2019年07月31日(水) 更新

【自分に合った仕事の見つけ方】おすすめの適職診断テスト9選付き

自分に合った仕事を見つけることは簡単ではない

一般的に言われる「自分に合った仕事」「自分の適職」「天職」というものは、なかなか自分で発見できるものではありません。

仕事はただ楽しくワクワクするだけのものではなく、労働を企業に提供しその対価を受け取ることが基本です。仕事をするからには、成果を上げ、会社に貢献する人材になることも重要です。

自分の適職を見つけ、その仕事をすることができれば、能力を充分に発揮できます。そうすると、自分自身が達成感ややりがいを感じるだけでなく、会社にとっても欠かせない人材になる可能性が高くなります。つまり、いかに自分に合う仕事を選ぶかどうかは、自分だけでなく会社にとっても大事で、就活する上でも大切なのです。

自分に合った仕事を見つけるには項目ごとに希望を書き出す

自分に合う仕事とは何だろう?と考えてみて下さい、と言われたときにすぐに答えがでる人は少ないかもしれません。そこでおすすめしたいのが、最初に自分が仕事をする上で重視することを項目ごとに書き出す方法です。

紙やパソコンなどに自分が望んでいる「希望勤務地、転勤の有無、希望職種、希望年収」をまず書き出してみましょう。これはあくまでも自分の希望ですので自由に書いて構いません。

そしてその後に、冷静に自分ができることと照らし合わせてみましょう。自分ができることとやりたいことがあまりにもかけ離れていると、現実離れしたものになってしまうからです。

希望を書き出したあとは、自分ができること、評価されたことがある技術やスキル、取得した資格、なども書き出し、総合的に自分の適職を判断するようにしましょう。

優先順位を決める

自分の仕事の希望を紙などに書き出したあとは、その中でどれが自分にとっての優先順位なのかを決める作業をしていきましょう。

もちろん、作成したリストの項目を全て満たす会社や仕事が見つかればいいのですが、可能性としては非常に低いです。大切なのは、リストアップした項目の中で自分が最優先に考えるもの、これだけは譲れない条件は何か、を決めていくことなのです。

たとえば、とにかく給料のいい企業で働きたいのであれば、年収を優先順位に会社を選ぶ方法となります。また、残業が少ない仕事であれば、しっかりと残業管理をしている会社や、もともと残業がない性質の仕事を選ぶ・土日の休みを最優先とするならば、平日が休みの会社やサービス業は避ける、などの選び方になります。

これらの最優先事項を決めておくと、複数の会社から最後に自分が会社を選ぶ場面で、迷わずに選択ができるのです。

適職診断は効率的に仕事探しを手伝うツール!

適職診断テストはあなたの仕事探しをお手伝いするツールです。仕事探しで迷ったあなた、適職が分からない方、忙しくてなかなか仕事探しが出来ない方は、自分の仕事の傾向を探すためにも、適職診断ツールを活用してくださいね!

自分に合った仕事の見つかる適職診断9選!

仕事選びはみんな迷うものです。その悩み解決の手助けになるのが「適職診断」です。客観的に見て、得意不得意を見つけるのに適職診断は役立ってくれます。合う仕事が分からないと言う人はぜひ、適職診断をしてみてください。合った仕事を見つけましょう!

自分に合った仕事は譲れないものから決め診断ツールを使ってみよう

自分に合った仕事・適職を見つける方法は、上記で取り上げた方法以外にもいつくかやり方があります。当サイトでも数々の仕事の診断ツールをご紹介しています。上記の適職診断9選などを使って、客観的な視点から自分の適職を探る方法も活用してみてはいかがでしょうか。

また、全国の市町村にあるハローワークにも適職診断を実施していますので、窓口に一度相談してみることもおすすめです。自分が考える適職と診断ツールの結果から、客観的に比較してみると、「一体自分にはどのような仕事が向いているのか」についての答えが見えてくるでしょう。この作業は就活をする上でのベースになりますので、就活前に実践することをおすすめします。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント