2020年07月01日(水) 更新

【就活成功ポイント】筆記試験の服装マナーと取り組む時の姿勢|採用担当者に与える第一印象の重要度

筆記試験の服装は「スーツ」?

就活生の声

キャリアパーク会員の就活生を対象に「就活の筆記試験に着ていく服装はどんなものを想定していますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

  • スーツ
  • スーツ
  • スーツ
  • 私服
  • リクルートスーツ

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月6日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「就活の筆記試験に着ていく服装はどんなものを想定していますか?」

就活の筆記試験に着ていく服装については、多くの就活生がスーツと回答しました。しかし、その中でも「私服」と回答した人もいます。では、筆記試験の際の服装はしふくでもいいのでしょうか? この記事では、就活の筆記試験で着ていくべき服装についてご紹介します。採用担当者の見るポイントもご紹介しますので、内定を得るためにぜひ確認してください。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

就活時の服装マナーについて覚えておきたいこと

まず就活での服装マナーについて見ていきましょう。ビジネスシーンにおける服装の基本となる服装がビジネススーツです。筆記試験での服装について考える前に、就活全体でいえるマナーをまずは確認しましょう。就活中の服装マナーには、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、就活時の服装マナーについて覚えておきたい事をおさらいしましょう。

服装マナーで大事なのは清潔感

就活の服装マナーで大事なのは何よりも清潔感です。お洒落や個性は就活での服装では求められておらず、マナーとしていかに清潔感があっても、好印象に思ってもらえるかが重要です。就活でも、服装はおしゃれなオフィスカジュアルやスーツがいい!という人はいるとは思います。しかし、就活でオシャレを意識しすぎると、面接官にとっては印象の悪い服装になりうる恐れもあります。就活ではマナーとして就活にふさわしい、清潔で真面目な服装をこころがけましょう。

第一印象を意識する

就活での第一印象を良くするために、基本的な服装マナーは大切です。筆記試験でも、あなたの服装以外のマナーは見られています。最も注意したいのは、筆記試験の最中の姿勢です。筆記試験の最中には、姿勢が悪くなってしまう事が多いです。筆記試験で試験用紙に顔を近づけすぎて、姿勢が悪くなっていませんか?筆記試験中も、姿勢を意識して気をつけるようにしましょう。

筆記試験でも印象は大切

就活での筆記試験においても、印象は大切だということを覚えておきましょう。服装が不潔か清潔かで印象はがらりと変わります。マナーとして清潔感を保ち、第一印象を良くするためにも、筆記試験での服装はなるべくきれいなものにして印象を良くしましょう。
筆記試験の結果はとても大事ですが、それ以上に大切なのはマナーとして印象を良くすることです。筆記試験だけで合格出来るならば、面接は要りません。筆記試験の最中には姿勢を良くして問題を解き、マナーとしてなるべく印象を良くするようにしましょう。

「服装」「姿勢」「表情」の3点を見られている

就活で第一印象を決めるのは、「服装」「姿勢」「表情」この3点です。特に筆記試験中は姿勢が見られています。集中すると姿勢に気がまわらなくなりがち。筆記試験も就活の1つだという事を、意識して姿勢に気をつけましょう。また、姿勢が面接官に与える印象について、リストにしました。姿勢について意識する時には、以下の点を意識してみてください。

・姿勢が良い就活生は、礼儀正しそう
・素直に話を聞いてくれて仕事が出来そう
・協調性があり一緒に仕事をしていて楽しそう
・コミュニケーション力があって、仕事でも成果を残しそう

このように姿勢が良ければ良いだけ、面接官には好印象であるのが分かりますね。良い姿勢は選考を通るためのマナーだ!と考え、なるべく良くするようにしてください。

筆記試験の姿勢や服装も面接官は見ていると意識しておくべき

筆記試験中の服装や姿勢についても面接官は、あなたを見ているという事を意識しておくべきです。就活中、筆記試験を通らなければ、面接にすら進めません。筆記試験は面接と違って服装はなんでもいいや、と思っているかもしれませんが、筆記試験の時も試験官の方は見ていないようで見ているのです。
筆記試験で服装自由の指定があるときも、就活には清潔感が重要である事を意識した服装にしましょう。さらに筆記試験だから服装や姿勢については見られていないといって気を抜かず、筆記試験中は服装だけでなく姿勢も見られている事を常に意識しましょう。

就活の筆記試験の服装に迷ったらスーツ!印象を良くするため姿勢を正そう

就活の筆記試験に着ていく服装のマナーと、姿勢について紹介してきましたが、いかがでしたか?面接前の筆記試験でも、自身の服装や姿勢は見られているというのを意識して、正しい服装と姿勢で筆記試験に向かうようにしてください。この2つがきちんとしていれば、筆記試験でも面接官へ良い印象を与える事ができます。

あわせて読みたい特集記事

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

Bc13609351f58bdb

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント