2019年12月05日(木) 更新

面接を前日にキャンセルする際の連絡方法

面接を前日にキャンセルする際の連絡方法は電話で行う

面接を前日にキャンセルする際の連絡方法は「電話連絡」です。そもそも、就活の面接を前日にキャンセルしようと思ったら、電話での連絡が必須です。前日でのキャンセルをメールで連絡したのでは、相手はそれを読まないまま当日をむかえてしまい、結果無断キャンセルと同じくらいに相手のスケジュールを無駄にしてしまう可能性が極めて高いと言えます。ですから、前日に面接をキャンセルする場合には、電話での連絡が必須となるのです。

電話はスピーディーだから前日のキャンセルには最適

電話なら確実に相手の耳にキャンセルすることを届けることができますし、何より電話はもっともスピーディーに意思が伝えられる方法なので、こういう時には最適なのです。これが面接の前日よりずっと前のキャンセルであれば、メールの方が迷惑にならないとは思いますが、前日のキャンセルであれば、絶対に電話でキャンセルをするようにしましょう。

電話する際はビジネスマナーを意識しよう

就活中は、企業にメールを送ることや電話をかける機会が多くあります。これらは、ビジネスマナーをきちんと守ることが大切です。メールや電話のマナーは社会人として必要なスキルでもあるため、就活中から身に付けておくといいでしょう。マナーを身に付けるために目を通しておきたいのが「就活マナーマニュアル」です。就活に必要なマナーが網羅されており、メールや電話のマナーについても詳しく掲載されています。日程調整などのメール例も紹介しているため、確認しておくと役立ちます。 無料でダウンロードして、電話やメールでの失敗をなくしましょう。

前日の電話で担当に繋がらない場合はキャンセルと伝言してもらう

ただ電話はどれだけかけても相手につながらないということもありますよね。もしそのように何度かかけても相手に電話が繋がらないという時には、伝言をお願いするようにしましょう。面接の前日キャンセルという内容の電話でわざわざ折り返しをもらうのも失礼になるものですし、つながるまで何度も電話をかけるというのも失礼になります。ですから3回くらいかけてつながらないようであれば、「明日の面接はキャンセルでお願い致しますとお伝え願えますでしょうか。」と伝言をお願いしておきましょう。

キャンセルの伝言をお願いした人の名前を聞いておく

前日のキャンセル連絡の際に名前を聞いておくと、伝言の伝え忘れのトラブルもなくなりますし、誰に伝言をお願いしたかわからないというのは、伝言をお願いしていないのと一緒ですから、面接前日にキャンセルの伝言をお願いする際には、必ず伝言をお願いした人の名前を聞いておくようにしてください。

伝言の場合はメールでも連絡しておくこと

伝言をお願いした場合には、メールでその旨を連絡しておくとさらに丁寧でマナーが良くなります。「面接前日ということもあり、電話での連絡を試みましたが、つながりませんでしたので、何度も連絡するのは失礼かと思い、○○様に伝言をお願い致しました。」ということと、「大変申し訳ございませんが、明日の面接はキャンセルでお願い致します。大変ご迷惑をおかけして申しわけございません。」ということ、さらに「念の為にメールでも連絡させて頂きました。」ということをメールの本文に記載して、速やかにメールでもキャンセルの旨の連絡をいれるようにしましょう。

前日の面接キャンセルは相手も迷惑なので自分の手間も覚悟する

前日の面接のキャンセルはとても相手側にとっては迷惑なことですので、もし面接を前日にキャンセルしたいと思ったら、このくらいの手間は覚悟して、マナー良く連絡するようにしましょう。相手が自分の為に時間を割いていることを忘れてはなりません。

面接を前日キャンセルする際の連絡方法は基本電話で担当が不在なら伝言とメールを

面接を前日にキャンセルする際の連絡方法を確認してきました。面接を前日にキャンセルする場合の連絡方法としては基本電話になります。一番はやはり面接をキャンセルしないのが一番ですが、どうしても前日にキャンセルしなければならなくなった場合には、これらを参考に、適切でマナーの良い連絡を入れるようにしましょう。少しでもマナーの良い行いをすれば、それが何らかの形で自分に返ってくるのが就職活動ですから。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

F0236d146680c72d

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント