2019年11月19日(火) 更新

【就活メイク初心者必見】証明写真に映えるナチュラルメイクのポイント

女子就活生のほとんどがお店の人にメイクを任せている

就活生の回答

キャリアパーク会員の就活生を対象に「証明写真を撮るときのメイクで気をつけている点を教えてください!(男性の場合は”男!”と記入してください!)」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

  • 目を大きくする
  • 写真屋さんに任せます
  • 目力を出す
  • お店の人におまかせ
  • 血色がよく、健康的に見えるようにしている

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月7日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「証明写真を撮るときのメイクで気をつけている点を教えてください!(男性の場合は”男!”と記入してください!)」

女子就活生のほとんどは、「写真屋さんに任せている」と回答しています。セルフメイクをしている人は、「目力を出す」「血色がよく、健康的に見えるように」などの意見があがっています。 証明写真は、履歴書で自分を印象付ける重要な部分です。女子就活生の方は、就活にふさわしく証明写真で映えるメイクの方法を知っておくべきでしょう。

証明写真でメイクなしのすっぴんは就活で不利!

就活において、履歴書用の証明写真の撮影時や面接の際に、すっぴんでもいいと思いますか?答えはNO!

すっぴんでは、血色の悪さや肌荒れを隠せず、疲れた印象を与えてしまいます。どんなにすっぴんに自信があっても、証明写真となると実物よりも与える印象は弱くなるもの。そこで、すっぴんではなく化粧をして印象づけをする必要があるのです。

証明写真は最初の関門となる書類選考で見られるので、絶対に好印象を与えて面接に進みたいですよね。多くの就活生が化粧をほどこしている中、あなただけがすっぴんだったら…?格段に印象は下がると考えましょう。女子就活生にとっては化粧も就活の武器となるのです。

スーツ・髪型・会社のカラーに合う化粧が好印象

普段すっぴんではなく化粧をするのが好きだという人も、就活では、普段学校に行くときの化粧や、遊びに行くときの化粧とは違う「就活メイク」をほどこす必要があります。証明写真を撮るときに必要な「就活メイク」とはどのようなものなのでしょうか?

就活時にほどこすべき化粧は、自己満足や友達から評価してもらえるような化粧ではありません。
採用担当者が見るポイントである、スーツに合っているか、髪型に合っているか、入りたい会社のカラーに合っているか、などのポイントに気をつけた化粧を心がけましょう。

採用担当者は証明写真から「清潔感・健康・やる気」を読み取る

証明写真は、最初の選考である書類に貼り付けるものです。
膨大な量の書類を見なければならない採用担当者にとって、視覚からの情報である証明写真がよいものであれば、書類全体の印象がよくなります。

採用担当者は、「清潔感・健康・やる気」が感じられるか、という部分をチェックしているので、自分で客観的に見てこの3点が感じられる証明写真になっているかどうかを確認しましょう。

就活女子の身だしなみを確認

就活中の女子の身だしなみやマナー、会社の選び方が解る女子学生必見の就活マニュアルをご紹介します。髪型やスーツのことはもちろん、先輩社会人が教える「こんな会社はやめておいた方がいい」という特集も収録しています。無料でダウンロードでき、企業研究をする際に注目したいポイントを多くご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

証明写真でキレイに写るには「ベースメイク」が大事!

照明写真で綺麗に印象よく写るには、肌の色=ベースメイクが大切です。写真館にてヘアメイク付きで撮ってもらう場合でも、「ベースメイクは自分でして来てください」ということもあるので要注意です。就活ではアイメイクよりもベースメイクを重視しましょう。

就活では清潔感のあるナチュラルメイクが好感度大

就活メイクの基本は"ナチュラルメイク"です。自分らしさを出すために多少化粧を工夫することは問題ありませんが、濃いメイクは評価を下げてしまいます。ナチュラルメイクでは、ベースメイクが大変重要となってきますので、念入りに行いましょう。

明るいベージュ系の化粧下地やコンシーラーで透明感を作る

就活メイクでは清潔感が大切です。証明写真で、素肌感のあるきれいな肌に見せましょう。就活の証明写真を撮るときにメイクで使う化粧下地は、クリームタイプで明るいベージュ系を選びます。

ファンデーションと一言で言っても、固形のタイプから液体のリキッドタイプまで色々な種類があります。この機会に自分に合ったものをデパートの化粧品売り場で選んでもらうのもおすすめです。

ポイントはコンシーラー。目の下のクマやシミ、肌荒れを隠して、フレッシュな印象づくりを心がけましょう。広範囲に塗ると厚ぼったくなるので要注意。厚塗りは厳禁です。

証明写真に映えるパーツごとのメイクポイントとは?

就活で証明写真を撮る際の化粧は、ベースメイクが重要ということでした。ベースメイクのポイントは上記で見てきましたが、パーツごとのメイクはどのようなポイントをおさえればいいのでしょうか?

メイクポイント①:ブラウン系のカラーで自然な目力を演出

普段の化粧ではアイメイクに最も気合いを入れるという人が多いかもしれませんが、就活メイクでは抑え気味にするのがベターです。

ただ、アイメイクは顔立ちをはっきりさせてくれるメリットがあるため、ブラウン系のカラーを使って、「ナチュラルだけど目力がある」という証明写真用の化粧を目指しましょう。

メイクポイント②:口紅はピンクベージュなどナチュラルカラーに

ナチュラルカラーでつやのある唇は顔全体の印象をよくします。健康的で自然な血色に見せる化粧では、ピンクベージュ系の口紅がおすすめです。肌との馴染みがよく使い勝手がいいので、就活以外に化粧をするときにも使えるでしょう。

メイクポイント③:オレンジ系やピンク系チークで健康的に

チークは、頬にうっすらと血色を持たせるオレンジ系やピンク系がおすすめ。顔が立体的に見え、新卒の就活で高評価につながるフレッシュさも感じさせることができます。化粧のポイントは、リップとチークの色をあわせること。そうすることで統一感のあるメイクが出来上がります。

就活では化粧なしのすっぴんはNG!証明写真はナチュラルメイクで好感度UP!

就活の証明写真を撮るときに適切な化粧のポイントを見てきました。就活では証明写真に限らず、誰から見られるのか、他者から自分が望む評価を得るにはどうしたらいいのか、という視点で考えることが重要です。それを意識すれば、すっぴんではなく就活メイクの重要性がわかるでしょう。

普段すっぴんの人はもちろん、化粧が得意だという人も、写真撮影までに就活メイクを練習してみましょう。履歴書に貼る大切な証明写真はあなたの第一印象を決めます。自信がないと投げやりにせずに、しっかり準備して就活に挑みましょう!

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

いきなり社長面接ルートあり!内定率96%のプレミアム面談で最短即日内定

    ▶札幌会場へのお申し込みはこちら ※エントリー後「03-5745-0202」より日程調整のお電話を致します