2019年10月15日(火) 更新

OB訪問後に内定報告をする際の正しい方法とマナー

OB訪問後に内定報告をする際のマナー

OB訪問後に企業から内定をもらったら、内定先、内定先以外のOB問わず、貴重な時間を割いて、親身に話を聞いてもらった人へ感謝の気持ちを、報告しましょう。

内定先・以外でお世話になったOBへも報告すること

OB訪問をした会社に就職できるケースはそう多くありませんよね。ほかの会社に就職が決まったからといって、もう関係ないと内定報告を伝えないのはマナー違反です。忙しい中、OB訪問に時間を割き、さまざまなアドバイスをしてくれたOBの方にはしっかり報告するように内定報告をするようにしましょう。

内定報告と一緒に感謝の気持ちを伝えよう

OB訪問によって得られたことをしっかり伝え、それについて感謝の気持ちを伝えましょう。OBとしてアドバイスしてもらった内容や、考え方が変わったこと、実際に働くということを垣間見て現実感が一気にでた、など就活で役だった具体的な内容も伝えると親密感があっていいでしょう。また、新社会人としての抱負も伝えると喜ばれます。

企業から内定をもらい、気持ちが舞い上がってOB訪問でお世話になったOBへ内定の報告だけをして、肝心な「ありがとうございました」という感謝の気持ちをつた忘れる人が実際にいます。内定の報告と感謝の気持ちを伝えるのはセットです。気を付けましょう。

内定報告以外に必ず伝える必要がある4つの項目

どんな方法でOB訪問後に内定報告を伝える際には、必ずOBへ言わなければいけない項目が4つ決まっています。その4つを下記に紹介しますので、しっかりとおさえてくださいね。

1:OB訪問を受けてくれたことに対する再度のお礼
2:OB訪問で学んだ内容がどのように就職活動で活きたか
3:どこの会社で内定がでたのか
4:そして今後の抱負

この4つは必ず伝えるようにしましょう。

OB訪問した先輩へ内定報告をする際の方法とは?

OB訪問後の内定報告は、どのようにするべきなのでしょうか。メールや電話、OB訪問先に内定したのであれば、直接OBへ会いにいくのも比較的しやすいと思います。OB訪問後に内定報告をする際の方法を紹介します。

OB訪問後の内定報告はメールや手紙・電話でもかまわない

最近はOB訪問後にメールで内定報告の連絡をする人が多いようですが、手紙や電話、もちろんメールでも問題ありません。

何より内定がでたという内定報告と、感謝の気持ちを伝える姿勢が大事なのです。話を聞くだけ聞いて、あとはまったく連絡がないと、せっかくOB訪問を受けたのに…と悲しくなってしまいます。もしかしたら怒って、後輩のOB訪問を受けてくれなくなるかもしれません。内定が決まったらできるだけ早く内定報告するようにしましょう。

OB訪問を成功させるために

OB訪問をする際に、まずはメールや電話でのアポイントメントが最初の関門となります。マナーを守るメールを作成するとともに、熱意を伝える必要もあります。社会人にメールを送ったことがないという就活生は、ハードルが高いと感じるでしょう。そこでおすすめなのが「OB訪問マニュアル」です。こちらには、OB訪問の依頼メールの例文はもちろん、電話で依頼する場合の文言も掲載されています。無料でダウンロードできるため、OB訪問の準備を始めると同時にGETしておきましょう。

OB訪問後に内定報告をするメリットとは?

マナーとして、OB訪問後に企業から内定が出たら、お世話になったOBへ内定報告をするのは当然ですが、内定報告をお世話になったOBへすることで違うメリットも得られるようです。得られるメリットもあるようですので紹介します。

OB訪問した先輩が人脈に変わる

たとえ、OB訪問先で内定がでなかったとしても、OB訪問をした先輩は社会人になれば、今後働いていくうえで自分の人脈のひとりとなります。

OB訪問後にも内定報告をしたりと、しっかり関係が築けていれば、社会に出てから、取引先を紹介してくれたり、自社で商品を買ってくれたりと、目をかけてくれる可能性もあるでしょう。縁あってできた人脈は大事にしておきましょう。OB訪問後に、内定報告をして得られるメリットです。

OBからアドバイスがもらえる

お世話になったOBへ内定報告をすれば、「おめでとう」と喜んでくれるだけでなく、今後に役立つアドバイスをもらえるかもしれません。OB訪問先で内定がでたのであれば、より詳しい会社の内情や、勉強しておくとよい内容などを教えてくれるでしょう。

たとえOB訪問をした会社と違うところで内定がでても、業界や業種が同じであれば、さまざまなアドバイスをしてくれます。OB訪問後にOBへ内定報告をして得られるメリットだと言えます。

OB訪問後の内定報告はメールでも電話でも良い!なるべく早く感謝の気持ちを伝える

OB訪問後に、お世話になったOBへ内定報告をする際の正しい方法とマナー、さらにはOBへ内定報告をして得られるメリットを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

企業から内定がでると、その企業の人事にお礼状を送るのはすぐに思いつくでしょうが、OB訪問をさせてもらった先輩OBへの報告は忘れがちですよね。

せっかく自分のために時間を割いて対応してくれたのですから、できるだけ早く内定報告をするのがマナーです。今後の人脈を広げるためにもしっかり丁寧に対応し、よりよい社会人生活を送ってください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

1da6cecea75311cf

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

メガベンチャーから新進気鋭のスタートアップまで、世の中に新しい価値を提供する一流ベンチャーの非公開求人に挑む!

    エントリーはこちら    ※面談日程はエントリー後、お電話にて調整いたします。