2016年11月25日(金) 更新

面接の自己PRが模範解答だとダメな理由

自己PRはその人の特徴を見る場

まず自己PRはどういう場なのかを説明します。自己PRでは第一に面接官はその人の特徴・メリットを知りたがっています。そのために自己PRを求めています。あなたがもし面接官や経営者として雇う側の立場で自己PRで特徴・メリットを探ろうとしている状況を想定して考えてみて下さい。

「私のアピールポイントはコミュニケーション力です、部活動では~アルバイトでは~」といった良くある非の打ち所のない模範解答と、「私のアピールポイントはコミュニケーション力です。こういった事は文章で説明しても響かないと思いますので面接での対話で証明させていただきます。」とちょっと変わったこのパターン、さてどちらがその人の内面、特徴が理解できるでしょうか。

面接官はあなたの魅力を知りたがっている

ただし、面接ですので素直な言葉といっても余りに崩したり、幼稚な内容となってしまうのはNGです。面接の場という事は最低限わきまえた内容、伝え方(話の構成など)で述べることは大切です。ルールやマナーに従った上で、自分らしさをアピールできるとおのずと面接官の評価も上がってくるでしょう。

作為的な模範解答はダメ

ですが模範解答がいけないという訳ではありません。人によっては意識しなくても模範解答になってしまう事も勿論あるでしょう。模範解答がダメなパターンというのはそれを意図的に作った場合です。やはり意識しなくてできた模範解答と、書籍やネットなどの情報を元に作り上げた模範解答というのは細かな所で質に差がでます。

本心から伝えれば模範解答にはならない

面接官はこれまでに何十、何百人という人を面接していますので、模範解答のパターンも知っていますし、その人の経歴などの情報、仕草や口調、雰囲気などから本心で述べている回答なのか、就活用に作り上げた模範解答なのかは一目瞭然です。自己PRは自分の特徴・メリットをアピールする場ですので、そういった作為的に作った模範解答で挑んできているとバレたら評価は落ちるまでいかなくとも、他の人と差を付けるまでには至らないでしょう。

自己PRは素直に伝えるのが一番?

面接官はプロですのでやはり作為的に綺麗に装った様な模範解答は見破られますし、そこにプラス評価は期待できません。ですので下手に巧妙な手に出るのではなく、素直に自分の言葉で伝えるのが一番かと思います。面接と過度に意識せず、面接官を一人の人間として見て自分の魅力を伝えるにはどうしたらよいかといった視点で考えていく方が良いでしょう。

あくまで面接の場、常識をわきまえよう

ただし、面接ですので素直な言葉といっても余りに崩したり、幼稚な内容となってしまうのはNGです。面接の場という事は最低限わきまえた内容、伝え方(話の構成など)で述べることは大切です。ルールやマナーに従った上で、自分らしさをアピールできるとおのずと面接官の評価も上がってくるでしょう。

面接の自己PRで模範解答がダメなのは、自分の言葉で語っていないから!

面接の自己PRが模範解答だとダメな理由についてご説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

面接官が自己PRで見ているのは、あなた自身の魅力の見せ方や伝え方です。模範解答はあくまで模範解答として参考にする程度にとどめておきましょう。とはいえ、模範回答にも良い部分、見習うべき点はありますのでそういった点は積極的に取り入れてい供養にしましょう。ただ自己PRは模範解答のアピールの場ではなく自分をアピールする場、この事はしっかりとわきまえて述べることが大切です。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

個別面談へご参加ください
  • 21年卒
  • 19年卒
  • 22年卒
  • 18年卒
  • 23年卒
  • 24年卒
  • 20年卒
  • 就活サポートサービス

個別面談へご参加ください

個別面談へご参加ください

46160 view

おすすめの就活イベント