2019年10月30日(水) 更新

「自分らしさ」アピールで面接を突破する方法

「自分らしさ」をさらけ出すことのできる面接がベスト

面接では、エントリーシートの内容を掘り下げた質問をされます。この時スムーズに答えられるよう、自分が体験したエピソードはしっかりと振り返っておくのが基本です。また、採用面談では無理にキャラクターを作り上げていくよりも、自分らしさを全面にだしていくことが大切になります。もちろん最低限の準備をしマナーをもった上での話です。

自分にあった会社からは内定がもらいやすい!

自分らしさをしっかりと出すことにより、自分にしっかりとあった企業から内定がもらえます。言い換えれば合わない企業からは内定が出にくくなります。「どんなに辛い思いすることになってもいいから入社したい企業・仕事がある」そのように考えている方は、ひたすら希望企業に合う人柄やその仕事にあっている人を研究し、真似していくようにするとよいでしょう。

人材像に合わせて自分らしくアピールしよう

自分に合う企業や仕事を探す方は、面接では自分を自分らしく人物像に合わせたアピールしましょう。別の人間を演じても働き出してから苦労すしますので、企業や仕事内容への特別なこだわりがないのであれば、しっかりと自分らしいアピールをしていきましょう。

面接で自分らしさをうまく面接官に伝えるコツと注意点

面接で自分らしさをうまく面接官に伝える上で、何より大事なのは適切な自己理解ができているか、です。自分の個性を理解することなく、伝え方を論じても意味がありません。自己理解ができたうえで大事になるのは、日常のコミュニケーションと同じく以下の4点です。

自分らしさで面接を突破するために大切なポイント

  • メッセージと根拠をセットで伝える
  • この会社で働いているイメージを向こうが持っているか
  • 専門的な表現は可能な限り避ける
  • 相手の質問の意図を考えて回答する

あなたの面接力はどのくらい?

自分らしさをアピールする際、身だしなみやマナーも意識する必要があります。また、自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、面接で高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?

それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。

面接で自分らしさをアピールするには自己分析をおこない個性を引き出そう

いかがでしたか?面接で「自分らしさ」をアピールするためには「自己分析」を行い、正直に自分を見つめ直すことが大切です。そしてその上で会社の人物像と照らし合わせていきましょう。自分らしさを出しながら会社の人物像に近づけられれば、自分らしいアピールの仕方で面接を突破できるはずです。先ほど紹介した4点を意識しながら、自分らしく面接を突破していってください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

個別面談へご参加ください
  • 22年卒
  • 18年卒
  • 19年卒
  • 20年卒
  • 24年卒
  • 21年卒
  • 23年卒
  • 就活サポートサービス

個別面談へご参加ください

個別面談へご参加ください

42723 view

おすすめの就活イベント