2017年06月27日(火) 更新

面接なしの求人に就職する方法|【通常の就活対策だけでは内定はもらえない】企業の目的とは

”面接なし求人”は一体何が目的?

就活生の回答

キャリアパーク会員の就活生を対象に「”面接なし求人”で募集している企業にはどのような目的があると思いますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

  • ポテンシャル
  • その人の経歴で判断する
  • 大量流出を前提とした大量採用。
  • 人が足りないとかでその場しのぎの募集。
  • 人が足らないから誰でもいい

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月8日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「”面接なし求人”で募集している企業にはどのような目的があると思いますか?」

就活では、選考にひとつとして面接を受けるのが一般的です。しかし、最近では「面接なし求人」も増えてきています。一体どのような目的があるのでしょうか?就活生に聞いてみたところ、「大量流出を前提とした大量採用」「人が足りないとかでその場しのぎの募集」といった目的だと認識されているようです。それでは、実際のところどういった目的があるのでしょうか。

面接なしの求人では「面接では測れない資質」を見ようとしている

就職活動において面接が苦手という人にとって朗報なのが、面接なしの求人が徐々に増えている事です。その理由には面接が「面接対策本の内容を繰り返すだけ」という、あまり意味のないものになりつつあること背景にあります。個人の興味や資質を知るためという面接の目的が果たせなくなってきているのです。

面接なしでゲーム・ディスカッション・職業体験などを通して選考が進む求人もある

ある会社ではゲームやディスカッション、そして職業体験などを通して選考が進みます。リクルートスーツや無駄なメールのやり取りも廃止して、より学生と企業がマッチするかということに選考時間の重点を置いているのです。こういった取り組みは、これまでの就職活動の型を破るものとして注目されています.

面接なしにOB・OGとカフェで話すリクルーター面談もある

面接なし求人は面接嫌いの人にとって魅力的ですがリクルーター面談形式も比較的フランクに対応できるでしょう。これは企業の採用担当者とカフェなどで気楽に話しながら選考を進めるというものです。。リクルーター面談は面接嫌いの人でも緊張せずに打ち解けて話せるということもあり、とてもリラックスしやすい面接の形式でしょう。リクルーター面談が最終面接になるという企業もあり、堅苦しい面接に進まないでも内定が勝ち取れるといった可能性があります。

主体的に話を進めたい人におすすめなのがプレゼンテーション形式の採用試験

また、他にも面接の代わりにプレゼンテーションをさせるところもあります。一般的な就職活動の面接ではよくある受け身の質問攻めが嫌だ、もっと主体的に話を進めたい、という人はプレゼンテーション形式の採用試験を受けて見るのもよいでしょう。

面接なし求人に頼り過ぎずに克服方法も知っておく

面接なしの求人はこのように探せば意外とたくさんあるのですが、就職して社会人ともなれば、必然的に人前で話す機会も出てきます。なるべく面接なし求人に頼りすぎるよりも、面接を克服する方法も知っておいた方が良いに決まっています。面接が嫌いな人は得てして先入観を持っているという人が多いのです。「面接の緊張感が嫌だ」「質問攻めにされたくない」と思い込んでいて面接が嫌になっているのです。

面接が苦手な人はビジネススクールなどで場馴れする

就職活動で面接に苦手意識がある場合は、とにかく場馴れするしかないでしょう。面接が怖いという人は人前で話す事自体が苦手、という人が大半です。そういった人の場合にはまずは人と話すことを増やしてみる事から始めると良いかもしれません。最近では面接を教えてくれるビジネススクールも多いですから、一度行ってみるのもよいでしょう。

面接なし求人も選考は行う!就職活動が楽になるわけではない

面接嫌いの人にとって面接なし求人は就職の際には魅力的です。面接を全く廃した選考過程を取っているところもあり、狙ってみるとよいでしょう。面接なし求人にはプレゼンテーションをさせる事や、リクルーター面談で採用が終わる事もあります。また、就職すると人前で話す機会は増えますから、なるべく就職前に面接嫌いは克服しておくとよいでしょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント