2020年07月03日(金) 更新

面接の時間を30分とした場合の平均質問数|聞かれる可能性がある内容一覧と予想する方法

就活の面接においてされる質問数は?

面接時間を30分とすると平均6~8問

就活の面接においてされる質問数は、どのくらいなのでしょうか。一例として、面接時間を30分とした場合の質問数は平均6~8問とされています。これは、就活生の回答の長さにもよりますので、一概にはいえないでしょう。
その中で聞かれる確率の高い質問としては、「志望動機・自己PR・学生時代に頑張ったこと」が挙げられます。もちろんそれ以外の質問もされますので、しっかりとした対策が必要です。

面接力診断で、苦手分野を見つけよう

面接では質問の答え方以外にも、対策すべきポイントは多くあります。たった一つの見落としが、致命傷になりかねません。

そこで活用したいのが、「面接力診断」です。

面接力診断は24の質問に答えるだけで、自分の弱点をグラフで見える化できます。ぜひ活用して、志望企業の面接を突破しましょう。

30分の中で聞かれる可能性がある面接の質問一覧

面接時間を30分とした場合に、聞かれる可能性がある質問を一覧でご紹介します。企業によって質問は異なりますが、以下の内容を聞かれるケースが多いです。

面接の質問一覧

面接で聞かれる可能性がある質問を確認してきます。

  • 志望動機
  • 自己PR
  • 学生時代に頑張ったこと
  • 長所・短所
  • やりたい仕事
  • 挫折体験
  • 尊敬する人物
  • 最近気になったニュース
  • 他社の選考状況

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

面接の正式な質問数を予想するには企業研究がカギ

面接の時間とされる質問数は、企業によって異なります。毎回同じ程度の時間と質問数の企業もあれば、選考が進むにつれて質問が減り内容が濃くなる企業もあるのです。こういった面接の時間と質問数は、大学の先生や先輩に聞いて、過去の就活レポートなどを探してみると予想できるでしょう。また、ネットなどで情報が出回っている場合もあるので、参考程度に調べてみてください。

就活の面接でされる平均質問数と内容を把握しておき対策しよう

本ページでは、就活の面接を30分とした場合の、平均質問数をご紹介しました。面接を30分とした場合、聞かれる質問数は平均6~8問です。どんな質問をされるかは企業によって異なるため、幅広く対策しておくべきでしょう。上記でご紹介した質問一覧を参考に、面接で聞かれる内容への回答を考えておいてください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

個別面談へご招待
  • 23年卒
  • 18年卒
  • 22年卒
  • 19年卒
  • 21年卒
  • 24年卒
  • 17年卒
  • 20年卒
  • エージェントサービス

個別面談へご招待

株式会社アスリートプランニング主催、既卒向けギアリメイクご紹介です。

4343 view

おすすめの就活イベント