2017年07月10日(月) 更新

就職活動で何をしたいかわからなくなったときの考え方

何がしたいのかわからなくなった就活生は休んだり相談したりする

就活生の回答

キャリアパーク会員の就活生を対象に「就職活動で「何がしたいのかわからなくなった」とき、どう対処しますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。


  • 自分の興味があることをもう一度考え直す

  • 一度よく休んでから考える

  • 周りに相談

  • もう一度自己分析する、スケジュールを組み立てる

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月7日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「就職活動で「何がしたいのかわからなくなった」とき、どう対処しますか?」

アンケートの結果、「一度休んでから考えなおす」「周りに相談する」という回答がありました。就職活動を頑張るのは良いことですが、頑張りすぎるとたまに何がしたいのかわからなくなります。これは、意外と珍しいことではありません。ですので、しっかりとそういった際の考え方をしっておくことで、対策をしておきましょう。以下では、就職活動で何をしたいかわからなくなったときの考え方をご紹介します。

就職先を見つけるために必要な考え方とは

大学などでもキャリア教育の必要性から冊子を使ったり、講師を呼んで講演会を開いたり、ガイダンスがあったり、先輩の話を聞かせたりするなど、いろいろな方法で就職のための機会を作っています。これらの機会の中に自分が何をしたいか考えるキッカケやヒントがたくさん入っています。
就職は他人のためにすることではなく、自分のやりたい仕事を真剣に考えるために、このような機会を無駄にせず将来に向かって考えることが大事です。

自分の夢や考えをもう一度考え直してみる

現在何をしたいか自分でも分からないし、このままでは就職活動できないと思っている人がいるかもしれません。その時に、やりたいことを探すヒントがあります。それは幼稚園や小学校の時書いた将来の夢です。このころ描いていた夢は意外と忘れている事が多く、思い出すことで真剣に検討するきっかけになることがあります。
また、自分では無理だと半ばあきらめていた夢や考えを何とか実現させることはできないかともう一度考え直してみることです。

何をしたいか・何に関心や興味があるかを知る

就職活動するにあたって何をしたいかと正面から問われると言葉に詰まったり、考えが停止してしまう事があります。それよりも何に関心があるか、どんなことに興味があるかとなるといろいろ思い浮かべることが出てきます。それをやるにはどのような仕事があるのだろう、その仕事をやれる会社はどこにあるのだろうと考えを進めていく事で、就職先を探きっかけにもなります。

したい仕事でないと就職も長続きもしない

就職活動は長期戦で体力も精神力も必要です。企業に提出する志望理由書はとても大事になります。志望理由書は何をしたいか明確になっていないと書類選考で落とされます。会社も多くの応募者の中から採用します、働く意志や意欲が明確でない人は採用しても長続きしません。
何をしたいかが明確になっていれば志望理由書もしっかり書け、面接などでも熱意を示すことができ、採用されれば多少の困難があっても頑張る意欲が出てきます。

就職活動で大事なこととは

何をしたいかが分かって就職活動をする時に大事なことがあります。それは企業研究です。やりたい仕事ができそうな会社はたくさんありますが、全く同じ内容の会社はありません。企業研究はそれらの会社を比較検討することで、会社の規模や仕事の内容などが分かりその中から自分がやりたい仕事や会社に対する魅力を探すことができます。
会社の内容を良よく理解することで、志望理由書などしっかりした内容で書くことができます。就職活動で企業研究はとても大事なことです。

企業研究の情報収集

何をしたいかが決まって就職活動をするために、関連する企業の情報収集を収集し、企業研究することが必要です。大学や図書館で情報を得るには会社四季報があり、インターネット上からも採用サイトや企業情報サイトなどから情報を収集することができます。
また、OB・OG情報があればアポイントを取った上で直接話を聞くことで他では分からない本音の情報を得る事もできます。いろいろな企業情報を集めて分析し自分に適した会社を探し出すことができます。

就職活動で何をしたいかわからないときは自分の夢や考えをもう一度考え直して企業研究の情報収集をする

就職活動中になかなか内定がもらえず、活動しているうちに内定取れればどこでもいいや、となる人も結構います。就職活動はあせることはありません、何をしたいかが明確に決まっていないなら中途半端に就職活動を始めるのではなく、あせらずじっくり時間をかけていろいろな角度から真剣に考えるべきです。考えが整理でき何をしたいかが明確になっってから就職活動しても遅れは十分に取り戻すことができます。将来をしっかり考えて何をしたいかを決めることが大切です。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント