミングは、すべて書き終えた後にしてください。

②学歴・職歴欄

学歴は、中学校の入学から書いていきます。1行目の中心に「学歴」と書くのを、忘れないようにしましょう。学校名は「〇〇高校」と省略せず、「〇〇高等学校」と正式名称で書かなければいけません。また、公立の場合は「○○県立」、私立の場合は「私立」と記入してください。職歴についてですが、アルバイトは職歴に含まれないため書かないようにしましょう。

③志望動機

志望動機には、「なぜその企業のインターンシップを受けたいのか」という理由を書きましょう。その理由に至った具体的なエピソードがあると、説得力が増します。企業が求める人物像にあまりにもかけ離れていると、人事担当者に「違う企業の方が合っているのではないか」と判断されかねません。なるべく求める人物像に沿った強みや長所を、アピールしましょう。

④自己PR

自己PRは、企業に自分を売り込むためのものです。「私はこういう人間です」と、一番伝えたいことを最初に書きましょう。つづいて、その理由にエピソードを添えて書いてください。成長したことや得たものを書くと、より魅力的な自己PRになります。注意すべき点は、文章の様式です。「ですます」調に統一して書きましょう。

エントリーを取り消す場合は直接連絡する

インターンシップにエントリーした後に、「別の企業のインターンシップに参加したくなった」などの理由で、取り消したくなることもあるでしょう。そのようなときは、取り消しの連絡をする必要があります。一度エントリーを申し込んでいる訳ですので、取り消しの連絡は失礼のないようにしなければいけません。連絡手段はメールでも問題ありませんが、重要事項なので極力電話で伝えるようにしましょう。

インターンシップ参加はエントリーから!選考情報を知り対策を立てよう

インターンシップのエントリーから参加までの流れを、ご紹介しました。インターンシップは、エントリーした後に選考があり、それを突破して参加できるようになります。多くの企業でおこなわれる選考で重要になるのが、エントリーシートなのです。参加したい企業のインターンシップ選考はどんなものがあるのかチェックして、しっかり対策を立てておきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

9899017fe3c2a1fa

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント